言わなきゃよかった

ファースト・フードで昼食をとっていたら、食事を摂るテーブルの上に子供を立たせているお婆ちゃんらしい初老の夫人が子供を見守っていた健康食品。 

そこへ子供の母親らしい人が戻ってきて、お婆ちゃんと話をしていた。 その間、3才くらいの子供はテーブルに立ったまま埋線。 

 最近の親は、子供の行儀をとやかくいう人は少なくなっているのかなァと、娘に話をしたら、「最近は、よその子供の行儀の悪さを注意をする年寄りは少なくなっている」と、チクリ。 「私の子供の頃はよく、よそのお婆ちゃん、お爺ちゃんに注意された」 とまたチクリ。 言わなきゃよかった鋁窗

悪霊、たいさーん

いよいよ節分が近づいて参りました!

ワタクシ、年間行事で節分が一番好きです香港酒店預訂


節分が来てやっと年が明けたぞーと思えるんですよー!

毎年、必ず自分にも豆をぶつけて貰います香港如新集團

悪霊、たいさーん!!

ぐらいな勢いで、豆をビシッとぶつけて貰うと

厄払いしたスッキリ感が得られます。

もちろん「福は内~」もビシッと!

節分はこうでないと…と思っているので

手加減して私に向かってゆるく豆を投げようもんなら

「生ぬるい!そんなじゃ厄払いにならないじゃん!」

と、夫にやり直しを命じます!

部活かよ…ぐらい厳しいですよ、節分のワタクシは(笑)

さ、そんな大事な節分が来る前に

頼まれたものはどんどん作らねば!

と、毎日絶賛夜更かし中です
兒童健康食品

温故知新「平将門の怨霊」

日本最強の怨霊と称される平将門(たいらのまさかど)の首伝説に触れてみよう。 まず、朝廷への謀反だが、これは確かなことで、将門自身も自分を「新皇(しんのう)」と称していることからも判る。 彼は、ごく普通の武将と同じく戦いに明け暮れ、戦死している。 ただ、朝敵として将門の首は平安の都(京都)で「さらし首」になっている。 しかも、胴体は将門の弟の手によって下総の国(茨城県)に葬られた。 ここから、将門の怨霊伝説がはじまるのだsmall dc geared motors

 さらされた将門の首は、数日間「胴を返せ~」と喚いた末に、「胴塚」を指して飛んで行く。 ところが、岐阜県のLED Bulb Price「隼人神社」の上を飛んでいるときに、この神社の隼人神に矢で射られ落下する。 祟りを恐れてこの首を東京都千代田区にある「平将門の首塚(将門塚・しょうもんづか)」に手厚く葬ったとか…。

 伝説というものは、伝わって行く過程で、面白く、可笑しく、恐ろしくデフォルメされていく。 将門伝説の場合は恐ろしく、ことに江戸時代に入ると、この手の因縁話、怨念話が持て囃されて、さらに伝説の完成度を上げて行ったに相違ない。 

 では、近年になっても祟りがあるのは何故だろう。 こんな余話がある。 昭和中期ごろの話だろうか。 将門塚の付近で2つのビル建設工事が行われた。 ひとつは、将門塚を意識して、Phytonutrient丁重にお参りをして工事を開始した。 もう一つは、「そんな迷信など糞くらえ」とばかりに将門塚を無視して工事を始めた。 お詣りをした方の工事は何事もなく完成したが、無視した方は地下工事の際に事故が起き、二人の人間が死んだ。 これは将門の祟りだと噂された。

 この「怨霊の祟り」話を考えてみよう。 お詣りした方の責任者は、将門伝説を恐れたのかどうかはわからないが、このような迷信でさえも疎かにせず、安全のために心砕いたわけである。 事故を起した方の責任者は、迷信に対して無頓着であるばかりか、安全意識も薄かったように思える。 このような工事事故は、全国に結構起きている。 昭和後期に入ると安全意識が高まり、危険予知だの指さし呼称だのと安全第一が徹底されるようになり、事故は少なくなった。 この事故は、祟りなどではなく、明らかに人災であろう。

 怨念といえば、以前このブログの記事に書いた「大津皇子」の方が強かろうと思う。 何の罪もない十代の青年が、都に住む姉に逢いに行ったばかりに、謀反の濡れ衣を着せられ、首をはねられたのだから…。

 大津皇子は、大阪にある二上山で、怨霊とはならず穏やかに眠っている。