成功を祈ります

良吉は江戸へ帰った。しかし、ご無念はかならず、と言ったものの、どうやったらいいのか、それがわからなかった。
 江戸では相変らず、切腹してしまった浪士たちの人気が高い。討ち入りの前、義士のひとりがここで働いていたと孕婦按摩称する商店がふえた。それで客が集り、景気がよくなる。そんなのが何十軒もあった。浪士の似顔絵が売れ、浪士の名をつけた菓子が売れた。軽薄な町人たちめ。
 ますます良吉は立腹する。忠義をあらわし、武士道を発揮し、平和や繁栄より高度なものが存在することを、世に示したい。それには、どうすればいいのだ。
 大石の遺族の首をはねてやるか。しかし、調べてみると、長男の主税は切腹しており、あとは女子供ばかり。
 当時の規定で、武士の罪は家族におよぶ。事件に参加した浪士たちの遺族のうち、成人男子は、出家した者を除いて、みな遠島となっている。遠島では、手の出しようがない。
 死をもって世間に抗議し孕婦按摩てやろうか。いや、それはだめだ。江戸の町人たちが、また落首で笑いものにするにちがいない。
 ちらほらと、浅野家再興のうわさが聞こえてきた。浪士たちを義挙とみとめたからには、浅野内匠頭の弟、大学に家を再興させるべきだとの意見。大奥を通じての運動がなされているともいう。
 良吉は、またも落首をはってまわった。
〈|浅《あさ》|野《の》日が西からのぼりめんどりが、時をつげいて論語大学〉
 論語、孟子、中庸、大学を四書と称し、儒教の根本となっている。その落首を、湯島の聖堂にべたべたとはった。儒学を好む将軍の綱吉がたてたもの。
 ここで綱吉は、みずから論語を講じ、大名たちに政治は仁と義でおこなうべしと話した。聖堂の長は、綱吉の信用のある学者、林大学頭。
「この皮肉なら通じるだろう。吉良家をつぶしたうえ、浅野家の再興などさせてなるものか。よし、大学を討ちとろう」
 大学は西のほう、芸州広島の浅野の本家におあずけとなっている。良吉はそこへむかった。途中、三河で生家の黒潮屋へ寄り、また金を借り出した。
 長い道中、そのただならぬ表孕婦按摩情を見てか、旅の武士が話しかけてきた。
「こんなことをお聞きしてはなんだが、なにか重大なお仕事のようで……」
「さよう、大望のある身なのです」
「さては、かたき討ち。ご。それでこそ、武士。助太刀いたしてさしあげよう」
「ありがたいお言葉……」
「で、どなたのかたきを」
「わが主君のうらみを晴らさんがため……」
「それはそれは、ますますいい。こういう時期ですから、成功すると一挙に名があがりましょう。所在はわかっているのですか」
「はい。かたきのいる場所はあきらかです」
「その、貴殿のご主君の名は……」
「吉良上野介義央でござる。みどもはその浪士……」

の結婚式だ

さっき実家から戻りました。

さっさと片付けしてゴハン炊いて一人のんびりしてます。

6日間も実家にいたのは鑽石水相当久々だったなぁ。

でも長くいると帰るときに切なくなってしまうね。

お母さん寂しそうだし。。


このタイミングで家に帰れば当然能量水話題は結婚のことばっかりだったけど

あー 結婚ってのは2人だけのことじゃないんだよなー っていうのを

ひしひしと感じました。

ちゃんとやらねば。。嬉しさと共に不安も大きく。。

頑張れ自分。相手と多少温度差があっても一生に一度。

悔いないように頑張るぞー。

ここにもウェディング系の日記企業培訓>が増えると思われますがよろしくです。


さー 明日からまた仕事頑張ろうっと。

人間が憎い

意識が芽生えていく頭の中を無理矢理塞ぐように地に伏せて動かない僕は、瞼を閉じつつ夢うつつで思い出していた。――――ここへ来るキッカケになった事をだ。
 コンビニに行くと母にウソをつき、そのまま夜の学校へと向かった事になっている僕は、あっちではそのまま消息不脫毛優惠明の失踪者扱いになっているのだろうか。
 あの関西出身らしき警備のおっちゃんも、ふいに消えた生徒を名乗る男に、今頃幽霊に出会ったような気分になっているのかもしれない。今覚えば僕のあの一連の行動は、中々に挙動不審っぷりだったからな。
 勉強に未練を残した生徒が夜な夜な校内を彷徨い歩いている。夜、電話が鳴ったらご注意を――――
 そんな怪談話が広まり、七不思議が八不思議になっていたらどうしよう。
 誤解を解くべく「それは僕だ」と言った所で「は?」と一蹴されるのがオチだ。この手の話はいつも本人の与り收副乳知らぬ所で、怪談だけが一人歩きをする。
 しかも尾ひれ背びれを片っ端から装備して、もはやなんの生き物なのか判断が付かない程に。
 一度沸いた噂話など、得てしてそういうモノなのである。

「ん……んん?」

 なんだろう。布団の中から違和感がする。何か腹のあたりがモゾモゾと……
 大魔女様……じゃなかった。オーマが目覚めぬ僕に何かイタズラでもしてるのだろうか。昨晩はお気に入りの名前を付けてもらって、かなりテンションが上がっていたからな。そのテンションがまだ維持されているとしたら、全然ありうる話だ。
 しかし僕はそれでも目覚めない。そりゃ最初は知らない世界で混乱していたからな。ロクに眠る事も出来ずに、目を閉じても浅い夢の中をただただ漂うだけだった。
 しかし今は違うぞ。片っ端から巻き起こる不思議ワールド全開のこの世界に、僕は順応する術を覚えたのだ。
 ――――夢だ。何か不思議な事が起詩琳こる度に、今僕は夢の中にいると、そう自己暗示をかけるのだ。そうすれば何が起ころうと全て受け止められる。
 森を吹き飛ばす女、トカゲが突然変異を起こしたかのような竜、戒律王を名乗る闇の中の目玉、人食いラフレシア等々……
 いかにもこの夢に出てきそうな連中が目の前に現れ、眼前で好き勝手をするのならば、こちらも好き勝手できる世界にトリップ――――夢の中にいると思い込む事で、何が起ころうと「はいはい」と薄いリアクションで馴染む事が出来るのだ。
 さあこいよ。不思議共。お前らがどれだけ束になってかかってこようと、もはや僕が驚きの顔を見せる事は――――


――――ブワッ


「……」


……さっそくお出ましか。今何が起こったかを説明しよう。今腹の中のモゾモゾが急に激しく動き始め、そのまま僕の服を出て飛び出していったのだ。そしてその勢いで、被っていた布団を空に向かって吹き飛ばし、謎のモゾモゾは無事外へ帰る事ができた……というわけだ。
 下らん。どうせ布団捲り用の魔法でも使ったんだろ。ここにいる連中はどいつもこいつも荒々しいからな。しってるか? 朝は体温が低下しているから、布団を捲って急激な温度の変化に晒すのは健康によくないんだぞ。デリカシーのない連中め。これがキッカケで寿命が縮んだら、その分はお前らが立て替えろよな。

「……随分ダイナミックな起床ですね。アニキ」

 山賊達は突然宙を舞った布団に驚いている。はは、じゃあやっぱりアイツの仕業か。
 魔王め。あの手この手で人間を苦しめやがって。そんなにか。ええ? 僕に伝説の剣を手に入れる機会があれば、美人僧侶と腹筋の割れた戦士を率いて即座にお前に攻め込んでやるのに。

てまた登り

天に轟く咆哮と共に、地を這う竜の眷属の巨体がほぼ垂直に近い岩壁を登りきる。それと同時に地竜はその場に崩れ倒れ、激しい呼吸音と共に頭部を地に伏せる。

――――ここはアルフォンヌ山脈、標高9000m地点。

当初の予想通り、それは坂と呼ぶips整形にはあまりに直線的な”壁”であった為、人を担いでそれらをただひたすらに登る道のりは、大地を這う竜の眷属、地竜と言えどもあまりに過酷であった。

「ごくろーさん。よくやったわ。ちょっと休憩してなさい」

――――グル……

 かの有名なエベレストの3,4つ分はあると説明されたこの山を、このペースで登るのはある意味順調と言えるのかもしれない。
 山の登り始め、麓こそ山らしく木々が密集し、木の葉の裏に昆虫類やそれらをエサとする動物類、そしてさらにそれらを捕食せんとす魔物の類が頻繁に表れたが――――
 気づいたのは3000mを過ぎたあたりであろうか。

 山を覆う土、そこに根付く木々の根、その恩恵瑪姬美容 去印を受ける生物の生きる生命の痕跡が徐々に消え始め、代わりに現れたのは、むき出しにされた山本来の姿――――
 無機質な岩と、何かの拍子に紛れ込んでしまったのだろう生き物の亡骸。
 そして生命のぬくもりを奪う大自然の無常な寒気……山は乗り越えるべき壁と言うにはあまりに非情で、無慈悲で、超えんとする者全てを分け隔てなく平等に、一切の例外もなく、ありとあらゆる手段でそれを阻んでくる。
 この大地の眷属と呼ばれた地竜ですらそれは例外ではなく、彼の力を持ってしてもこの延々と続く断崖絶壁を登るには、それ相応の覚悟がいるものなのであった。

「はい、ご飯。さっき練った調合薬を混ぜといたから、残さず食べなさいよ」

――――グルルル……

 地竜は明らかにバテている。食事を取る品牌維護動きも弱弱しく、人手を借りてエサを口まで運んでもらって、やっと一回の嚥下ができている程度に。
 これで何度目の小休止だろうか。このように酷な断崖を登りきる度に、こうして地竜を一度休ませ、体力が回復した頃合いを見計らっ始め、そしてまた断崖絶壁にぶち当たり……と言った作業を延々と繰り返している現状だ。

「はい、あーん」

 最初こそ竜の癖にだらしないと憤慨していた大魔女様であったが、今ではこうして積極的に介抱をしている有様だ。この行為が以下に過酷で熾烈な状況下に置かれているのかを物語っている。
 もし万が一地竜が力尽きてしまえば最後。人智が届くにはあまりに雄大すぎるこの山々を、あのビル何棟分になろうかという断崖を、登る術などありはしないのだ。
 そしてその一連の光景を、馬車の中で最初から目撃していた僕は――――

方針でずっ

父は驚いたようにルシールを見た。
 やっぱり、誰も父に伝えていなかったんだ。
「どうせ、逃げるのを部下にDR Max 教材反対されて、逃げられなかっただけだろう」
 父は吐き捨てるように言う。
 メレッサは息をのんだ。なんという事を。
「違います! 姉さんは助けに行けと命令したんです」
 これは、ひどすぎる。命を助けてもらったのに、この言い方はあんまりだ。
「姉さんの艦隊は大損害を出しています。それでもお父さんの所へ助けに行ったんです」
「逃げなかった事はなんの自慢に鑽石能量水もならん。もし逃げてたら許さん」
 父独特の言い方が始まった。厳しい言い方しか出来ない人なのだ。
「父さんは命を助けてもらったんですよ。姉さんに誤って下さい」
 メレッサは興奮してきた、絶対に許せなかった。
「なにを生意気な!!」
 父も興奮してきた。
「やめなさいよ、父さん大怪我してるんでから、興奮させちゃいけないよ」
 ルシールがメレッサを止める。
「でも、姉さん」
 ルシールは平気な顔をしている、彼女はあんな事を言われて何とも思わないのだろうか。
「昔からこんなんだから、別に気にしてないよ」
 ルシールと父との付き合いはメレDR Max 教材ッサよりはるかに長いのだ。メレッサが心配してることの方がルシールには迷惑なのかもしれない。
 父は体に巻きつくチューブを邪魔そうに動かしている。メレッサはチューブを整理して邪魔にならないようにしてあげた。
「ミラルス王は殺したか?」
 父が聞く。その問題があったのだ。
「いえ、今、監禁してあります」
 今、父と議論するのはまずい、また父が興奮すると怪我によくない。
「殺せ、お前の手で首をはねろ」
 父は極端な事を言い出す。父はこのとやってきたから、父にとっては当然のことなのだろう。
「少し、考えさせて下さい」
 この問題は、父が元気になってから議論すればいいと思った。
「お前もそのくらい、出きるようにならなければいかん」
 父はさとすように言う。でも、とても無理に思えた。この手に剣を持って人の首を切り落とすなど絶対にできそうにない。
 ふと、父はルシールを見た。
「お前なら、出来るな」
 ルシールに聞く。