妙な夢のリアリティについての一考察

今朝方の夢。

なぜか飼育ケースごとカブトムシ数匹を購入した私。

すると、中のカブトムシが急に激しい羽音をたてて暴れだした。

ケースの中のカブトムシが羽をばたつかせ、あまりにうるさくてまいってしまう。

しばらくして、それは収まった。


数分後、再びカブトムシが激しく暴れだす。今度はケースから外に飛び出していた。

こいつら、どこから出たのかと思っていたら、ケースのふたがゆがんでいた。その隙間から、カブトムシが飛び出していた。さらに、小さいクワガタや他の昆虫も一緒にいた。

ブンブンと羽音をたてるカブトムシに、いらいらしはじめると、小さな虫が喉の奥に飛び込んだ。のどに虫がへばりつく、最悪な感じである。


…徐々に意識が戻り、夢であることを確信する。


では、今日の夢をやたらリアルにしたSEについてである。

カブトムシの羽音は、部屋に設置されている、センサーで動く換気扇。湿度が一定値を超えたのだろう、寝ているタイミングで動き出したと思われる。

吸い込んだ小さな虫、これは昨日から続く喉の痛みのようである。口の中が乾燥し、喉が痛みを伴ったようだ。

しかし、である。なぜに即興で作り上げる脳内映像は、ときに外部のさまざまな状況さえも特殊効果として利用するのだろうか?

映画よりもリアリティがあるのは、五感に訴えかけるからでもある。

では、なぜにそこまで手の込んだものを創るのか…

仮説ではあるが、生物が本能を研ぎ澄ますためではないかと思うのである。

昆虫を吸い込むことは、そう滅多にあるわけではないが、たまにはある。そのときに、スムーズに対応できるように、夢を利用してシミュレーションを実施しているのだろう。


それにしても、たまたま夢の映像がカブトムシで、よくこれだけの大作を完成させるものだと、改めて人間の脳の潜在能力には驚かされる。

交通事故って理不尽ですね

何年ぶりかの日記でしょうかねw;
現在うちの水槽にはスポッテッドガーが2匹泳いでおりますw
スポッテッドガー肉食魚で見た目はちょっと怖めかもしれないけれど
人懐っこくてかわいいです^^

さて、久々すぎる日記ですが交通事故についてです

6月に主人が車ぶつけられて、8月に私が車ぶつけられて・・・
主人の場合はRX-8は廃車になったので次の車RX-7を手に入れてから
近くの神社へお祓いに行きましたよ
私の場合もマイデミオが修理から戻ってきてお祓いに行ってきました
こちらが普段注意して運転していてもぶつかってこられてはねぇ・・・
散々ですよ

2回も交通事故にあったので色々調べていてつくづく思うのが
法律見直した方が良いんじゃないかとw;
完全にぶつけられた方が損をする法律になってますね
それも車が大好きで常日頃大事に大事に乗ってきてる人程
理不尽な対応が違法ではありませんになってます
なんだかねーですよ
その上に高級車になると更に倍増っていうやつですね
自分が悪いのならね
まだ自業自得だからあきらめもつくものですけども
完全に相手が悪いのに車は動いてたから自分も悪いでしょって言われても・・・
主人の場合なんて交差点で動いてたからって理由だけで2:8ですよ
黄色いセンターラインの道路を普通に前の車に続いて走っていただけなのに
対向車線の右折車がいきなり目の前でセンターライン越えて曲がってきて
RX-8の急ブレーキで間に合わないくらい目の前で曲がられてはどうしようもないというのに
それでも2:8
それがまあ法律でおかしくないというのだからねー
私の場合も直線を走っていたら右側から一時停止無視のこちらも見ないで突っ込んできての状態
私の車の後部座席に突っ込んできてるのでどうしようもなく
主人曰く相手に「クラクションならすくらいならブレーキかけろ」ですよw;
その状態でも駐車場内の交差点ということで実質0:9に
まあ私の場合はそれでもまだ良心的だったみたいですが
そもそもなんで駐車場内だからっていくら一方的に悪くても5:5からスタートってなるのかがよくわからず
そういう決まりなんです
とのことですがー

そもそも道徳観からして
人の大事な物を壊したなら弁償する
っていうのが筋かと思うのですが
ましてや主人の場合相手は保母さんで
他人様の大事な子ども達を預かってそういうことを教えてるんじゃないのかしら?
それが自分の場合は
人の大事な物を壊してしまいました
けど法律で守られているので弁償はしません
っていうのもねー

まあ因縁付けてたかってくる被害者っていうのも実際にはいるみたいなので
それから加害者を守るために法律を作るって言うのは悪いことではないとは思いますけども
最低限の責任は取らせてあげましょうよう
人の大事な物を壊しました
保険が最低限のことをやってくれるので自分は知りません
っていうのが今の法律になってますよ
このままでは交通事故起こした方は反省しない人絶対いますよね
ぶつけても自分は点数減るだけで痛くも痒くもないってなりますし
被害者が何か言ってきたら保険会社に任せるし
それでもだめなら保険会社が弁護士やとってくれるしって
こんな相手だと少しでも取れるものは取ろうって心理が働くのはおかしくないと思うのだけど
それでも取るのは保険会社からであって加害者は知らぬ存ぜぬですしね

主人の場合は相手の保険会社が弁護士だしてきましたね
まあおそらく主人が相手の保険会社に何度か電話したのと
なかなか保険会社の担当が捕まらないので加害者(のお父さん)に何度か電話したのとで保険会社が弁護士はさんできたのでしょうけども
そもそも加害者本人が「全て自分が悪いので、保険で足りない部分は出します」って何度か言ってたのを
横からお父さんが出てきて「娘を守りたいんです」「娘が大変ショックを受けてるんです」「娘にもう連絡を取らないでほしい」
あげくには謝罪に来たはずなのに主人に怒鳴って帰って行くという・・・
いきなり自分より大事にしていた愛車を大破させられた主人が一番ショックを受けてるんですが
しかも生まれつきの下半身麻痺で車椅子生活なため
自分の車というのは健常者が持つ車という意味とはかけ離れてます
相手のお父さんからも保険会社からも言われたみたいですけど
「公共交通機関を使ってください」「タクシーを使えば良いんじゃないですか」
健常者にはわからないですね
事実私もこんなことがないと一生わからなかったかもしれません
自分が下半身麻痺の車椅子障害者になって実際に公共交通機関やタクシーを使ってみれば良い
どんなに不自由かがわかると思いますよ
特に田舎ではね

主人の会社の都合もあってRX-8は修理できず廃車となりましたがー
もう立ち直れないんじゃないかってくらいに落ち込んでましたよ
今RX-7に乗って会社へ通えてるのは主人のお友達のおかげです
ほんとに
あとは会社の上司さんと心身クリニックの先生のおかげかな
かなーり無理を言って無理をしてもらって会社復帰しましたから・・・

まあまだ体調的に不安定なところも少しあるのでわからないですが
たぶん続けられるかなーって感じ?w;

あとはRX-8に感謝ですかね
なにより主人を守ってくれましたし
事故後にディーラーの方からも
「あの破損状態であの程度のケガは運が良かったですよ」って言われましたしね
あと人によっては馬鹿じゃないの?って思われるかもですが
今のRX-7はRX-8が主人のために呼んでくれたんだって思ってます
そのくらい偶然が重なりまくって主人の手元にきましたから
お金はかかりますがねーw;