超特急、モノマネ&ノンスタ井上とのコラボライブ披露 夏の思い出を振り返る<メンバーコメント到着>

【超特急/モデルプレス=8月30日】7人組メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急の冠レギュラーバラエティー『超特急の撮れ高足りてますか?』(以下、トレタリ)の初の番組イベント『トレタリpresents「超特急との夏の思い出足りてますか?」』が29日、東京・新木場STUDIO COASTで行われた。

【さらに写真を見る】超特急が「トレタリ」で初の公開収録!メンバーによるものまねも

精力剤

番組は超特急が様々なバラエティーに出演することを想定してゲストとしてのスキルを学んでいくという趣旨だが、今回のイベントでは「赤白モノマネバトル」と題して、メンバー全員がそれぞれモノマネにチャレンジ。ゲストのモノマネ芸人ホリから指導を受け、モノマネのコツを伝授された。

アニメキャラクターからマニアックな芸人ネタまで超特急としては初の公開モノマネ披露ということで、彼らのファンである「8号車」は普段見られないメンバーの姿を楽しんだ。

◆ノンスタ井上と超特急のコラボ

後半は超特急の真骨頂とも言えるライブパート。超特急の夏の代表曲として人気の楽曲「Make it hot!」「Summer love」をはじめ、「Burn!」では番組でおなじみのマネージャー役・NON STYLEの井上裕介も飛び入り参加し、ステージを盛り上げた。

超強黒倍王

この模様はフジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmartにて10月23日午後7時~9時に放送される。(modelpress編集部)

■メンバーコメント

1号車コーイチ

普段は井上さんが笑いに変えてくれるんですけど、8号車がいるとリアルな歓声が飛んでくるので、その緊張感の中で“撮れ高”を出していくというのは僕たちにとっても挑戦で、すごく楽しかったです。僕は山里さんのモノマネを教えてもらったのでレパートリーが一つ増えてよかったです。

2号車カイ

『トレタリ』で初めての公開収録ということで、普段なかなかライブだけでは見せられない姿を見せられて8号車の皆さんには楽しんでいただけたのではないかなと思います。僕たち自身も“撮れ高”を学んで多くの番組に呼んでいただけるように、これからも番組を通して培った力を発揮していけたらなと思います。

3号車リョウガ

普段から『トレタリ』は緊張するんですけど、今日はリラックスしてできたような気がしたので楽しかったのと、8号車と一緒に“撮れ高”を学んでいるような感じがして超特急らしいなと思いました。公開収録からのライブは久しぶりだったので、昔のファンミーティングを思い出して懐かしい気持ちで最高の夏の思い出を作ることができました。

超級猛男健力カプセル

4号車タクヤ

久しぶりにNON STYLEの井上さんと収録することができて、ゲストのホリさんからモノマネの基本を学べてとてもよかったです。8号車の前でGO皆川さんのモノマネをやって、自分の殻を破れたんじゃないかと思います。吹っ切ってできたのでとても楽しかったです。

5号車ユーキ

『トレタリ』は普段は8号車がいない場所でやっていたので、あまり意識せずにできたんですけど、今回は目の前にいたので、バクバクに緊張しながらやっていて平泉成さんのマネをしたときも反応はわからないですが、うまいと言っていただけたのでこれからはおじいちゃんおばあちゃんとかにもモノマネを披露していきたいなと思いました。

6号車ユースケ

いつもの『トレタリ』の収録はドン滑りするんですけど、8号車さんがいてくれることで8号車さんが笑ってくれる優しさがすごくあったなと思いました。いや、いつも収録でメンバーが冷たいとか言ってるんじゃないんですよ!(笑)あと大好きなふなっしーさんのモノマネをすることができてうれしかったです。

7号車タカシ

今まで『トレタリ』でいろいろなことに挑戦していろいろなことを吸収していって、この公開収録でこれまで培ってきたものをぶつけるという意味も込めて挑んだんですけど、8号車の皆も一緒に学べるというのがすごく楽しかったです。8号車と一緒にライブも盛り上げることができて、“夏の思い出足りてますか?”というよりこれで足りました!