ミナミイワトビペンギン、世界初の人工繁殖成功 海遊館

海遊館(大阪市港区)は23日、ミナミイワトビペンギンの人工繁殖に世界で初めて成功したと発表した。今月上旬に孵化(ふか)したひな3羽のDNA型鑑定を研究機関に依頼。うち1羽が、人工授精によって生まれたことが確認できたという。

海遊館が世界で初めて人工繁殖に成功したミナミイワトビペンギンのひな(手前)=23日午後、大阪市港区、高橋雄大撮影

 ミナミイワトビペンギンは南大西洋のフォークランド諸島などに生息。国際自然保護連合(本部・スイス)が「絶滅危惧II類」(絶滅の危険が増大している種)に指定している。

 海遊館は2011年4月から人工繁殖に着手。今年は葛西臨海水族園(東京都江戸川区)のオス8羽から採取した精液で海遊館のメス3羽に人工授精させ、今月4~6日にひな3羽が生まれた。DNA型鑑定の結果、うち1羽の父親が水族園のペンギンだった。残り2羽は海遊館でつがいになっているペンギンが両親で、自然繁殖だった。

シアリス Cialis
五夜神生精片
街頭覇王睾丸素