うつ ならない・悪化させない 予防法

《日光にあたる》

冬は寒さの為に室内に引きこもりがちになりますが、日にあたる時間が少なくなるのが冬季うつの原因とされてますから意識して自然光を浴びる事が最大の予防法になります。
三體牛鞭
治療に必要な明るさは500ルクスくらいで、曇り空の日や、晴れた日中の窓辺でも、同程度の明るさはあり、朝はカーテンを開けて光を取り入れ、散歩など午前中から外出して日光を浴び、窓辺で過ごすだけでも効果があるそうです

《朝起きる時間を一定にする》

朝寝坊して朝の光を浴びる時間が短くなると、体内時計を司る体内時計のリズムが乱れ、日中も眠気が続いてしまいますが光の刺激が減る事でシャキッと目覚める事も出来ず、脳の活動が低下してしまいますが、まずは朝起きる時間を一定にして朝日をしっかり浴びる習慣付ける事が大切です
D10催情剤
1日に浴びる光の量を増やす為には、早起きが基本です

《運動をする》

平日が忙しくて屋外で日光に当たる時間が短い人は、休日の過ごし方を工夫するといいでしょう

家でゴロゴロするのではなくて、なるべく外に出て、日光に当たりながら体を動かしましょう

冬季うつには、光を浴びる事が一番ですが、更にウォーキングなどの軽い運動をする事で気分もよくなり、代謝もUPして冬季の肥満予防に繋がります。
韓国痩身一号
《朝シャワーを浴びる》
朝起きるのが辛い人には眠気を解消して、スッキリ覚醒させる朝シャワーがお勧めで、お湯の温度は41℃くらいのちょっと熱めに

朝シャワーは疲労感を減らして、気分を爽やかにする効果があると言われています

3分~5分程度、お湯を肩首、肩、背中にかけシャワーの水流や温度が皮膚に適度な刺激を与え、交感神経が活性化される為に午前中から活発に行動出来るし、暑い季節でも冷水によるシャワーは避けましょう

《昼らしい・夜らしい生活をする》
朝日を目で捉えないと私達の体内時計はリセットされずに、起床時間が毎日1時間ずつ遅れて行きます。

日中に暗い環境で過ごしたり、夜に明るい部屋で過ごしたままだと、昼夜にあった心身のメリハリがつかず、リズムが、乱れて不調に繋がり、体内リズムを正常に保つ為には、昼から夕方まで光を取り入れて、夜は暗くすると言うメリハリの環境で生活をする事が大切です。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others