岩手で11人死亡、冠水・土砂崩れ広範囲で被害

台風10号に伴う大雨の影響で被害が拡大しています。岩手県では高齢者が住むグループホームで9人の遺体が見つかるなどこれまでに11人が死亡が確認されています。三便宝

 岩手・小本川の水が氾濫し、グループホーム「楽ん楽ん」の建物に土砂が流れ着いています。警察によりますと、31日午前、このグループホーム付近で、警察官が9人の遺体を発見しました。性別はわかっておらず、警察が身元の確認を進めています。

 岩泉町では町の広い範囲で冠水しているほか、町内の各地区を結ぶ道路が土砂崩れなどで通れなくなり、複数の集落が孤立しています。上空から小本地区を見た映像では、氾濫した川の水によって道路が崩落したり、橋が流された様子がみられます。地元の消防本部によると、多くの住民が屋根の上に避難している様子が確認されているということです。
淫インモラル

 また久慈市では、31日午前8時過ぎ、がれきの中から中塚スジイさん(89)の遺体が見つかりました。中塚さんは家族と3人で暮らしていましたが、30日夜、川の水によって家屋が壊され、3人全員が流されました。その後2人は救助されましたが、31日朝、中塚さんの遺体が発見されたということです。台風10号による岩手県内の死者はこれまでに11人となっています。
媚薬激安
 岩手県内では岩泉町や久慈市をはじめ7つの市町村で道路の冠水、土砂崩れなどでおよそ400人が孤立していて救助活動が続いています。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others