母の納骨先と家庭の事情

※今、諸事情により動揺が収まりませんが、気持ちを整理する為に、気持ち等を端的にですが綴ろうと、思いました


母の納骨先は、数年間見つからなかった。血眼になって探している内に疲れ、冷却期間があった。

実家族は、10年前、完全に家庭崩壊しました。
私は、家族から、それぞれ虐待を受けていた。

常に萎縮し、地獄の日々だった。


ある日、帰る実家を失った。


実兄が転職の為、2社内定を貰っていたが、第一志望の会社は、海外転勤があり、ある社内規定で実母までは連れて行くことが出来ず、
実兄は、第一志望先を諦める事になっ た。

私は、既に同棲していた。

実家の立ち退きを実父から迫られた。


母親と実兄は、一緒に暮らすようになってから、内定を諦めた悔しさから実兄から母親へのDVが始まった。
私は、それを数年後に 兄からの強迫文書から知った……


母は、実兄がコ*シタものだと
当時 私は恨んだ


今年の中頃に、実兄から母親の納骨先件で、連絡を取り合うようになったが、彼も仕事のストレスが酷く、捌け口(亡くなった母親)が、無くなった為、傀儡の様な扱いを受けていた。
ある男性からの浮気やDVと同時進行だった為、精神的に私は殺された


既に家族とも思っていなかった家族だった。

兄からの攻撃は、止まず
怯えた毎日が続いた。無視を貫いていた。
母親の件が終わったら、縁を切るつもりだった
その後、納骨したとの連絡があった。
私は、もう 彼とは顔を合わせたくなかったので、断腸の思いで母親の最後の最後を見送る事を諦めた……


ある霊園に、母親が眠っているか、
確認の電話をした。
母は、そこにいたらしい。

母が亡くなって直ぐ、永代供養を提案したのは、実兄…
いわゆる普通のお墓参りは叶わない…

安置の確認が出来、安堵したが
本当に永眠しているだと
この世に居ないのだと再確認……

色々な事があり、頭がぐちゃぐちゃになった……
涙がとまらなかった


動く事が出来ない
ある人に電話をした。
その人も体調不良が酷く、私は複雑に混在した気持ちを和らげたかったが、本人も精一杯だった……

所詮、他人

どうしたら、立ち上がれるの……?

わからない
わからない

私が焦っているのは、明日が今年最後の月命日だから…
淫インモラル
絶對高潮