に迷惑強制

私はこのお不動様が大好きだ。
中に人がいないのをいいことに、10分以上お話をさせていただいた。

櫻井識子さんが「不動明王は仏像を通さないとコンタクトできない」と書いていたが
私は、それはあり得ないと思っている。

不動経に
この不動明王はその所為なし ただ衆生の心想に住まい給ふ
とあるからだ。

不動明王に限らず、心の中に神様や仏様をしっかりと据える。
そして自分の神性・仏性を信じて生きる。

信仰は、究極「自分を信じ、自分を大事にする」ことだと思っている。
金儲けや、人集めなどで他者をかけるものではない。他者にするものでもない。

ましてテロなど論外。


私が高幡不動に時折参拝するのは、多分自身のぶれに悩んだときに
そのお姿を見て安堵したいからだと思う。

だが、いつも天気運や旅行運は良いし、交通事故にも遭わず、火事にも見舞われない。
常にお不動様に守られている感じはある。

仏像がなくても、心を寄せることは可能なのである。
だから、お守りやお札を授与していただくことはあっても、家に仏像を設置する予定はない。
私の心想に鎮座していただくほうが望ましいからだ。

も誰かに負てと笑

順番に自己紹介をしましょうというのが昔から苦手だ。そもそも注目を浴びるのもいやだし、自分知ってもNespressoらおうという気持ちがものすごく希薄で、とにかく早く終わらせて次の人に回そうと早口になってしまい、終わってからいろいろと後悔をするのが常だ。
 
 今日もそういう自己紹介の場があったのだが、なんと、今日のわたしは名前を言うところからして今までと違うぞと感じた。自分の声が自分の耳にはっきり聞こえるし、ひとりひとりの顔はまだ見られないけれど、まっすぐ前を向いて早口にもならず堂々としているじゃないの。

 演じていたんだなあと、後で思った。朗読劇効果なのかな。
 それとも歳を重ねて図太くなった?

 今日はいろいろ褒めていただいたし、じぶんでも満足で、努力の甲斐があったなあと思っているのだ咖啡粉囊けど、その一方で、褒められた場面においてわたしはどういう言葉を返したりどういう顔をしているのが正しかったのかなあというところが多少気になっている。どこかでだれかに「鼻持ちならない」と思われていないだろうか、お世辞を真に受けわれていないだろうか、etc. 要するに、不安。負けずに褒めないとなぁ……。わたしに足りないのはたぶんそれだ。

 もっと上手になりたい。でも目立ちたくない。誰かの後ろにいてみんなと誰かを褒めているだけの方が楽だ。でけたくない。乙女心は複雑。


追記:たった今、こんなコメントをいただきました。

「じぶんが誰かをほめたときにその人がどんな反応だと安心でうれしいかなと考えてみて思いつくようにじぶんも振る舞うのがよきように思いますです」
 
 そうだ。誰かを心から褒Nespresso咖啡機めた時に「いえいえ、わたしなんか全然」とか「いえいえあなたこそ」と返されるのは本意ではない。だからわたしはそういった謙遜がうまくできないのかもなあ。

言い誰より

「誰からも忘れられた、空っぽの井戸がぽつんとあると思ってみて?」

 「うん」

「その涸れた井戸の蟲草Cs4中をこうやって覗き込むわけよ」

 「うん」

「雨降りの夜なのに、井戸の底には満天の星空が見えてさ、
 ふたりで井戸の縁に手をかけてずうっと覗き込んでいると、そのうち世界がぐるぐる回りはじめるんだ。まるで、遊園地のコーヒーカップみたいにね……」

「あんまり回るから、ちょっと気持ち悪くなりそうなんだけど、その井戸の中でめまぐるしく変わる光の蟲草Cs4美しさったらなくて……
 どう? そんな井戸」

 「あのさ……」

「ん?」

 「それ、涸れ井戸スコープとかたいんじゃないよね?」

「あ……」

------

 ちょうど10年前の過去ログを見ていたら、いろいろ、あった。
 その中のひとつ。
 おそらく、その頃から知っ蟲草Cs4ている人はほとんどいないだろうし、じぶんが忘れていた。

 それにしても、変わってないんだなぁ。

我們的故事

花開花落,情起情滅,一切都怪不得他人;一切都不能歸狠;只能說緣分太淺;我們還未成長,曾經我認為,我們會一直那樣走下去,一直會開心的一步步走向婚姻的殿堂;如今才發現,自己錯了;兩小無猜,青梅竹馬;僅僅是個美好的過去;又有幾個相愛的人能一步步的走到生命的終頭;又有幾個人能夠真正的做到,一生不離不棄,三世三生永相隨;都會因為各種原因分離,因為各種變故相棄;如今我的只能以此種方式,來懷念我們的曾經,來從中的到一絲絲溫暖。

她是天之驕子,從小便是優秀的人,從小便被各種光環所籠罩;遊走於各種人群之中,善於處理各種複雜的關係;不斷地得到各種老師的稱讚,她是那樣的高貴,是那般的驕傲;令人高不可攀,難以企及;而男生呢,則是一個木訥,無知的少年;只知道靜坐一隅,安靜的讀書,靜靜的注視,無論女生在何處,男生總會坐在她的面前;男生從看到女生第一眼開始便喜歡上了,那雙巧笑嫣然的雙眸,那悅耳的聲音,素面朝天的面容;

男生知道,他們之間一定不可能有好的結果,可是他還是愛了,還是如飛蛾撲火般向女生表白,也許是出於憐憫,也是是因為感動,女生答應了交往;男生很開心也很激動,於是男生開始發生了變化,他不再遊戲天下,不再抱著對世事無所謂的態度,開始了自己的修心之旅,他知道,鷹的伴侶,終究還會是鷹,他需要努力,給予女生,她想要的生活;他努力學習,用了很長時間學一些東西,女生曾經說過她喜歡古典,喜歡鋼琴,想要學古箏,願意跟男生一起下圍棋,飲酒,作詩;她還想跟男生一起旅遊,一起在桃花樹下,盡情玩鬧……

有一天,男生把女生帶到了那片桃花之地,帶到了他久久尋覓的地方,握著那雙柔柔的手掌,鄭重的說:“此情三生不渝,此意滄海可鑒,從此之後,你便是我此生唯一的方向,你,便是我今後不渝的愛戀”,女生聽完之後,雙眸泛起了點點淚滴,隨風飄揚的秀發,顯得如此脫俗,在桃花深處;

他們有了約定;花費了幾年的時間,男生會了一切,為了學習那些東西,他跋山涉水走過無數地方,遇到了很多女子,可是他禁住了誘惑;未曾向一個女子動過心,也未曾跟一個女子說過一句話,男生知道在某個地方還有一個女生在靜靜地等著他,每天他們之間都會有很多聯繫,不斷訴述彼此的相思之情,但是他無悔亦然無怨,為了她,哪怕是墮入地獄,又有何妨。

當有一天,他學成歸來,卻看到另一幕,女生再跟另一個男生纏綿,再向別人展示她的溫柔,她放下了所有的尊嚴與驕傲,只為博得他人一笑,男生走過去問女生原因,為何這樣輕易就改變了,女生微然一笑,“當初跟你在一起,只不過是無聊,只不過想讓你改變而已,誰讓你那麼笨,還把一句話當真了”,“那你為何還要與我聯繫,與我纏綿?”男生問道,“因為每個人都想證明自己有魅力啊”女生顯得如此驕傲,是啊,每個人都喜歡玩曖昧,為了這曖昧,不惜傷害一個人,不惜讓他痛苦一世,這就是你想要的。

走入過往遺忘的時光

某個街頭,一個熟悉的背影,嬰兒濕疹便窮追不捨,停住的那瞬間,看到陌生的面孔,才頓悟,只是一個背影,才發現你早已消失在人海的匆匆背影中,今生或許也只是在積累下輩子的眸光。多少次在夢中都能回到過去的青澀甘甜,多想沉浸夢中,可意識時刻提醒我,你走啦!而且很久很久啦,久到所有人都忘記了我們的故事。然後在夜深人靜的時候醒來,細細品味那點失落,那絲淒涼。

當愛已成習慣,孤獨也就形影相隨。嬰兒敏感無論我走過多少路,抽過多少煙,依舊形單影隻。淒涼孤獨它們依舊相隨,不曾言愛,也不曾言棄,至死不渝。或許它們懂得當初心靈那點悸動。是否在我們沒有達到完全相互信任時,過分消耗對方對自己的愛與熱情,失去了心靈的那點悸動。

曾經霜雪淒景,卻因有你而曾添柔美,落花淒涼,只因有你,在雨中充滿歡暢。你用你虔誠的靈魂,揮動你纖柔的手,佛過一片花瓣,輕嗅它的清香。如今卻讓我一個人享受這孤獨的寂寞,銷魂的淒涼,回首處,愛,已曲終人散。天空飄著細雨,那個女孩漫步在雨中,輕盈的步伐,踏響地上殘留的雨水,發梢凝結著一顆顆晶瑩的水珠,她的身影那麼柔,那麼美,這些記憶是否能讓時光劃破。

下個路口,我們可否拾回當初那點愛。嬰兒濕疹換回心靈那點悸動,因為它是那麼的珍貴,隨海長流,逐光而進,永不消散。我們是否還可以相信那個傳說:水天接處,天涯海角,永不分離。可無論怎麼樣,那點悸動,終究會完成那些遺失的諾言,因為它是如此如此的珍貴。

暮春到了,殘花還在風中綻放著,那落地的花瓣,可是帶有憂傷,而那片荼蘼,那朵丁香,依然綻放出刹那芳華的美好。我站在窗前,寧靜的望著哪那個地方,風帶走了花瓣,而殘留的香氣卻隨風飄入我的鼻,於是我的思緒也隨著那絲絲縷縷的清香。

我喜歡風,因為風可以帶給人一種過往的氣息,只因我喜歡回憶。我喜歡雨,因為雨可以帶人有一種憂傷的情感,只因我喜歡那個丁香般的你。我會在風起時站在窗前,聆聽那年的竊竊私語,感受回憶。我會在雨天裏撐傘漫步,只願能追尋你的步履,踽踽獨行。縱然,有時候你並不在我視線裏,不過沒關係,就當是一場夢的旅行,不哀婉,不惆悵,只有淡淡的憂傷,融進那片雨聲裏,回憶,寂靜。

有時我會想起一句話,在寂靜的時候。你曾對我說:“知足常樂,才是人生的好風景。”我也曾一直惦記。可惜你偏偏常憂傷,猶如丁香一般。你喜歡看落葉落下時的飄搖與自然,於是我也在秋末時感受涼風拂落葉的孤冷。你喜歡看雪花落地時融化清冷的刹那,於是我也在冬季的窗前張開雙手細數落在手心的每一寸冰涼。我曾習慣跟隨你的翅膀飛翔,也曾為了你落入塵網。你是那株丁香,帶有憂傷與惆悵,卻又告訴我快樂與安詳,可是,如果你帶有憂傷,那我又何來安詳。你的清香已深深將我帶入那包裹住的憂傷裏。