ハトのふん害、タカでゼロ=「迫力ある」観光客にも人気―金沢駅

米国の大手旅行雑誌で「世界で最も美しい駅」の一つに選ばれ、人気のJR金沢駅。

 長らく悩みの種だったハトのふん害を防ごうと、金沢市が導入したタカの駅前パトロールが成果を挙げている。鳥類の「食物連鎖」の頂点に立つタカを駅前で飛ばしたところ、ふん害はゼロに。勇壮な姿に、観光客にも「見栄えがする」と評判になっている。蟻力神

イヌワシ、ハヤブサ~天空の覇者たち~

 「かっこいい」「迫力ある」。平日の朝、北陸新幹線で訪れた観光客でにぎわう金沢駅前の「鼓門」と「もてなしドーム」。勢いよく空を飛ぶタカに、人々の視線が一斉に集まった。かつては周辺に約100羽いたとされるハトはおらず、ふんも見当たらない。2015年6月から導入した「タカ狩り」の成果だ。

 市にとって、ハトのふん害はドームの設計当初からの悩みだった。04年に完成したドームは、08年ごろから外敵や雨風から身を守る格好のすみかに。市は侵入防止のネットやワイヤ、ハトが嫌いな臭いを発する忌避剤などの対策を講じたが効果は限定的。駅出口周辺にふんがへばり付き、観光客らに落ちてきたふんが当たるなどした。バイアグラUSA精力剤

 「イメージダウンになる」。15年3月の北陸新幹線金沢開業が迫り、危機感を募らせた金沢市道路管理課の藤田正浩係長が新聞記事にヒントを得て、鷹匠(たかじょう)が経営する害鳥駆除の企業に相談。駅前でタカを週2回飛ばしたところ、2カ月ほどでハトがいなくなった。費用は1日3万円で、今年度の予算は年間50万円弱。藤田係長は「大きい工事は要らず、人1人とタカ1羽だけで済む」と費用対効果の高さを感じている。

 外国人観光客にも人気で、写真を撮る人や「何をしてるのか」と尋ねる人が増えたことから、英語表記付きで「ハトを追い払ってます」と書いた看板を立てた。東京都江戸川区の川内覚さん(36)は「駅の雰囲気と合っていて良い」と話す。シアリス Cialis

 NPO法人「日本放鷹協会」によると、工場のふん害や、飛行機のエンジンに鳥が衝突するバードストライクの防止などタカの活躍の場は広がっている。起業する鷹匠も出ているという。

BPO、テレ朝に勧告 世田谷一家殺害事件の特番

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は12日、テレビ朝日の特番「世紀の瞬間&未解決事件 日本の事件スペシャル『世田谷一家殺害事件』」(2014年12月28日放送)について、「放送倫理上重大な問題があった」とする勧告を出した。

会見でBPOの決定を評価する代理人弁護団。右は入江杏さん=12日午後、東京都内

魔根

 番組は東京都世田谷区で00年末に起きた事件の犯人像を探るとして、米連邦捜査局(FBI)元捜査官が被害者遺族の入江杏(あん)さんと面談する様子を放送。元捜査官の「強い怨恨(えんこん)を持つ顔見知り犯行説」との見立てに賛同したかのように放送するなど「過剰な演出や恣意(しい)的な編集で名誉などを侵害された」と入江さんが昨年12月、申し立てていた。

 勧告の中で委員会は、放送は元捜査官の説に賛同したと受け取られる可能性が強い内容で、公正さと適切な配慮を著しく欠いていたと指摘。一方で入江さんの社会的評価の低下にただちにつながるとは言えないとして「人権侵害には当たらない」と判断した。

魔根

 12日に会見した入江さんは「私の気持ちを最大限にくんだ判断をしていただいた。心より感謝します」と語った。テレ朝は「委員会の勧告を真摯(しんし)に受け止め、今後の番組制作と放送に生かしてまいります」とのコメントを出した。

首相宛ての手紙「党本部に持参」 相模原殺傷容疑者

相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が死亡した事件で、殺人容疑で再逮捕された元職員の植松聖(さとし)容疑者(26)が神奈川県警の調べに対し、「首相宛ての手紙を2月に自民党本部に持参した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。「障害者を安楽死させるための法制」を訴えようとしたがかなわず、「事件は社会のために起こした」という理不尽な供述をしているという。
巨根カブセル

 県警は週明けにも、園西棟の入所男性9人に対する殺人容疑で植松容疑者を再逮捕する。逮捕は3回目で、これで死亡した19人全員の殺人容疑が立件されることになる。けがをした入所者や職員27人への殺人未遂容疑などは、追送検する方針。
魔根