おちんちんとおぱんぽん。

アホやいねー…
え、なにがって?
役所や、それに類似する教育機関さね。

「おちんちん」は、教育上、いやらしくない言葉だからいいが…
女性生殖器は、「まんこ」と言うのは、いささか露骨過ぎないかね?
それじゃ、名称を考えましょう。
大事なところだから「おだいじちゃん」なんか、いかがですか?
おだいじちゃん…いまいちピンとこないだろう…
大事なところは、いっぱいあるし…

じゃ、おてんてん…なんて言うのは、どうでしょう?
音が似ていて、覚えやすいのでは?
うーん…滑舌の悪い子が、言い間違えたりしないかね?

あ!おちんちんは、男珍珍。
だから、女珍珍ってことで、めちんちんは!
めー…ねぇ…
以下省略。
で、決まったのが「おぱんぽん」

教わる子供は、ちんこまんこの方がしっくりくるという、矛盾。。

浸透したかって?
そりゃ、この言葉を知ってるかどうかで、如実っしょ

言葉狩り。
得意だよねー、日本って(急にまーじーめー!)
元々、差別用語じゃなかった言葉が、いつの間にか馬鹿にした言葉だー!
前も書いたけどね。
東北に住んでいた幼少時。
まえから白杖を突いた老人がやってきた。
母が「ほら!めくらさんが通るから、どきなさい!」
その言葉は、同情や情けではない、当たり前のマナーでしかなかった。

豊富な表現を持つ日本語。
いくら綺麗で豊富でも、使う人の気持ち次第で、傷つけるものとなる。
俺はね、つまらぬ言葉のレトリックで、誤魔化すことが嫌い。
とりあえず、表面を取り繕って、事なかれ。。。
同じような問題がおこったら、また取り繕っておわり。

年寄り→お年寄り→おとしより→おじいちゃんおばあちゃん。

なんじゃそりゃ!

まんこはまんこで、いいじゃねーか!
みーんな、母親のまんこから生まれてくるんじゃい!
もっと遡れば、父親のちんこからじゃい!
と、大声で言ったら、タイーホ間違いない。。。

あー、窮屈な世の中じゃー!

ちーんーこー!
まーんーこー!

と、アホアホ日記を書いてしまった。

これも…酒のせいや…
わしのせい、ちゃう。

なんちて。
さー、大人の日記か、子供の日記か…
運営さーん、どーするー?
ru486
中絶薬RU486