東京五輪の追加種目決定 野球・ソフトなど5競技18種目満場一致

国際オリンピック委員会(IOC)の総会は3日(日本時間4日)、五輪開幕前のブラジル・リオデジャネイロで行われ、2020年東京五輪の追加種目について審議。一括提案されていた野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技18種目の採用が正式決定した。

抱き合って喜ぶ大会組織委の森喜朗会長ら

三体牛鞭,三體牛鞭(勃動力)


 野球、ソフトボールは08年北京五輪以来3大会ぶりの復帰。空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンは初めて五輪種目となる。審議では、大会組織委員会の森喜朗会長と武藤敏郎事務総長、IOCのコーツ副会長とプログラム委員会のカラーロ委員長らが、合同プレゼンテーションを実施。森会長は「様々な競技をパッケージにすることで、ユニークで多様なアスリートを受け入れる大会になる」とし、武藤事務総長は「2020東京に最大の付加価値をもたらすと確信している」と訴えた。

 IOC委員との質疑応答では、米大リーグの選手の参加が不透明な野球について「トップクラスが出ない場合はどうなるのか」など懸念の声が上がり、カラーロ委員長は「米国でプレーしている選手が参加できるかどうかは、今の時点では言えない」と説明した。

五便宝

 質疑応答の後、約90人の委員が投票し、満場一致で20年東京五輪で5競技18種目の実施が決定。IOCのバッハ会長は「これは東京に限った話で、将来の組織委員会を拘束するものではない」と強調した。