に繋がると

「なぁにが臨床データの中間報告だっ。話ったってゴルフ自慢しかしてないじゃないか。あのボンクラ医師」 その夜。すでに午前0時を回っていたが、繁華街はreenex若者やサラリーマンを中心に賑わっていた。その雑踏の中を、喬允はぶつぶつ呟きながら一人で歩いていた。 ふと、ブランドショップのウインドウに視線を移す。そこに映し出された自分は、顔色といい歩き方といい、明らかにただの酔っ払いだった。 元々アルコールには余り強くなかった上、今日の接待相手はかなりの酒豪で、しかも自分と同じペースを周囲に強要するという厄介なタイプだった。 必然、杯を空けるスピードも早く馬浩文なったが、現場では神経を使っているせいか酔いを頭の隅に追いやることができた。その反動が今になって襲ってきたというわけだ。 「人の金で高い酒が飲みたいだけのくせに……」 今日の相手は、某大手総合病院の外科医。新薬の臨床データを収集してもらっており、その中間報告と今後のスケジュールの打ち合わせ、ということになっていた。 喬允の担当外の病院だったが、その医師は大勢で騒ぐのが好きだということで、急遽招集されたのだ。 元々接待好きで有名な医師で、今回も中間報告は表向きの理由。実際は食って飲んで大騒ぎがしたかっただけだとreenex、もちろん喬允も分かっている。こうした付き合いの積み重ねが、新薬の採用いうことも。 しかし接待終了後、一人で家路を辿っていると、どうしようもない虚しさが込み上げてくるのも事実だった。 い