家康はヴァージンが好きだった??

徳川家康といえば多くの方がmaxman知っているだろう。乱世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた有名な武将だ。
戦国大名である。…当然の如く何人もの側室がいた。

確か司馬遼太郎の本で読んだ記憶だが…彼は側室にする際、必ずヴァージンの女性を選んだ。彼がロリコン趣味だったのか?というとそうでもないと思う。それら側室達とは年老いても仲良くしていた。
司馬遼太郎は本の中で、当時において彼ほど衛生面に気を遣っていた男はないだろうと書いていた。

当時、ヨーロッパから様々な文化が日本に伝わった。織田信長などは真っ先にこれらの文化に興味を持ち、様々な事を学んだ。しかし…伝わったのは文化だけではなかった。
当時ヨーロッパから伝わり大流行した病気がある。それは梅毒。抗生物質などない時代。感染すれば即ち死に直結する。

梅毒の感染ルートは様々あるだろうが、その多くは性交渉によるもの。家康はその事をうすうす気付いていたのではないか?狼一号と司馬良太郎は書いていた。
だからこそ、梅毒に感染していないであろうヴァージンの娘を側室に向かい入れていたのではないか?と…。

ここ数年、再び梅毒の感染者が増してきていると聞いている。怖いのは、これらの菌が抗生物質に耐性を備えてきているという事だ。
スーパー淋菌と呼ばれている菌がある。WHOが警告を鳴らしている淋菌で、ありとあらゆる抗生物質が効かない…つまりは、感染したら死に直結するとんでもない淋菌が確認されている。
しかも、この淋菌…最初に発見されたのが日本である。

日記を読んでいると、不特定多数の人と素敵な時間を過ごした。やっぱり生は気持ちよい…などの文章をよく見る。
果たしてその人は、本当に信用できる人なのだろうか?

自分の友人にHIV感染者がいる。彼は恋人から感染した。心から愛している人でも、知らず知らず感染しているケースもある。
自分の身は自分で守るしかない。

医学は決して万能ではないですよ…。三体牛鞭

セルフ アイデンティティー スルー ホ オポノポノ

今日も
遅刻気味で 駅まで走りこみ
電車に 飛び乗る目前で超強黒倍王
ドアが閉まったところからケチついた1日。

なんかしらんけど
ズレまくりな1日でした。
正確には 昨日やけどね。

だいたい
曜日によって 向かう現場が違うから
家を出る時間も
違うねん。 曜日を 間違えたら
えらいこっちゃ。

わたしは 今朝 土曜日やと思いこんで
中目黒の現場やおもて
コーヒーをいれて バケット焼いてましたら
ちゃうやん!
金曜日やん! つーことで。 電車の
乗り換えをする大井町で 他の職人たちが
仕事を開始する時刻になっとりました。げふ。

あかん!
こんなに 朝からの出来事を
だらだらと日記に かいてたら
どんだけ長い日記になってまうねや?セグレタ。

かいつまんで、
ピックアップ式日記にしときますわ。

仕事中にも 電車の中でも
叔母からの着信に 恐怖を感じました。
昨昼は ヤマプーといたので
ヤマプーに 電話に 出させたんです。
叔母の 離婚訴訟の 相談にのらせましたが
うちの身内は オジなんですよー!オジを
敵にまわしたらアカンやろな。わたしら。

昨日 会えなかった Kに
今夜なら 大丈夫かと また、百歩譲りましたら
今夜は 顧客レビューがあるから
帰る時間が 遅くなるわーごめんー。
とか ぬかしやがり
ましたので 頭にきて
LINE ブロックして メアドを変えてやりました。

会社帰りに 大森の 古着屋さんに
Tシャツを 買いにいきましたら《サルの》
200円や300円で オシャレなTシャツがアフリカ超人
アホほどに たくさんありましたのです。
三枚 買いましたら 次の土曜日は店内全品
半額になりますよ というお知らせの
チラシをくれました。今日 800円も
使ったのに! 土曜日なら 400円で買えたんかよ!
ちんまい話で さーせん。
自由が丘ボンビーNo.ワンです。今です。

ニキトモのSくんが
関西みやげの豚まんを買って来てくださったので
最寄駅まで もらいに行きました。
旅帰りに 食事まで誘ってくださったのですが
今日は しんどいからと豚まんだけを
もらって帰ってきました。
それを 渡すために タクシーで自分の家を
通り越してきてくださったらしく
悪いことしました。

mailを普段から くれる友達5人くらいに
メアド変更を お知らせしました。
そしたら トータスかしぃ君から
「 お前 mailアド変更しました!て
ショートメールの携帯番号で来とるで!」
って 返信ですわ。唖然としました。

メアド変えても
今の時代 携帯番号でmailできるんちゃうのん?

かしぃくんと 久々に 電話で しゃべったら
あいかわらず おもろくて笑いまくりました。
くそまずい ビターチョコを 料理に使うことに
する!と わたしが申しましたら
チョコレートご飯か?て!笑
ガトーショコラのたぐいに決まっとるやろ。
三階くん!いや、かしぃくん。
早く 岩手から帰ってきて スイーツご馳走しに
自由が丘にきてくださいね。パンケーキ連れて行きたいねん。

ショートメールで Kから mailがきました。
アドレスを変えた 意味は あっさり
なくなりました。

『 今 やっと仕事終わったんやで
しんどー。それはそうと お前 メアド変更したか
俺を着拒した?さすがに ショックやったわ。
お前は そんなふうに 今までも
一方的に 男をバッサリ切ってきたんやな。
自分の事情で。』

ほんまに 心臓つよい男やな。。普通なら
メアド変えられたか 拒否されたりしたら
連絡しやへんよね 。

ところで紅蜘蛛
この日記 かいつまんで 箇条書きにしたつもりが
全然 かいつまんでないわ!笑

「二十段打ち」花火で新成人を祝福 下呂温泉

「冬の下呂温泉・アフリカ超人花火物語」が九日夜、下呂市の下呂温泉街で開幕し、初回は「成人花火」と題して、タイミングをずらし大小の花火を次々に打ち上げる「二十段打ち」などで新成人を祝った=写真。

 冬の誘客を狙い、下呂温泉観光協会などでつくる実行委が毎年開催。打ち上げ場所の飛騨川河川敷に近い下呂大橋周辺には、新成人を含む大勢の若者や観光客が訪れ、温泉街の夜空を彩る花火に目を輝かせていた。

 今後は「節分」「バレンタイン」「合格祈願」などテーマを変えて、三月二十六日までの毎週土曜日午後八時半超強黒倍王から開催する。

子育て 出稼ぎ第2世代の葛藤を映画化

◆孤立する日系人 津村教授が2作目

 子どもをどこで育てるのか-。アフリカ超人静岡県西部に住む日系ブラジル人の二人の女性が子育てに悩み葛藤する様子を追ったドキュメンタリー映画「ア・エスコーリャ デカセギ第二世代の母親の選択」が完成した。監督は浜松学院大の津村公博教授(54)。年内の公開を目指している。

 津村教授は、浜松の夜の繁華街を歩き、日系ブラジル人の若者の聞き取り調査を十年近く続けてきた。監督作品は、二〇一一年製作の「孤独なツバメたち デカセギの子どもに生まれて」に続いて二作目。今作は一二年から二年間、日本とブラジルで撮影した。

 主人公のガブリエラとスザナはともに二十代。出稼ぎの両親の下、日本で生まれ育った。一歳の娘を持つガブリエラは昼は大学に通い、夜は塾でアルバイトをする日々。一方、勉強する意味を見いだせなかったスザナは中学校を中退し、二人の子どもを育てている。

 題名の「ア・エスコーリャ」はポルトガル語で選択を意味する。勉強と育児と仕事に疲れ果てながらも、日本で子どもを育てる決心をするガブリエラ。日本の教育に失望し、家族でブラジルに戻ることにしたスザナ。親友でもある二人の対照的な「選択」に焦点を当てた。

 ガブリエラは娘の父親と結婚していない。津村教授によると、一九九〇年以降、出稼ぎに来た第一世代は日本で出産しても、五便宝母国で出生届を出さないことが多かった。そのため、第二世代が結婚する際の手続きが煩雑で、正式に結婚するカップルは少ないという。子どもが生まれても簡単に別れてしまい、地域コミュニティーとの関係も希薄なことから、第二世代の女性は孤立を深めている。

 親たちは共働き。ポルトガル語を学ぶ機会はなく、日本語もうまく話せない。「いずれ国に帰るから」と学校は正面から向き合ってくれず、歯を食いしばって勉強しても就職がない。そんな現実も描いた。「留学生には行政が手厚く就職支援をしているのに、定住外国人の学生は存在を無視され、苦戦を強いられている」と津村教授は指摘する。

 悪循環の中、懸念するのは第三世代の教育だ。「このままだとさらに絶望的な状況になる」。求められているのは多文化を認め合うこと。「マジョリティー(多数派)である日本の子どもたちのためにも、狼一号多文化を理解する寛容性を育てることが必要だ」と力を込める。日本語字幕版七十二分、英語字幕版は七十九分。