顔をのけぞらせ

あたしとミディアスは、あたりを見回して、すぐに地下牢の入り口に人影を発見した。
まだ子供と言っても通用しそうな小さな人影。それでも、顔をのけぞらせ、ふんぞり返って、高笑いを続けている。
「アンナ!」

ミディアスの声で、ようやく高笑いを止めた。ゆっくりとした足取りで地下牢の中の通路を進んでくる。
「オーホッホッホー。ミディアス、いい気味だわね。どこへ逃げようとしてもムダよ! 最初に会ったときに言ったでしょ! あなたはわたしのものだって。あなたはわたしのものにならなくちゃいけないって!」
そして、あたしたちがいる牢の前に声の主が立つ。その姿は、太陽の光が固まり、まとまったような長い髪をもつ少女だった。
少女は、ミディアスに負けず劣らずの美形だった。完璧なパーツ。完璧な配置。当代きっての名工が精魂込めてこしらえた人形が、神の眼にとまり、そっと命を吹き与えられたような、そんな神秘的な現実離れした雰囲気を持つ美少女。そんな少女があたしたちの牢の前に立っているのだった。

「「う、うそ……」」
期せずして、あたしとその少女が同時に同じ言葉をつぶやいた。
あたしは、そのあまりの美貌に信じられない思いで、でも、彼女は、なんでそんなことを? あたしって、彼女と同様に見た眼が信じられなくなるほど美しいとでもいうのかしら?
「だ、だれ? あなた、だれなの?」
あたしを指差して、詰問してくる。
「ミディアス、この女は、だれ? だれなの?」
えーと……? なに、これ?

ミディアスは、あたしの隣で苦笑を浮かべている。
「ミディアス、答えなさい。この女はだれなの? なんで、ここに一緒にいるの?」
ミディアスは肩をすくめるばかり。
「なんで、答えないの? あなたは、わたしのものなのよ。答えなさい。わたしの質問に、ちゃんと答えなさい!」
大きく見開いた眼。怒りがこもっている。

朝、猫といっしょに

額に感じた軽い衝撃と爪があたるするどい痛みのせいで、今朝も眼が覚めた。
まぶたを開けると、至近距離でピーターの樓按鼻がヒクヒク動いているのが見える。
「おはよう」
いつものようにやさしく声をかけると、さっきと同じ鳴き声。
「ニャァ~~~~」
腹減った。エサくれぇ~ って。

ベッドから起き上がると、勉強机の上のスマホを取り上げ、メールチェック。
昨日、眠ってから、だれからもメールは来てないようだ。みんなまだ寝てるのかな?
さっそく、おはようのメールを作成して、登録してある友人たちに送信。
そのままベッドの上でぼうっとして、昨日の夕方から降り続いている窓の外を眺める。やがて、
手の中のスマホが震えた。メールの着信だ。
『おはよう。今、起きた』
詩穂からだった。つづいて、早苗からも。
窓の外の風景や返事のメールを眺めていたら、しだいに頭の中がはっきりしてくる。
私の隣で、ピーターがまた「ニャァ~~」と鳴く。その背を撫でてあげてから、ようやく、ベッドを抜け出した。

パジャマのまま下へ降りると、コーヒーの匂いが充満している。テーブルにパパが着いていて、朝刊片手にコーヒーを飲んでいるのだ。コーヒーを飲んでいるってことは、もう朝食はすませPretty Renew 代理人たのだろう。
「おはよう」
「おはよう。顔洗っといで」

そうして、私は洗面台へ向かった。
さっぱりして、顔をタオルで押さえながら戻ってくると、パパはもう玄関にいて、
「いってくる」
「いってらっしゃい」
ドアを閉めて、出かけていった。
玄関には、パパがさっきまで突っかけていたスリッパが転がっており、さっそく、眼を輝かせたピーターがそのスリッパとプロレスごっこ。ふがふが鼻息も荒い。
「ほら、ピーター、ごはんだよ」

スリッパに抱きついた格好のまま、私を見上げている。私が、台所へ向かい始めると、跳ねるようにして追いかけてきた。

腹減った。エサくれぇ~

エサ皿を山盛りにすると、すぐに腹ペコ猫が頭から突撃してくる。
カリカリと渇いた音を立てながら、一心不乱に食事をする。尻尾が、左右にゆったりと揺れている。それを見ていPretty Renew 代理人たら我慢できなくて、首の後ろから、背中、シッポまで、撫でた。
一度、ピーターが顔を上げた。けれど、私の顔を確認すると、また何も言わずに皿にもどった。

見ず知らずも同然

「さっきベンチに座ってたらさ。なんかどこかで会ったことある女の子が目の前に座っているからさ、だれだろうって考えていたんだけど、ほらさっき窓口で名前を呼ばれたときに気がついたんだよね。あ、そうだ、あの斉藤さんだって」
「あ、そうなんですか・・・・・・」
「で、ついつい懐かしくなって声をPretty Renew 代理人かけちゃった。ゴメンね、突然に」
「あ、いえいえ。全然」
私たちは、並んで歩きながらセンターの最寄り駅を目指す。富永くんも今日は電車だったらしい。
「ここって、車より電車の方が断然便利な場所にあるからさ。それに通勤で毎日通過する駅だから、定期使えるからね」
「そうなんだ」
「そうそう・・・・・・」「・・・・・・」
って、会話が続かない。同級生だというけど、正直よくは知らない男性。見ず知らずも同然。そんな人とでも会話を盛り上げるなんて芸当ができるのだったら、いまだに独り身なわけがない。
はぁ~
「あ、ごめん。こんな話題つまらなかった? ごめんね」
「あ、いえ、いいんです。全然」
どうやら、心の中だけでついてたつもりのPretty Renew 代理人ため息、口から出ていたみたい。
富永くんは必死になって頭を下げてくれるけど、むしろ、申し訳ないのは私の方で。
「あ、そ、その、気にしないでください。今のは、ちょっと考え事をしていて・・・・・・」
って、それはそれで相手に対して失礼だよね。一生懸命に話しかけてきてくれている男の人の話を聞こうともしていないってことなんだから。
なにやってるんだろう。はぁ~
「そ、そうなんだ・・・・・・」
富永くん、すこし涙眼Pretty Renew 代理人だよ。ごめんなさい。
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
6
7
8
9
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others