<中国主席>「THAAD配備は反対」韓国大統領に伝える

中国の習近平国家主席と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は5日午前、主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開催中の中国・杭州で会談した。両首脳の会談は、米韓が7月、在韓米軍への地上配備型迎撃システム「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の配備を決定して以来、初めて。中国国営新華社通信によると、習氏はTHAAD配備は「地域の戦略的安定性を損ない、紛争を激化させかねない」と反対の意向を伝えた。威哥王
聯合ニュースによると、朴大統領は「安全保障上の多様な挑戦に、新しい視角と対策が必要だ」と発言した。

 新華社によると、習氏は中国が朝鮮半島の非核化や平和の実現に向け関与すると再確認した。韓国側は対北圧力強化を求めている。
巨人倍増
 THAADミサイルは北朝鮮の核・ミサイルに対抗するため米韓が導入を決めた。だが中国政府は配備の撤回を要求。中国メディアもTHAADに反発する記事や論説を多数掲載するなど、韓国に向けた圧迫を強め、中韓関係に亀裂が走っていた。習氏は3日のオバマ米大統領との首脳会談でも反対を伝え、中国の安全保障上の利益を尊重するよう求めた。超強黑倍王
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others