今夜の男達(^0^;)

夕食を食べ終わり旦那は眠くなリゴロゴロ……
服を脱ぎ布団の中へ……

私は洗濯物をたたみながらお風呂へ男2人をうながす(‥;)(‥;)
すると旦那は動きもせず……

子供:父ちゃんお風呂入ろうよ~!

旦那:眠いの( ̄∇ ̄)( ̄∇ ̄)媚薬購入

子供は私のたたんでいる姿を見ていた。

私:母ちゃんのパンツかぶる?

子供:うんとニコニコ(*^-^*)

私:冗談だよ(≧▽≦)

子供:中学生まるやまのツヨポンみたい。

すると子供がパンツを取って旦那にかぶせようとしていた。

私:やめて~~(;゚д゚)臭くなる

子供は笑いながら止めた。

旦那:父ちゃんはお前らのおもちゃではない!
なんだかアイス食べたいんだよなぁ(^-^)

子供がアイスを持ってきて寝ている旦那に食べさせた……
まるで介護をしているみたい。

子供:じぃちゃんと同じ食べ方だね。
父ちゃん口のまわりベタベタ、ふく?漢方薬激安

そういいながら、子供がぬれティッシュで口をふいている姿を見ていると、本当に介護をしている感じε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

今日も親子でコントをしているみたいでした。

6人殺害、精神に病と容疑者の姉 埼玉・熊谷事件

埼玉県熊谷市中国精力剤で計6人が殺害された事件への関与が疑われているペルー人ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)の姉マリア・エスペホさん(48)が17日、共同通信の電話取材に応じた。容疑者が「追われている。殺される」と話していたと明らかにし、精神的な病を抱えていたとの見方を示した。

 ペルーの首都リマに住むエスペホさんは一方で「彼がやったことは信じられない」とも述べた。「遠い国で外国人として暮らす孤独から病気になってしまったのではないか」と三体牛鞭指摘した。

相次ぐネット転売  川崎プレミアム券も出品

川崎市や川崎商工会議所などでつくる実行委員会が発行した「川崎プレミアム商品券」が、インターネットの大手オークションサイトに出品されていたことが十日、分かった。転売は禁止されており、市はサイト運営者に転売に協力しないよう求めた。

 転売については、同日の市議会本会議で、松原成文議員(自民)の代表質問に市側が明らかにした。

 プレミアム付き商品券は、国の交付金を活用して全国の自治体などが発行しており、横浜市や神戸市でもネットオークションへの出品が相次いでいる。
紅蜘蛛

漢方精力剤
 川崎プレミアム商品券の場合、購入希望者は、六月十五日から七月十九日に応募し、当選通知があった人は今月一日から購入、市内の約四千六百店舗で利用できる。消費喚起や商店街の活性化策として発行され、一冊一万円で一万二千円分の買い物ができることから人気を呼び、二十七万五千冊の発行に対して約四十四万冊の購入の申し込みがあった。

 市は今回、ネットオークションサイトに商品券が少なくとも四件出品されているのを確認した。商品券の裏側に「本券の交換または売買、現金との引き換えはできません」と注意書きが記載してあるが、売買は法律で禁じられておらず、転売を防ぐのは難しいのが実情。市担当者は「皆さんの良心に任せるしかないが、非常に残念」と話している。

ありがとうって言葉はさ…(*´ω`*)

こんばんはー。

さっさと寝れば良いのに、日記を書いちゃうロンリーcocoですww
媚薬購入

媚薬催淫剤
なんだかすっかり涼しくなりましたね。

いよいよ読書の秋到来!

てか、春夏秋冬、一年中読書のシーズンなんですけどね、アタシは(・ε・` )

昨日は、幻冬舎文庫から出ている、森沢明夫の「癒し屋キリコの約束」という本を読みました。

純喫茶「昭和堂」の店主霧子さんは、美人なのに、ちょっとぐうたらな不思議系。
でも、裏の癒し屋稼業では、依頼人のどんな悩みも奇想天外な手法で一発解消させる敏腕だ。

というような話。

霧子さんも、雇われ店長も、個性豊かな常連客達も、それぞれみんな訳ありなんだけど、なんだかみんないい人で、気持ちがほっこりするような読後感。

霧子さん、喫茶店の仕事もしないで、ロッキングチェアーを揺らしながら、漫画を読んだりビールを飲んだり、おまけにお金が大好きで、いつも目のなかに¥マークが見え隠れしてるような人なんだけどね、実は昔、カウンセラーをしていて。

霧子さんの台詞がなかなか素敵なんですよ。

「人ってさ、長所で尊敬されて、短所で愛されるんだよ。だから、どっちも大事なんだよ。」と。

まぁ、短所の種類にもよるけどね(*´ω`*)

けど、なんだか目から鱗の言葉。

短所を必死にごまかして、どこまでも隠しきろうとしている人間は、愛すべきところまで隠してしまっているのかもしれない。
つまり、人間性の半分の側面しか人に見せないから、その人はとても小さく見えてしまうのではないだろうか。

って。

たしかに、長所ばっかりの人なんて窮屈よね。

短所で愛される、なんて、ものすごく優しい言葉。

他にも、ちょいちょい良い言葉が書いてあるんだけど。

特に心に残った言葉をもうひとつ。

「ありがとうって言葉はさ、表の意味では感謝を表してるけど、裏側のもっと本質的な部分には、さらに大きな意味があるんだよ。」

どんな意味かわかります?

霧子さんは言います。

「わたしは、わたしの過去を受け入れました。そういう意味。」だと。

「人間の心って不思議なもんでさ、自分で断ち切ったはずの過去には、いつまでもつきまとわれて重たいんだけど、しっかり受け入れた過去は、その瞬間から軽くなるんだよね。」

更に、

「自分の過去をしっかり肯定してさ、あの過去があるから、いまの自分があるって、そんな風に受け入れて感謝できた瞬間に、人は過去から自由になれるようにできてるんだよ」と。

たとえ嘘でも心を込めて言葉にすると、そんな気分になっちゃうものらしい。

「しょせん人間の脳なんて馬鹿なのよ。自分でついた嘘にすら騙されちゃうんだから」

ってことみたい(笑)

元カウンセラーの霧子さんの癒し方は、結構乱暴でハチャメチャだけど、最後はきちんとオチがつく。

生きてるって、なんだか良いじゃん。

そう思えるようなお話でした。

読書の秋。

まだ、読みたい本が見つからない貴方、是非お手に取ってみてください(*´ω`*)
女性用媚薬

漢方薬激安
お薦めです。