「仮面ライダーエグゼイド」主演はジュノンボーイ・飯島寛騎に決定 史上初の“ドクターライダー”に

【飯島寛騎/モデルプレス=8月30日】10月2日よりスタートする仮面ライダー新シリーズ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系/毎週日曜あさ8時)の主人公・宝生永夢役に、昨年末「第28回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝いた飯島寛騎(いいじまひろき)が抜擢。30日、都内で行われた制作発表会見に、キャスト陣らとともにそろって出席した。

【さらに写真を見る】「仮面ライダーエグゼイド」主演はジュノンボーイ・飯島寛騎に決定 史上初の“ドクターライダー”に

蟻力神

◆ドラマ初出演で初主演の飯島寛騎「感動した」

「平成仮面ライダーシリーズ」18作目を迎える今作は、歴代仮面ライダーシリーズ史上初となる“ドクター=医師である主人公が仮面ライダーに変身”し、人類の命を守る仮面ライダーとして悪と戦う。ドクターライダーであるエグゼイドは、謎のゲームウイルス“バグスター”を打倒するため、ゲームという名のオペレーションに身を投じ、そして時には他のドクターライダーとバトルを繰り広げる。

今作でドラマ初出演、そして初主演を務める飯島は「主役ということもあり、最初はすごいプレッシャーを感じたんですけど、それと同時に喜びが激しかったです。しかも子供の頃から憧れていたヒーローということで、感動しました」と喜びをあらわに。

レベル1、レベル2の2段階にわたって変身を遂げる仮面ライダーエグゼイド。レベル1はこれまでの容姿とはまるで異なる仮面ライダーとなっているが、飯島は「レベル1は可愛くてゆるキャラみたい(笑)。今までの仮面ライダーっぽくはないので、斬新だなと感じました。レベル2に進化した時がすごく頼りがいがある」とコメント。また、バスケ部と陸上部に所属していたこともあり「アクションはまぁまぁ自信があります」と頼もしい姿も見せた。

蟻力神(第五代)

◆「仮面ライダー龍騎」に憧れ 変身ポーズも披露

これまでの仮面ライダーシリーズでは、2002年に放送された「仮面ライダー龍騎」が特に好きだといい、「僕の名前の『寛騎』の『騎』と、『龍騎』の『騎』が同じだったので、親近感がすごくあったのを覚えています」とニッコリ。さらに会見では変身ポーズも披露した飯島。かっこよくきめたものの、「60点です」と辛口自己採点。「これから完璧にしていかないといけない。小さい子たちも真似してくれたら100点です!」と高い向上心を持っていた。

また、主題歌は三浦大知の「EXCITE」に決定。甥っ子が現在放送中の「仮面ライダーゴースト」の大ファンだといい、「この情報が解禁され次第、すぐさま甥っ子に言ってやろうと思います!」と笑顔で語った。このほかキャストには瀬戸利樹、松本享恭、松田るか、岩永徹也、小野塚勇人、甲斐翔真が発表され、ともに会見に出席した。

バイアグラUSA精力剤

超特急、モノマネ&ノンスタ井上とのコラボライブ披露 夏の思い出を振り返る<メンバーコメント到着>

【超特急/モデルプレス=8月30日】7人組メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急の冠レギュラーバラエティー『超特急の撮れ高足りてますか?』(以下、トレタリ)の初の番組イベント『トレタリpresents「超特急との夏の思い出足りてますか?」』が29日、東京・新木場STUDIO COASTで行われた。

【さらに写真を見る】超特急が「トレタリ」で初の公開収録!メンバーによるものまねも

精力剤

番組は超特急が様々なバラエティーに出演することを想定してゲストとしてのスキルを学んでいくという趣旨だが、今回のイベントでは「赤白モノマネバトル」と題して、メンバー全員がそれぞれモノマネにチャレンジ。ゲストのモノマネ芸人ホリから指導を受け、モノマネのコツを伝授された。

アニメキャラクターからマニアックな芸人ネタまで超特急としては初の公開モノマネ披露ということで、彼らのファンである「8号車」は普段見られないメンバーの姿を楽しんだ。

◆ノンスタ井上と超特急のコラボ

後半は超特急の真骨頂とも言えるライブパート。超特急の夏の代表曲として人気の楽曲「Make it hot!」「Summer love」をはじめ、「Burn!」では番組でおなじみのマネージャー役・NON STYLEの井上裕介も飛び入り参加し、ステージを盛り上げた。

超強黒倍王

この模様はフジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmartにて10月23日午後7時~9時に放送される。(modelpress編集部)

■メンバーコメント

1号車コーイチ

普段は井上さんが笑いに変えてくれるんですけど、8号車がいるとリアルな歓声が飛んでくるので、その緊張感の中で“撮れ高”を出していくというのは僕たちにとっても挑戦で、すごく楽しかったです。僕は山里さんのモノマネを教えてもらったのでレパートリーが一つ増えてよかったです。

2号車カイ

『トレタリ』で初めての公開収録ということで、普段なかなかライブだけでは見せられない姿を見せられて8号車の皆さんには楽しんでいただけたのではないかなと思います。僕たち自身も“撮れ高”を学んで多くの番組に呼んでいただけるように、これからも番組を通して培った力を発揮していけたらなと思います。

3号車リョウガ

普段から『トレタリ』は緊張するんですけど、今日はリラックスしてできたような気がしたので楽しかったのと、8号車と一緒に“撮れ高”を学んでいるような感じがして超特急らしいなと思いました。公開収録からのライブは久しぶりだったので、昔のファンミーティングを思い出して懐かしい気持ちで最高の夏の思い出を作ることができました。

超級猛男健力カプセル

4号車タクヤ

久しぶりにNON STYLEの井上さんと収録することができて、ゲストのホリさんからモノマネの基本を学べてとてもよかったです。8号車の前でGO皆川さんのモノマネをやって、自分の殻を破れたんじゃないかと思います。吹っ切ってできたのでとても楽しかったです。

5号車ユーキ

『トレタリ』は普段は8号車がいない場所でやっていたので、あまり意識せずにできたんですけど、今回は目の前にいたので、バクバクに緊張しながらやっていて平泉成さんのマネをしたときも反応はわからないですが、うまいと言っていただけたのでこれからはおじいちゃんおばあちゃんとかにもモノマネを披露していきたいなと思いました。

6号車ユースケ

いつもの『トレタリ』の収録はドン滑りするんですけど、8号車さんがいてくれることで8号車さんが笑ってくれる優しさがすごくあったなと思いました。いや、いつも収録でメンバーが冷たいとか言ってるんじゃないんですよ!(笑)あと大好きなふなっしーさんのモノマネをすることができてうれしかったです。

7号車タカシ

今まで『トレタリ』でいろいろなことに挑戦していろいろなことを吸収していって、この公開収録でこれまで培ってきたものをぶつけるという意味も込めて挑んだんですけど、8号車の皆も一緒に学べるというのがすごく楽しかったです。8号車と一緒にライブも盛り上げることができて、“夏の思い出足りてますか?”というよりこれで足りました!

スピード違反の命令聞こえず? 聴覚障害の米男性、警官が射殺

米南部ノースカロライナ(North Carolina)州で今月、スピード違反で停止命令を受けた後も車を走らせ続けた聴覚障害者の男性が警官に撃たれて死亡していたことが22日、地元捜査当局の発表などで明らかになった。当局は警官側に過失がなかったか調査に乗り出した。

 死亡したのは、聴覚に障害があるため意思疎通を手話に頼っていたダニエル・ハリス(Daniel Harris)さん(29)。地元テレビ局WSOCによれば、18日に州間幹線道路で車を走らせていたところ、速度が超過しているとしてジャーメイン・サンダース(Jermaine Saunders)州警官から停止を求められたが、そのまま走行。シャーロット(Charlotte)にある自宅前まで13キロにわたって同警官の追跡を受けたという。

 州幹線道路警察の声明によると、ハリスさんは車を降りたところでサンダース警官と鉢合わせになり、撃たれてその場で死亡した。WSOCは州捜査当局の話として、ハリスさんは当時、銃器類を所持していなかったと伝えている。

 捜査当局はサンダース警官を休職扱いとして、車載カメラやボディカメラの映像分析を含めて当時の状況を調査している。

 ハリスさんの自宅近くに住む男性はWSOCに「彼はサイレンが聞こえない。何も聞こえないんだ」と話し、銃撃は「絶対に許されないこと」と憤りをあらわにした。

米南部ノースカロライナ(North Carolina)州で今月、スピード違反で停止命令を受けた後も車を走らせ続けた聴覚障害者の男性が警官に撃たれて死亡していたことが22日、地元捜査当局の発表などで明らかになった。当局は警官側に過失がなかったか調査に乗り出した。

 死亡したのは、聴覚に障害があるため意思疎通を手話に頼っていたダニエル・ハリス(Daniel Harris)さん(29)。地元テレビ局WSOCによれば、18日に州間幹線道路で車を走らせていたところ、速度が超過しているとしてジャーメイン・サンダース(Jermaine Saunders)州警官から停止を求められたが、そのまま走行。シャーロット(Charlotte)にある自宅前まで13キロにわたって同警官の追跡を受けたという。

 州幹線道路警察の声明によると、ハリスさんは車を降りたところでサンダース警官と鉢合わせになり、撃たれてその場で死亡した。WSOCは州捜査当局の話として、ハリスさんは当時、銃器類を所持していなかったと伝えている。

 捜査当局はサンダース警官を休職扱いとして、車載カメラやボディカメラの映像分析を含めて当時の状況を調査している。

 ハリスさんの自宅近くに住む男性はWSOCに「彼はサイレンが聞こえない。何も聞こえないんだ」と話し、銃撃は「絶対に許されないこと」と憤りをあらわにした。

<チョコ昏睡強盗>元薬科大生「仕事感覚」

出会い系サイトで知り合った男性に睡眠薬入りの手作りチョコレートを食べさせたとして、昏睡(こんすい)強盗の罪に問われた元東北薬科大生の小浜翠(みどり)被告(24)=秋田県横手市=の公判が16日、仙台地裁であり、被告は「睡眠薬を男性に飲ませ、盗んだクレジットカードを使うまでが一連の仕事のような感覚だった。やめられなくなっていた」と語った。

 被告は犯行のきっかけを「ニュースで(類似の強盗)事件を見て面白そうだと思った」と供述。昨年春から逮捕までの約3カ月間で被害者数を「約10人」と明らかにし「『一仕事やってやるぞ』という気持ちで会い、成功するとゲームをクリアしたような感覚だった」と説明した。

 男性に会う際は毎回異なる偽名を使い、睡眠薬は即効性の高い種類を医師の父親に送らせて入手したという。盗んだカードは「洋服や装飾品の購入に使った」と認めた。検察側はさらに、被告が現金計約100万円をキャッシングで得ており、美容整形手術を予定していたと指摘した。

 起訴状によると、被告は昨年6月11日夜、仙台市内の居酒屋で県外の50代の男性会社員に睡眠薬を飲ませ、寝入った隙に財布からカード3枚を奪い、不正に使ったとされる。別の40~50代の男性3人に対しても同じ罪で起訴されている。

MaxMan
レビトラ(levitra)
VigRx

「スーパー玉出」上限時間超え中国籍留学生ら働かせる、容疑で社長ら書類送検

許可された時間を超えて外国人留学生らを働かせたとして、大阪府警外事課が入管難民法違反(不法就労助長)容疑で、激安スーパーで知られる「スーパー玉出」(本社・大阪市西成区)の前田託次社長(71)ら同社幹部3人と法人としての同社を書類送検したことが8日、分かった。

 捜査関係者によると、社長らは今年2~5月、大阪府内にある複数の店舗で、アルバイトとして雇用していた中国籍やベトナム籍の留学生ら男女12人を週28時間の法定上限時間を超えて働かせるなどして、不法就労を助長した疑いが持たれている。

 府警は6月上旬、同社を家宅捜索するとともに関係者から事情聴取。調べに対し、社長は「知らなかった」と容疑を否認しているが、ほかの2人は認めている。府警は働いていた留学生ら12人についても同法違反(無許可活動など)容疑で摘発した。

 同社は、大阪府内や兵庫県内でスーパー51店舗を運営。関係者によると、レジ担当などで月平均約50人の外国人留学生が勤務している。時給は千円程度で、法定上限時間を超えた分の報酬については、交通費や食事代に付け替えて支給していたという。

 産経新聞の取材に対し、前田社長は「お客さまにご迷惑をおかけして申し訳ない。今後、コンプライアンスの順守を徹底する」とコメントした。

中絶薬
セフラジン
緊急避妊薬

「PCを使えない学生が急増」の問題点

「PCを使ったことがない」という新社会人がここ数年増えている。「若い人のほうがITに対してのスキルが高い」と思いがちだが、実際にはどうやらそうでもないらしいのだ。

【あいつはPCも使えないのか!】

 総務省の「平成24年通信利用動向調査」によると、「PC」の世帯普及率は75.8%となっているのに対し、「スマートフォン」の普及率は49.5%。この調査で見られるのは世帯対象であり、世代別、個人ではない。そこで、内閣府の「平成25年度 我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」を見ると、中学生までの「PCを所有している率」が諸外国に比べてかなり低い結果になっている。海外先進国の中学生の80~90%が自分のPCを所有しているのに対し、日本は約30%しか持っていないのだ。

男露888

 いつから若者はPCを使わなくなったのだろうか。

 今の40~50代の大人たちが10代の1980年代、日本電気(NEC)製PC-8801、PC6001、PC9801、富士通FM-7を筆頭とした「マイコンブーム」(当時はPCという呼び名ではなかった)があった。10代の少年たちは雑誌に掲載されたプログラム(主にBASIC)を入力してゲームがしたいがために、親に頼んで高価なマイコンを購入してもらったものだ。

 もちろん、すべての40~50代がそうであったわけではない。あまり触れる機会のなかった人たちは社会人になってから、会社の研修などを通じてPCのスキルを磨いていった。当時はPCを使いこなせる人が少なかったので、会社でたびたび研修などが開かれていた。

 またアラサー世代は1990年代の「Windows 95、98、XPブーム」を経験している。学生時代にPCを買って、Wordの使い方などを習得した人が多い。

 しかし今、PCに代わりメインプレイヤーになったのが「スマートフォン」だ。30代までの大人たちが遊びの中で学んだPCのスキルを持って社会人になったのに対し、彼らは日常でPCを使っていない。文字入力もキーボードよりフリック入力なのである。

壮天根

 プライベートではスマートフォンで十分かもしれないが、企業では「PCを使って書類作成」という作業が加わる。社会人デビューを果たした直後にキーボード入力、WordやExcelでの書類作成という即戦力のスキルが問われるのだ。

 大事なことは、高校生や大学生のうちにPCに慣れ親しむ環境だろう。大学進学を機にPCを購入したり、親から買い与えられるというケースが多いはずだ。そこで、実際に大学生の現状はどうなのか、関係者に聞いてみることにした。

●PCを使いたがらない学生が増えている

 「最近の学生はPCを使いたがらない」というのは本当なのだろうか。そこで某私立大のA准教授に話を聞いてみた。Aさんは学生のPC使用状況をこう見ている。

 「学生はWordやExcelの検定試験に合格することが就職に有利になると思い込んでる感じですが、『レポートをWordで書いて提出してください』と言うと『手書きではダメですか?』と聞いてくる学生も少なくありません。スマホは生活の必需品なのに、PCは『できれば使いたくないモノ」なのかもしれません。

 大学からPCのアドレスが学生に配布されていますが、4年間で1度も使っていない生徒もいます。彼らのデフォルトはスマホで使うLINEなので、ウチの学部は仕方なくLINEを導入しました。例えば、履歴書の内容を修正するときには、手書きで書かれた履歴書をスマホで撮影し、LINEに添付して送ってくることもあります」

 そもそも学生はPCを持っているのだろうか。これについてもAさんはこう語っている。

巨根カブセル

 「1人暮らしの学生は大学生になるときに親に買ってもらうようですが、多くの学生は『レポート書くくらいしか使わない』と言ってます。エンタメ系や情報収集はスマホやタブレットで済むので、PCの重要度が薄れて使わなくなっているのかもしれません。

 とはいえ、まだ持っている学生はいいほうでしょうね。学生になってから、ぼちぼち買い始める生徒もいますけど、バイト代をそこにそそぐのは優先度低い感じです。実家から通う子の中には、親のPCや大学のモノで済ませるという学生もいますから」

●PCスキルが乏しい原因

 Aさんが話すように、1人暮らしの学生は親にPCを買ってもらうケースは多いようだが、自らアルバイトで購入するという優先度は低いようだ。これを裏付けるように都内の私立大に通う19歳の女子大生・Sさんはこう話してくれた。

 「メールや調べ物もスマホで済むし、テレビもスマホで見られるのでPCは社会人になってから買えばいいかなと思ってます」

 「ノートPCは欲しいか?」と聞いてみると、「あったら便利だなと思うけど、バイト代で買うには高いし、親に相談したら『高いから今は買えない』と言われちゃいました。社会人になったら会社でも使うから必要だとは思っています」

 次に「PCの価格を知ってるか?」と尋ねると、「家電量販店などにスマホは見に行くけれど、PCは見に行ったことがないので分かりません。でも、10万円くらいしますよね? 友たちが持っているのでAppleの薄いPC(MacBook Air)は欲しいんです。でも高いんですよね?」

FLY D5

 学生にも人気のMacBook Airが、彼女たちの「ノートPCの価格の基準」になっているようだ。確かにMacBook Airの価格は安くても約10万円はする。彼女たちの親の世代のPCの価格の概念も当時の15万、20万といった価格のままであれば、必然的に家庭でのPCの価格の解釈は高いままなのであろう。

 このような大学の現状、学生の認識であるのは、それまで学校や家庭でPCに触れる機会が少ないこと、欧米の先進国に比べPCやインターネットのスキルやリテラシー教育が乏しいことが原因だろう。多くの職業でPCを使うのが当たり前になってきた現在社会において、大人が子どもたちにPCを利用させ慣れ親しむ環境を与えてやることは、教育の一貫ではないだろうか。

 マイコン・PCで育った世代が教える、「インターネットは使い方を間違えると怖いもの」ならそれを教える。もちろんPCを使った教育は学びの現場でもある学校にも問われるだろう。だが今、企業でPCを使っている世代は学校で学んだだろうか。家庭やプライベートでPCを使わせることが、必要な気がしてならないのだ。

東・北日本で大気不安定 落雷・突風に注意

1日は上空に寒気が流れ込んでいる影響で、東・北日本では大気の状態が不安定となり、激しい雷雨となるところがある見込みだ。大雨となるおそれもあり、土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、ひょうにも注意が必要だ。

 1日午後からは、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降るところがある予想で、天気の急変に注意。2日の午前6時までの24時間に予想される雨量は、関東甲信と北海道で120ミリ、東北で100ミリとなっている。

蒼蝿水
美人豹
中絶薬