男の友情

前も何度か書いてるけど

僕は男友達が極端に少ない。

“よく飲みにいく”とか

“よくつるんで遊ぶ”とか

そういう相手は皆無。

理由も繰り返しになるから

簡単に端折りますが

ライバルと思ってるから馴れ合いはしないってことなんですね。

ただ、男同士の友情っていうのが苦手なわけじゃなくて

たぶん人並み以上に好きではあると思うんですよね。

映画なんか見てても、友情に胸が熱くなることは多いです。

古くは「スタンドバイミー」とか

「ショーシャンクの空」

「スリーパーズ」に、割りと新しいものでは「アルマゲドン」とか……

大好きな映画を見ても、男の友情が強く描かれているものが多いです。

かといって、自分がその人たちのようにできるかというと

そうはいかない。

どこかに、弱味を見せられないとか

こいつには負けられない

みたいな変な力が加わって

同性の楽な付き合いから遠ざかってる気がします。

そんな自分を“つまらないやつだな”と、度々卑下するんですよね。

何でいきなりこんなことを言い出したかというと
今日たまたま、録画していたテレビ番組を見ていたら

信長コンチェルトの人たち(小栗旬、向井理、山田孝之、高嶋政伸)

が出演してて

その人たちの話ぶりを見てると

「ああ、この人たちいいなぁ…」と、心から思ったからなんですよね。

自分というものをちゃんと持っていて

かといって相手を否定せず、拒絶せず

ちゃんと認めあってチームをやっている。

小さな競争心はそこにはなくて

もっと先の、大きなものを見据えている感じが

自分の矮小さを感じさせられて

羨ましくも、何とも惨めな気持ちになりました。

男の友情を素直に持てる人はきっと人間的にも豊かで大きな人なんじゃないかなぁ

希薄な根拠で思うわけです。

馴れ合いではない

対立心でもない

適度な刺激と緊張感が絶妙な心地よさを生み出す。
淫インモラル
狼1号
RU486

理想の嫁しゅうとめ像とは?

夫の立場としては、妻の母親との関係も大変で、複雑です。

娘を取られた、みたいな態度に出られると、こじれます。

親の思惑とは全く関係ない所で、娘が勝手に捕まえてきた彼氏でしたから。

男の子のいない家庭の長女ですから、その配偶者の立場も大変なんです。

私の母親に関しては、ずっと別居していたし、私も親の関与しないところで勝手に結婚相手を決めたわけだし、嫁の出る幕もなくボケてしまったし。

ボケた母親の対応に、ヨメを出さないで1人で頑張ったのも、私の考えた結論だったのです。
ここで話をこじらせたら、もっと大変。

でも、あちらの母親の認知症への対応は、私も協力しています。

いつまでも、ムスメが勝手に決めてきたムコでは、いられません。
長女の配偶者としての役割は果たします。

そうしないと手に負えない状況でもあるのですが。

自分の実母のときの経験が、こんなところで活かされるとは……
催淫薬:http://www.xn--o0q550b5sivv6a3ud.com/
中絶薬:http://www.xn--fiqs66igff.net/

明日はどうなるか?

本音で話すとどうでもいいんですよ

金正恩君は日本との友好を深めたいと言ってるが

ミサイルでも何でも来いと思う

出来れば日本を潰してくれ 天災でも良い

さて 燃費不正フィーバーに沸く今日だが 

それって そんなに重要なこと?

国土交通省のお役人だって 君たちも 机上計算じゃ?

大体 カタログ上の燃費計算だけで車買うかな?

僕は全て話半分だぞ!

それを今更 公表して何になるのか?

そもそも 日本経済を支えて来たのは自動車産業だとおもう

メーカーだけじゃ無く 下請け工場も多く有るよね

それらに殉ずる 人々の生活も奪うわけ?

じゃあ 税収は?

あったま悪いよね! 正直ばかりが正しいとは思えないけど

明日はスズキの再報告 それによって処分だと?

で、どんな処分するんだろ?

場合によって 販売停止なのか?  で君たちどうするの?

益々 負債が大きくなるだけだぞ!

正直だけが全てでないと思う

消費税増税延期もどうなんだろね? 良い事なのか?

あとオリンピックなんて日本でやらなくてもよい

第一 金無いんだから

新国立もいらん やるなら広場で御座敷いてどぞ!

それが今の日本経済だろ!

ここで こんな事書いても仕方がないと思っている

皆 分かってないよ!

一見華やかに見えるこの世界も 実は偽物

資源の無い国 それが日本だ

明日はどうなるかな? この事態 お役人も

ウソを付くべきだ!
D5原液
天天素
三體牛鞭

戦国一の大出世!外国人から見た秀吉像とは?

名古屋在住、日本大好きラジオDJクリス・グレンが語る、日本が誇る錚々たる戦国武将たちの魅力。外国人の目に我が国の英雄たちはどう映っているのか? 

夢を見るということの意味を教えてくれる秀吉


足軽、侍、大名と、見事に出世を重ねて、
ついには、天下人の地位まで上勃動力三體牛鞭りつめたSAMURAI、豊臣秀吉。
前回取り上げた、本多忠勝のように戦いに強いSAMURAIも大好きだが、
低い地位、貧弱な体という、ある意味SAMURAIらしくない
秀吉のことも僕は大好きだし、心から尊敬する。

秀吉は、父が早くに亡くなり、
母が再婚した相手からは、あまり可愛がられなかったため、
母からのすすめもあり、家を出ることを決意する。
その時、母からもらったお金を盗まれていけないからと「針」に変え、
それを売ることで生計を立てていたらしい。
その後も、木炭を売ったり、油を売ったり、いろんなことをしながら稼いだそうだ。
この時も秀吉は、ただ物を売っていただけではない! 
常に、今ある仕事を「誰よりもうまくやる」「一生懸命やる」ということを心がけていた。
一歩ずつ、一歩ずつ、天下に近づくことを夢みて。

このことは、あの有名なエピソードからも垣間みることができる。
織田信長の冷えた草履を懐で温めて差し出した、というアノ話。
(本当は、懐ではなく、背中で温めたという話もある)
「なんだ、草履取りかよ。つまんねーな。俺は、早く侍になりたいんだよ!」
ではなく、今、自分に与えられた「草履取り」という仕事を極めたこと
それによって、人を喜ばせたことが、最終的には天下人への道へとつながることになる。
まさしく、戦国時代最大のサクセスストーリーだ。


最近の若者は「夢を持つ」ことが、少なくなってしまったように見える。
自分のやりたいことより、安定した仕事、リスクのない仕事を求める傾向に
走ってしまうのも、わからなくはないが、
秀吉のように夢を持ち、福源春 1目の前にある仕事に一生懸命取り組み、
夢を掴むことの素晴らしさを
現代人も学ぶべきではないだろうか。

下っ端からの出発でも、天下を取れる! 
秀吉は、そんな「男」のロマンを教えてくれたSAMURAIである。