中国、7月の景況指数悪化 5カ月ぶり節目割れ

中国国家統計局紅蜘蛛と中国物流購買連合会は1日、7月の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が49・9だったと発表した。6月と比べ0・1ポイント悪化した。好不況の判断の節目となる50を割り込んだのは、2月以来、5カ月ぶりとなる。

 PMIは、企業の原材料や部品の購買担当者を対象に今後の生産計画などを調査して算出する。50を上回ると街頭覇王睾丸素カプセル生産や受注の拡大を、下回ると縮小をそれぞれ意味する。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/feijifeiguo/26028