に迷惑強制

私はこのお不動様が大好きだ。
中に人がいないのをいいことに、10分以上お話をさせていただいた。

櫻井識子さんが「不動明王は仏像を通さないとコンタクトできない」と書いていたが
私は、それはあり得ないと思っている。

不動経に
この不動明王はその所為なし ただ衆生の心想に住まい給ふ
とあるからだ。

不動明王に限らず、心の中に神様や仏様をしっかりと据える。
そして自分の神性・仏性を信じて生きる。

信仰は、究極「自分を信じ、自分を大事にする」ことだと思っている。
金儲けや、人集めなどで他者をかけるものではない。他者にするものでもない。

ましてテロなど論外。


私が高幡不動に時折参拝するのは、多分自身のぶれに悩んだときに
そのお姿を見て安堵したいからだと思う。

だが、いつも天気運や旅行運は良いし、交通事故にも遭わず、火事にも見舞われない。
常にお不動様に守られている感じはある。

仏像がなくても、心を寄せることは可能なのである。
だから、お守りやお札を授与していただくことはあっても、家に仏像を設置する予定はない。
私の心想に鎮座していただくほうが望ましいからだ。

も誰かに負てと笑

順番に自己紹介をしましょうというのが昔から苦手だ。そもそも注目を浴びるのもいやだし、自分知ってもNespressoらおうという気持ちがものすごく希薄で、とにかく早く終わらせて次の人に回そうと早口になってしまい、終わってからいろいろと後悔をするのが常だ。
 
 今日もそういう自己紹介の場があったのだが、なんと、今日のわたしは名前を言うところからして今までと違うぞと感じた。自分の声が自分の耳にはっきり聞こえるし、ひとりひとりの顔はまだ見られないけれど、まっすぐ前を向いて早口にもならず堂々としているじゃないの。

 演じていたんだなあと、後で思った。朗読劇効果なのかな。
 それとも歳を重ねて図太くなった?

 今日はいろいろ褒めていただいたし、じぶんでも満足で、努力の甲斐があったなあと思っているのだ咖啡粉囊けど、その一方で、褒められた場面においてわたしはどういう言葉を返したりどういう顔をしているのが正しかったのかなあというところが多少気になっている。どこかでだれかに「鼻持ちならない」と思われていないだろうか、お世辞を真に受けわれていないだろうか、etc. 要するに、不安。負けずに褒めないとなぁ……。わたしに足りないのはたぶんそれだ。

 もっと上手になりたい。でも目立ちたくない。誰かの後ろにいてみんなと誰かを褒めているだけの方が楽だ。でけたくない。乙女心は複雑。


追記:たった今、こんなコメントをいただきました。

「じぶんが誰かをほめたときにその人がどんな反応だと安心でうれしいかなと考えてみて思いつくようにじぶんも振る舞うのがよきように思いますです」
 
 そうだ。誰かを心から褒Nespresso咖啡機めた時に「いえいえ、わたしなんか全然」とか「いえいえあなたこそ」と返されるのは本意ではない。だからわたしはそういった謙遜がうまくできないのかもなあ。

言い誰より

「誰からも忘れられた、空っぽの井戸がぽつんとあると思ってみて?」

 「うん」

「その涸れた井戸の蟲草Cs4中をこうやって覗き込むわけよ」

 「うん」

「雨降りの夜なのに、井戸の底には満天の星空が見えてさ、
 ふたりで井戸の縁に手をかけてずうっと覗き込んでいると、そのうち世界がぐるぐる回りはじめるんだ。まるで、遊園地のコーヒーカップみたいにね……」

「あんまり回るから、ちょっと気持ち悪くなりそうなんだけど、その井戸の中でめまぐるしく変わる光の蟲草Cs4美しさったらなくて……
 どう? そんな井戸」

 「あのさ……」

「ん?」

 「それ、涸れ井戸スコープとかたいんじゃないよね?」

「あ……」

------

 ちょうど10年前の過去ログを見ていたら、いろいろ、あった。
 その中のひとつ。
 おそらく、その頃から知っ蟲草Cs4ている人はほとんどいないだろうし、じぶんが忘れていた。

 それにしても、変わってないんだなぁ。

我們的故事

花開花落,情起情滅,一切都怪不得他人;一切都不能歸狠;只能說緣分太淺;我們還未成長,曾經我認為,我們會一直那樣走下去,一直會開心的一步步走向婚姻的殿堂;如今才發現,自己錯了;兩小無猜,青梅竹馬;僅僅是個美好的過去;又有幾個相愛的人能一步步的走到生命的終頭;又有幾個人能夠真正的做到,一生不離不棄,三世三生永相隨;都會因為各種原因分離,因為各種變故相棄;如今我的只能以此種方式,來懷念我們的曾經,來從中的到一絲絲溫暖。

她是天之驕子,從小便是優秀的人,從小便被各種光環所籠罩;遊走於各種人群之中,善於處理各種複雜的關係;不斷地得到各種老師的稱讚,她是那樣的高貴,是那般的驕傲;令人高不可攀,難以企及;而男生呢,則是一個木訥,無知的少年;只知道靜坐一隅,安靜的讀書,靜靜的注視,無論女生在何處,男生總會坐在她的面前;男生從看到女生第一眼開始便喜歡上了,那雙巧笑嫣然的雙眸,那悅耳的聲音,素面朝天的面容;

男生知道,他們之間一定不可能有好的結果,可是他還是愛了,還是如飛蛾撲火般向女生表白,也許是出於憐憫,也是是因為感動,女生答應了交往;男生很開心也很激動,於是男生開始發生了變化,他不再遊戲天下,不再抱著對世事無所謂的態度,開始了自己的修心之旅,他知道,鷹的伴侶,終究還會是鷹,他需要努力,給予女生,她想要的生活;他努力學習,用了很長時間學一些東西,女生曾經說過她喜歡古典,喜歡鋼琴,想要學古箏,願意跟男生一起下圍棋,飲酒,作詩;她還想跟男生一起旅遊,一起在桃花樹下,盡情玩鬧……

有一天,男生把女生帶到了那片桃花之地,帶到了他久久尋覓的地方,握著那雙柔柔的手掌,鄭重的說:“此情三生不渝,此意滄海可鑒,從此之後,你便是我此生唯一的方向,你,便是我今後不渝的愛戀”,女生聽完之後,雙眸泛起了點點淚滴,隨風飄揚的秀發,顯得如此脫俗,在桃花深處;

他們有了約定;花費了幾年的時間,男生會了一切,為了學習那些東西,他跋山涉水走過無數地方,遇到了很多女子,可是他禁住了誘惑;未曾向一個女子動過心,也未曾跟一個女子說過一句話,男生知道在某個地方還有一個女生在靜靜地等著他,每天他們之間都會有很多聯繫,不斷訴述彼此的相思之情,但是他無悔亦然無怨,為了她,哪怕是墮入地獄,又有何妨。

當有一天,他學成歸來,卻看到另一幕,女生再跟另一個男生纏綿,再向別人展示她的溫柔,她放下了所有的尊嚴與驕傲,只為博得他人一笑,男生走過去問女生原因,為何這樣輕易就改變了,女生微然一笑,“當初跟你在一起,只不過是無聊,只不過想讓你改變而已,誰讓你那麼笨,還把一句話當真了”,“那你為何還要與我聯繫,與我纏綿?”男生問道,“因為每個人都想證明自己有魅力啊”女生顯得如此驕傲,是啊,每個人都喜歡玩曖昧,為了這曖昧,不惜傷害一個人,不惜讓他痛苦一世,這就是你想要的。

走入過往遺忘的時光

某個街頭,一個熟悉的背影,嬰兒濕疹便窮追不捨,停住的那瞬間,看到陌生的面孔,才頓悟,只是一個背影,才發現你早已消失在人海的匆匆背影中,今生或許也只是在積累下輩子的眸光。多少次在夢中都能回到過去的青澀甘甜,多想沉浸夢中,可意識時刻提醒我,你走啦!而且很久很久啦,久到所有人都忘記了我們的故事。然後在夜深人靜的時候醒來,細細品味那點失落,那絲淒涼。

當愛已成習慣,孤獨也就形影相隨。嬰兒敏感無論我走過多少路,抽過多少煙,依舊形單影隻。淒涼孤獨它們依舊相隨,不曾言愛,也不曾言棄,至死不渝。或許它們懂得當初心靈那點悸動。是否在我們沒有達到完全相互信任時,過分消耗對方對自己的愛與熱情,失去了心靈的那點悸動。

曾經霜雪淒景,卻因有你而曾添柔美,落花淒涼,只因有你,在雨中充滿歡暢。你用你虔誠的靈魂,揮動你纖柔的手,佛過一片花瓣,輕嗅它的清香。如今卻讓我一個人享受這孤獨的寂寞,銷魂的淒涼,回首處,愛,已曲終人散。天空飄著細雨,那個女孩漫步在雨中,輕盈的步伐,踏響地上殘留的雨水,發梢凝結著一顆顆晶瑩的水珠,她的身影那麼柔,那麼美,這些記憶是否能讓時光劃破。

下個路口,我們可否拾回當初那點愛。嬰兒濕疹換回心靈那點悸動,因為它是那麼的珍貴,隨海長流,逐光而進,永不消散。我們是否還可以相信那個傳說:水天接處,天涯海角,永不分離。可無論怎麼樣,那點悸動,終究會完成那些遺失的諾言,因為它是如此如此的珍貴。

暮春到了,殘花還在風中綻放著,那落地的花瓣,可是帶有憂傷,而那片荼蘼,那朵丁香,依然綻放出刹那芳華的美好。我站在窗前,寧靜的望著哪那個地方,風帶走了花瓣,而殘留的香氣卻隨風飄入我的鼻,於是我的思緒也隨著那絲絲縷縷的清香。

我喜歡風,因為風可以帶給人一種過往的氣息,只因我喜歡回憶。我喜歡雨,因為雨可以帶人有一種憂傷的情感,只因我喜歡那個丁香般的你。我會在風起時站在窗前,聆聽那年的竊竊私語,感受回憶。我會在雨天裏撐傘漫步,只願能追尋你的步履,踽踽獨行。縱然,有時候你並不在我視線裏,不過沒關係,就當是一場夢的旅行,不哀婉,不惆悵,只有淡淡的憂傷,融進那片雨聲裏,回憶,寂靜。

有時我會想起一句話,在寂靜的時候。你曾對我說:“知足常樂,才是人生的好風景。”我也曾一直惦記。可惜你偏偏常憂傷,猶如丁香一般。你喜歡看落葉落下時的飄搖與自然,於是我也在秋末時感受涼風拂落葉的孤冷。你喜歡看雪花落地時融化清冷的刹那,於是我也在冬季的窗前張開雙手細數落在手心的每一寸冰涼。我曾習慣跟隨你的翅膀飛翔,也曾為了你落入塵網。你是那株丁香,帶有憂傷與惆悵,卻又告訴我快樂與安詳,可是,如果你帶有憂傷,那我又何來安詳。你的清香已深深將我帶入那包裹住的憂傷裏。

放逐我冗長的念想

時光溫良如水,歲月情意綿軟,Pretty renew 呃人我趴在回憶的窗口,細數紅塵深處的遇見,重溫相遇的日子裏,心與心的交融,靈魂與靈魂的相依,讓甜蜜的絮語彌漫耳際,任思念與時光對酌,抵達塵世之外。

那些歲月裏,愛起唇落的花事,留在時光裏深深淺淺的印痕,偶爾,我會用淺淡的文字,描摹隱約,有些漸漸遠去的細節,緩緩地在箋紙上行走,文字裏的秋天,變得五彩絢麗,低窗的紅葉,早已被相思浸染,那三千青絲,為你輕柔纏綿……

在這暖暖的午後,輕輕推開玻璃窗,Pretty renew 呃人讓十月的陽光照進來,不冷不熱,不焦不燥,不滿不溢,剛剛好。斜依窗前護欄,凝視眷念的遠方,想像著彼此是否會在某一天,重逢在紫陌紅塵的路,又見你深情的眸……慢慢的,感覺我離你很近很近……就這樣靜靜的想念一個愛的人,很幸福!也很寂寞。這樣的相思不與他人訴,獨享內心的繁華。

一些相遇,無關風月,卻與文字有染。記得,那年那月那日,你我在文字裏初相遇,你說:“可否與染了墨香的女子共傘?”從此,我的時光就開了花。有雨的季節與你相識相知,靈魂總泛著幽香,每每起風飄雨的夜晚,就會習慣性的想你!想你的時候,時而歡愉,時而靜默,時而興奮,時而無語。

彼此相遇,我常常會有來自你話語的感動,Pretty renew 傳銷那年,我遭遇醫療事故,引起身體許多疾病,出現一臉不堪,我非常懊惱,不想見人。你說:“喜歡一個人,是喜歡她的全部,而不僅僅是外表……”你怎知,那一席話,暖了我整整一個曾經,在寒冷來臨的時候,我都願意靠著你深情的言語取暖。

繪畫一種屬於自己的藍圖

聰明人會躲,笨人會藏,不是躲藏十分的巧合,願景村 洗腦而是智慧和無知的原理來規劃了自己,如果一個人不能擁有理由去追,那麼這個人必然知道什麼是放棄,每一個聰明人都喜歡揣摩,而每一個笨人都喜歡微笑,如果我們的探索在聰明,就不知笨的智慧有多快,如果我們維持笨的條款,就不知道聰明的語言有多陽光,聰明相輔相成,笨也會環環相扣,不要因為而失去因為,也不要注入而失去笨。

你輸的遍地鱗傷,不是因為有金錢,而是生命揮霍無度,不是因為站的高,而是走的太低,說話的每個角度會輸,看人的方式不同會輸,等人的問題會輸,徹底的 盤旋會輸,不知不接的前進會輸,不是輸有價值,而是在這個不等的時候,需要的駕馭無力回天,選擇的方向難以更新,轉變的心靈無法調整,傾心的面對無法賺取 生靈的繪畫,你不會短命,但是不會留下刻骨的故事。

站立在每一個位置,願景村 洗腦都能看到別人的陋習,站立在每一個歡樂,都能用臉上的容顏表達自己的心靈,我們決定的每一句話,未必得到別人的認可,卻可以得到內心 的釋放,對於在奮鬥的心,可以放下一輩子的冷靜去找一個起點,可以找一個奮鬥的總結,不要因為一句否定的格式而誤會了一輩子的前途,很多時候必須準備兩條 路,一條給自己,一條給我未來。

簡單的人永遠簡單,複雜的人也會簡單,願景村 洗腦可是對於思維頻率來說,能把簡單說成複雜,能把複雜說成簡 單,需要一種動力,也需要一種才華,不是每個人都有才華,可是我們可以用自己的經驗來豐富自己的內心,改變自己的演說,找一個題目,畫一個格局,用周圍的 表達去專注一種訴說,用內心的感受去聆聽自己的風景,寫一段時間,說一段生命。

溝通需要追逐,如果不能在提前想好,什麼樣的人說什麼樣的說,等什麼樣的場合說什麼的表達,收穫什麼樣的句子得付出什麼樣的問答,對於那些不懂看的人, 只會聽,反應不出句子的深徹,只有提前規劃,提前準備,用思維的頻率去擴充自己的句子,用生命的角落駕馭詞語的橋樑,改變,改變一種方式,建立一種格式。

只念油菜花開的季節

城外的油菜花開了,金黃色的花蕊迎風搖擺,雖不敵同一時節的海棠花開的嬌豔,但也頗有芬芳。公園裏最常見的櫻花在郊外卻很少見,在這裏沒有飄飄墜墜的粉 色雨,也不見春日溫柔的陽光下蹁躚的影子,HIFU 療程卻有如波浪般此起彼伏的油菜田。我一路騎著腳踏車,賞閱著路旁一望無際的翠綠蔥蔥,黃綠相間,星星點點,惹人垂 憐。

好些日子沒有如此沐浴在這春光明媚的下晚,沒有刺眼的日光,有的只是濃厚的勃勃生機,有時候出門走走,才知道萬物復蘇後是怎樣一番閑情雅趣。我沒有那麼忠於春天的魅力,但總是驚喜它每一次的換新。也許某一次的稍不留神,就會是一片新的景象,比如長新枝了,多了顆嫩芽,新綻放的花朵等等,總之春天的味道就是這樣,總是在你不經意間讓你錯過。

春日遲遲,卉木萋萋。倉庚喈喈,采蘩祁祁。網上訂花四月的微風拂過,迎面撲來一陣菜花香。我揚起頭,放開雙手,大炫車技的同時,多想和大自然來一個深深的擁 抱。油菜花田邊環繞著幾條淺淺的水流,盡頭連著些小山峰,忽然感覺到一份靈動。山窪澗隱約可以遙見幾棵剛發芽的柳枝,飄逸在霞光裏,楚楚動人。

一恍而過,月移花影,當夕陽悄然落幕,便是皓月當頭,群星璀璨。我尋回市內,不禁想起中學時校外的小巷內,那家飄香四溢的小吃店,思索一番,便欣然前往。

那家小吃店十幾年了依然存在,畢業這麼多年,我竟然一次也沒有來過,記憶中的味道香甜可口,而現在的再次回味,依然不減當年。還是坐在小吃店內那個桌角,當年的位子,卻沒有當年的同學們。

還記得那時放學,就和要好的同學來這家小吃店品嘗一番,時間差療法現在再看看四周,陌生的人,卻有著熟悉的空間。老闆娘還是那麼熱情,這麼多年,一直未變。

從青春年少到長大成熟,世事變幻,潮起潮落。儘管油菜花年年都會開,可是歲月的長河卻不會因此而止息。品著同樣的滋味,卻再也不是個懵懂的孩子,沒有 了天真,沒有了青澀,或許對於曾經只剩下些記憶。可是記憶又是什麼?是懷念,是感歎,是惋惜,是無奈,或許美好,或許蒼白,但不論怎樣,都再也不能身臨其 境的去感觸過往。

我們總是匆匆奔跑,忙碌於生活,奔波勞累,或許是為了生存,或許是為了追求,我們結識新朋友,一步一步向前,卻忘記該如何後退。人生不應該只是前進,如果沒有休憩,我們可能永遠也不會知道身後有著怎樣的風景。

它是我們走過的痕跡,是人生的寶貴經歷,它可以是經驗,也可以是啟示。急速流逝的不僅僅是時間,還有我們兒時的感情。身邊的朋友換了又換,那些老朋友呢?老同學呢?是否還有聯繫?那些曾經與我們共餐享樂的同學們,現在又身處何方?

讓心情每天都愉快

捫心自問,鄙人已經虛度58年,真的還有什麼東西值得自己去追求呢?
若講年輕時的追求,那是有遠大理想和宏偉的奮鬥目標的,現如今我的追求只剩下兩個字,那就是“快樂”。

在街上遇見一位在21世紀70年代曾一起工作過的老同事虛擬辦公室,當年是青春活潑、富有朝氣的年輕人,如今已是白髮蒼蒼的老人。見景思情,我不禁想起李白的《將進酒》:“君不見黃河之水天上來,奔流到海不復回。君不見高堂明鏡悲白髮,朝如青絲暮成雪。人生得意須盡歡,莫使金樽空對月。”人生苦短,一晃兒50多年很快就過去了,自己又得到了什麼呢?我覺得,我得到最多的是快樂。當我遇到快樂的時候,我不會把自己的快樂壓抑起來, 更不會把快樂藏起來,當條件允許的時候,我總是能夠讓自己的快樂得到充分的釋放和發揮。當然快樂不是縱情,不是放蕩,因為快樂並不是讓自己犯什麼錯誤,而 是在法律和道德允許的範圍內享受快樂,否則就有可能錯過快樂的光臨,失去領悟快樂的機會,甚至陷入難以自拔的痛苦之中。

快樂是一閃而過、稍縱即逝的那份心情,掉頭髮快樂是雙手捧著熱水杯感覺溫暖在手心彌散開去的溫馨,快樂也許就是在高興的時候能即興起舞,而不去在意舞姿的優美與否。得到快樂不必在意有無喝彩,有無嫉妒,因為快樂才是真實的,我在意的就是生活中的點點滴滴的歡樂。發現快樂,挽留快樂,感受快樂,盡情地享受快樂,當然不要忘了真心實意的感謝快樂!

“人生得意須盡歡,莫使金樽空對月”,“君子愛財,取之有道”。我愛快樂,當然更要取之有道。其中最重要之道就是:“我健康我快樂”。一天有 早、午、晚和上午、下午;一年有春夏秋冬24節氣;一生有幼年、少年、青年、中年、老年,雖然在不同的年齡段有不同的快樂,學生實習但是快樂的基本特徵都是一致 的,那就是在身體健康的同時享受快樂。

從心理學的角度講,快樂只是一種情感體驗,一個人在運動和生活中的內在需要得到滿足或者緊張接觸後,就會產生喜悅,滿意,振奮的情緒。人們希望延長那種運動後的舒適感覺,希望延長如魚在水中飛躍的心理狀態,同時感到時間在飛快地流逝,這就是快樂的基本特徵。許多心理學家甚至將追求快樂看作是人所有活動的內在動力,這樣看來,快樂不僅是人們最基本的一種情感體驗,同時也是幸福的尺規。對於不同年齡的人來說,快樂的差異僅在於所感受的對象或角度不同,而健康和快樂並沒有任何年齡段的區別。

“我冬泳,我健康;我上網,我快樂。”這是在中國冬泳網上盛傳的一句流行語。因為在進行各種體育運動後,在得到身體健康的同時,一定可以收穫到生理上的快樂。同時經常上網,暢所欲言,也可以獲得一種精神享受,感受到心理上的快樂。捫心自問,鄙人已經虛度58年,真的還有什麼東西值得自己去追求呢?若講年輕時的追求,那是有遠大理想和宏偉的奮鬥目標的,現如今我的追求只剩下兩個字,那就是“快樂”。

在街上遇見一位在21世紀70年代曾一起工作過的老同事,當年是青春活潑、富有朝氣的年輕人,如今已是白髮蒼蒼的老人。見景思情,我不禁想起李白的《將進酒》:“君不見黃河之水天上來,奔流到海不復回。君不見高堂明鏡悲白髮,朝如青絲暮成雪。人生得意須盡歡,莫使金樽空對月。”人生苦短,一晃兒50多年很快就過去了,自己又得到了什麼呢?我覺得,我得到最多的是快樂。當我遇到快樂的時候,我不會把自己的快樂壓抑起來, 更不會把快樂藏起來,當條件允許的時候,我總是能夠讓自己的快樂得到充分的釋放和發揮。當然快樂不是縱情,不是放蕩,因為快樂並不是讓自己犯什麼錯誤,而 是在法律和道德允許的範圍內享受快樂,否則就有可能錯過快樂的光臨,失去領悟快樂的機會,甚至陷入難以自拔的痛苦之中。

快樂是一閃而過、稍縱即逝的那份心情,快樂是雙手捧著熱水杯感覺溫暖在手心彌散開去的溫馨,快樂也許就是在高興的時候能即興起舞,而不去在意舞姿的優美與否得到快樂不必在意有無喝彩,有無嫉妒,因為快樂才是真實的,我在意的就是生活中的點點滴滴的歡樂。發現快樂,挽留快樂,感受快樂,盡地享受快樂,當然不要忘了真心實意的感謝快樂!“人生得意須盡歡,莫使金樽空對月”,“君子愛財,取之有道”。我愛快樂,當然更要取之有道。其中最重要之道就是:“我健康我快樂”。一天有 早、午、晚和上午、下午;一年有春夏秋冬24節氣;一生有幼年、少年、青年、中年、老年,雖然在不同的年齡段有不同的快樂,但是快樂的基本特徵都是一致 的,那就是在身體健康的同時享受快樂。

從心理學的角度講,快樂只是一種情感體驗,一個人在運動和生活中的內在需要得到滿足或者緊張接觸後,就會產生喜悅,滿意,振奮的情緒。人們希望延長那種運動後的舒適感覺,希望延長如魚在水中飛躍的心理狀態,同時感到時間在飛快地流逝,這就是快樂的基本特徵。許多心理學家甚至將追求快樂看作是人所有活動的內在動力,這樣看來,快樂不僅是人們最基本的一種情感體驗,同時也是幸福的尺規。對於不同年齡的人來說,快樂的差異僅在於所感受的對象或角度不同,而健康和快樂並沒有任何年齡段的區別。

“我冬泳,我健康;我上網,我快樂。”這是在中國冬泳網上盛傳的一句流行語。因為在進行各種體育運動後,在得到身體健康的同時,一定可以收穫到生理上的快樂。同時經常上網,暢所欲言,也可以獲得一種精神享受,感受到心理上的快樂,前提是要有健康的身體和充沛的精力和體力;讓心情每天都愉快,才會有每天的生活都幸福。讓心情每天都愉快,前提是要有健康的身體和充沛的精力和體力;讓心情每天都愉快,才會有每天的生活都幸福。

判斷的根基去開動話語的傾訴之門

口才,心材,累積才是好才,能力分配就能組起很多的才氣,分析,判斷,理解,包容能獲得應有的改變,能轉變更多的瞭解,那麼簡單的想下,對面有人,心 中無話,那麼面對的時候,別人的分析快,營養師減肥而自己的瞭解慢,那麼判斷的方式就無法敏捷的提升屬於自己的速度,曆練一下想像,問答的時候,想一遍,問一遍,然 後迴圈話語的跟進,隨後做好應有的準備,然後再次的選擇對著空白練習,隨後就能分析對面,分析好壞,理解判斷。

不是每句調整都會出現固定,而是發出話的時候,必須準備迎接話語的變化,以事推時,以話推人,以心推物,理解的層次轉變,調整的分析建立,然後支配應 有的面對,建立剛強的話語,調整時間的事件,隨後安排自己的位置,隨心而分析惡化的淋漓,挑戰,調整,分析更多的思維話,判斷更多的格式化,這樣整理,那 樣猜測,才能選擇,才能迴圈,然後安排思維的敏捷和速度的提升。

要學,要問,問的多了不分析,就會出現難以收拾的面對,工商管理 讀咩學的多了,不去判斷,就會出現難以鏈接的調整,方式的簡單化,屬於心理的整理,算下心中的話 語,計算時間的分配,靈活的安排時間的分析,靈活的挑戰應有的支配,然後支出應有的思維,應對,分析,判斷,得出一種思維,然後用別人的思維理解,得出第 二種思維,用多元素分析,用理論法結合,然後組合時間的話語的靈活性,猜測,判斷。

不是,就是,是與不是,好壞都無錯對,一念之隔,一錯之判也好,但是還要面對明天的面孔,還要迎接明天的話語,而自己的容顏不會改變,而自己的思維若 還是不會改變,再次的如同昨天一樣去提煉時間的話語和事件,那麼得出的判斷和理解,依然是昨天的,而不是屬於今天的,要明白,分析不是為了別人的判斷,判 斷不是為了別人的瞭解,而是為了個人的思維敏捷,和曆練的速度提升。

要明白,難理解,要分析,難判斷,那麼身邊的影子還是在身旁陪伴,那麼深後的養育之恩還在成長,夕陽西下的時候,心中的抒寫已經規劃了嗎?思維的變化 已經分析了嗎?改解釋的時間已經走進了身邊的表達,改曆練的方式已經達到了屬於自己的眼前,面對,對面,其實是一個科學的理論詞,你要知道,時間的理論是 一個方位,心靈的推理方式是多元化的,思維的運轉調整是有很多方向的。

不是時間推你走,而是你帶動時間走,你走也好,搬運公司時間伴隨,你留也好,時間伴隨,身外的話語很多的也開始轉動,心外的事蹟一直的開始連接,而屬於自己的方向未必能打開一道心理的推理之門,心推念,話推事,外有山,心有人,人外連山,山外未必連接著你,你要體會,必須用心感悟,你要明白,必須用思維去分析,你要解釋,必須用。

親吻夏日香氣,追憶似水流年

憑欄遠眺憑欄念,又有歡喜又有愁。

曾幾何時,在時光深處,習慣把溫馨的文字,放在溫
業主貸款暖的小心間,孤單和想念溫潤而柔綿,若即若離,若隱若現,驅之不散。習慣在文字裏自我清歡,把美好的情思,化作飄散的夏日香氣,順著滾滾長江,飄過心海,送抵潯陽江畔,香徹心骨。

滾滾紅塵,總是不忍太多感慨。凝視遠去的歲月,留下了太多太多的悉心追憶,小心翼翼,不願去念想、想念。

寵辱不驚,閑看庭前花開花落;去留無意,漫隨天外雲卷雲舒。獨自整理好心情,風雨兼程,一起追憶似水流年,找尋可遇而不可求的夏日香氣。

擷一株薰衣草,多少愛恨情仇都可以被拋諸腦後;摘一朵含笑花,如麻的思緒將會在想念中飄散而去。微風習習,倦意康泰導遊繾綣,懶散的蒲公英隨風沉沉地睡去,穿越到世界的另一個盡頭,尋找他的她。

憶鋒偏冷,孤單的淩晨,在迷糊中驚醒,找尋不到回味的理由。只是,那年的天空,那年的山丘,那年的年少輕狂,已飄散而去,留下冰涼的枕頭在孤單得抽泣。漫天的小星星,卻笑看著地上來去匆匆的戀人兒。知足的快樂,讓你我願意承受,忍受若即若離的愛。真的,最怕,空氣突然安靜;最怕,想念翻滾著呼吸。你是否在遙遠的潯陽江畔,緊緊握著稚嫩的拳頭,想要穿越時空的隧道,隔離黃昏,忽略黎明,把自己變成透明的顏色,勾勒在我的腦海。

夏日的風,吹皺了一池碧水和寧靜,送來了滿滿一心間的想念和安暖。

年少輕狂,癡人說夢。曾經渴盼著,用力綁架自己的微笑,搶回自己的心跳,做回真實的自我。我願意不停地唱著反調,丟掉滿心的煩惱,就為了讓你不委屈一分一秒。殊不知,夏,是一場追逐。

你說,世間最幸福的事不過相遇,一起觀賞楓葉荻花,吮吸彌漫心間的夏日香氣,讓暖暖的陽光在心間蔓延,讓小心撲通撲通。於是,你收拾行囊,等候著明媚。不期而遇的邂逅,是生命路上優雅的意外。再多的刻意,不過是為了在此刻相遇,相知,相擁。

你還說,幼小心裏的陽光,終將刺破所有的陰霾,融化掉所有秋離帶來的蕭瑟,暖暖地溫潤著一季的皸裂。那我,植一天陽光,一世暖意,抵禦這個冰冷季節中的招搖,與你的天南和我的地北相約,共用我們相約好的闌珊。

好像沉寂了好久,那顆怦然心動的小心髒在膨脹。突然有一種渴望,能夠走出人群,走出喧囂,走出繁雜,走進普羅旺斯,走進情意纏綿,走進潯陽江畔。

總是,站在歲月的晨陽裏,凝望著身後的點點滴滴,遠眺雲淡風輕的天空。冷冷的晚風,輕輕的撫摸著雙頰,卻吹不亂你我滿懷的思緒。似水的流年追憶,就像 沁人脾胃的夏日香氣,悄悄地從指縫美白方法間溜走,只留下你那柔情的發香。多情的歲月,在你嬌美的面龐刻下深深痕跡。望著你,脆弱的心,在纖塵中落寞成了一季的風 花雪月;一世的情緣,刹那間凍結成了美好的海市蜃樓,放下一切,擁你入懷。不語,親吻。

六月的暖風,拾起你的長髮,我的心隨風而舞。

一抹明媚,一指花香。一片鬱蔥,一望回眸。在清麗透徹的陽光下,你,便是一番風景。一盞離愁,一卷情絲,一落想念,一艾情意。在思念幽然的專注中,便是一紙愛河初涉。你我共閱夏日不同的景致,分享相同的想念。

陽光照射下金光閃閃的葉兒,閃出一抹綠色的溫情;漫天飛舞的楊柳,像天使的翅膀一樣,撲打出漫天詩情……一幅多麼生動的畫面啊!我的心驀然升起一種感動。

樹下,草地綠蔭,碎花點點!哦,是誰,把滿天的花瓣灑下,向全世界宣佈愛你。

草地上,發現一棵別致,絳紫色的小花,每朵小花都羞怯的低著頭,卻明顯的張揚著倔強的個性。哇,熏衣!路過的一對戀人驚訝的喊道。原來,她就是梵高畫板上缺少的那抹顏色。

風兒吹著樹梢,葉子沙沙的歌唱,好像很久沒有聽到這個聲音了,駐足閉目。我側耳聆聽,聆聽你的呼喚,一種輕得不能再輕的聲音,我也能聽的清清楚楚。你變換著時空,傳遞著綿延的情絲,我,終於蹙眉微笑,笑顏掠過雙眸眉梢。

我問過你,人這一輩子,被人惦記是一件幸福的事。不是嗎?

一刻盛放,與夏暢敘。一面笑顏,與花低語。還沒來得及盤點手心裏的溫柔,流年的潮水就把我推到了今年的岸邊,望著窗前的風鈴,靜聽你為許下的誓言。風花雪月情未了,與君邂逅非幻虛。這不是輪回的錯愕,這只是不期的相遇。愛的季節,就該植入你我的情絲。

生機盎然的季節,獨自一場繁華,尋找你妖嬈的盛放,找尋屬於我的那一處普羅旺斯。即便彼此不能同遇,也要在蔥翠中再一次邂逅。因為,你會來,所以在如夏季節,我等。

沐浴夏日,親吻香氣。流年追憶,似水容顏。多美。

你的心,是我靠不近的城

時間在耳朵裏飛,飛向一個叫(遠方)的地方,背後是一片沉寂,不敢回頭,怕憂傷刺進血液。隱匿,逃遁,一顆心的漂泊,靠不了岸。我看到春天沒有花朵,只有憔悴的心事,流著眼淚在唱歌,唱著孤獨和寂寞個人美容配方。眼淚背後,是牽掛的心碎,你不能讀懂我的孤單滋味。而我卻能讀懂你的眼淚,你的眼淚裏是牽掛的疲憊。我很在乎你,你若是一條流淚的魚兒,你可知道,我就是那一滴能讀懂你眼淚的水,但是你卻從來沒有在乎過我的憂傷或者快樂。

其實,當我遇到你的那一刻,我就相信了緣分,相信遇到你,就是遇到了美好,從不奢求,你會記得我,會在乎我。

於是,常常告誡自己:我只是你身邊,旋落的一枚秋葉,不經意間,跌入了你深情的眼眸。請不要詫異,也不用歡喜,我會被泥土淹沒,化作塵埃。感謝命運,不小心讓我途徑你的世界,然而,你有你的鍥而不捨,我有我的默默牽掛。你若不記得我,也並不怪你,心裏你有著濃郁思念的根,已經身葬在你的魂魄和血液,我不怪你。請你把我,當作一個過客,私人訂製護膚品會記得你給過的歡樂,也會永遠記住,我們曾經相互取暖過。既然我走不進你的思念,請允許我們相忘於江湖。

你我相識的路,是一條長長的巷子,再回眸,已經看不到曾經深情的眼神。轉身,刹那是心疼葬送的聲音。往前走,是眼淚婆娑的心疼迷離,回蕩的卻只是你和她,昨天念念不忘的甜蜜故事。而我,顯得是那麼的多餘,總會莫名的想起你的微笑。

   而如今,哪里再尋覓到你曾經,留下的微笑著的樣子。心擁抱著陽光,卻感覺不到溫暖,冰涼的思緒,讓心一層層的結成堅硬的冰塊。我試圖不自量力地把它踩 破,讓陽光帶來縷縷溫暖,終究徒勞無功。於是一顆心,學會了寬容自己的情緒,告訴自己,你好我就安暖,默默祈禱快樂與你並肩,4d埋線終究還是放不下你。

繁華的 城市,熙熙攘攘的人群,你挨著我,我擠著你,距離是那麼的近,然而人與人之間的心,卻是那麼的遠。總有那麼詭異的眼睛,不停遊走在的周遭,懼怕,一個不小 心,感覺好像這些眼睛會鑽進身體裏似的,讓血液都開始慌亂。你如何感覺這個世界,你便怎樣去對待這個世界,於是人心糾結,不斷隔閡,攀爬的靈魂向世界逐漸 沉默。

每當夜色涼如水的時候,喜歡安靜的抬頭看看天空,那飄渺的空中,除了月亮,星星和太陽,還有我的思念懸掛著,只要有一縷微風輕搖,便能掀起無數思念的狂潮,不信,你聽風正在向你走來。我無法洞察你的眼,就像我無法參透你的禪,你是我觸摸不到的遙遠。我在木魚聲聲裏讀經,你躲在紫煙嫋繞的雲端,斜睨不屑人間的一切,遙遠的距離,終究是天與地的別差,你和我,夢是欺騙不了沉睡的你,它真實的告訴你,藏在靈魂裏的密鑰和隱憂。

低了的天空,飄落的雲夾雜著樹葉,敲開了思念你的門扉,你一直站在遠方,不曾與我靠近,你的心裏空間只屬於她,一個曾經的她,她給了你所有的美好和牽掛。難以抑鬱的憂傷,讓眼淚在眼角流淌,寂寞的心拖著孤獨的影子,四處張望,等待,是你讓思念生了一對翅膀。穿過叢林峽谷飛揚,夢,那麼,那麼的長,窮其一生的守望,幼稚的以為天涯的你,就是我癡念的原鄉,一直把相思鏗鏘。

看到你對她的念念不忘,還有你思念她的淚光,心愈加想幫你,不想看著你流淚的樣子,原來我是那樣的無能為力,於是我保持了沉默,不去打擾你的思念,而我的心,卻一直流著淚,對著你,我依舊懷著微笑,因為在乎一個人,就是用你的微笑,來軟化對方的憂傷,不管是否在乎你,都不重要,重要的是你的心裏在乎著對方。

這個寒冬,染就了所有的蒼白,是你對她不忘的思念,把你我美好的故事齊腰折斷,心上不盡的惆悵,還掛在混沌的光陰裏,一切都做著悲愴的太息。潛行在寂寞的影子間,不要凝視孤單,給予靈魂的是文字的香氣及恒遠,沉迷於虛幻,是致命頹廢與傷殘,謊言是甜言蜜語,最讓人忘乎本真的舌蜜腹劍。不要祈求實現謊言,時間能攻破謊言的花園,我開始相信,謊言的始祖一定是誓言,落葉秋寒盡飄零,誓言就成了秋風裏折斷的纏綿。

你的聲音,穿過我的耳膜,飛到了湖泊對岸,我曾經把那聲音,當作一種音樂聆聽著,隨著飛去的聲音,始沒有晝夜的追趕。呵,我從春天跑到了夏天,當我看到你時枯葉已經滿地黃,成了秋日的無奈,落去對岸,然,聲音卻消失無尋,只有滿腹不甘,隱忍的是思念。

花兒的落下,填充著秋的寂寞,你的心事,是我讀不懂的迷茫,跌跌撞撞,是那落魄的心傷,一句親愛滴,軟化了所有絕望。夜披了一層冰涼,孤獨守成不盡的斷腸,何處還去張望,皆化作雲煙裏的狂,心在迷離裏逃遁,原來早已經無處躲藏。

我知道,你的心,一直是我到達不了的原鄉,是我靠不近的城。

何か話込ん

曇天。午後一時に起きた。やはり自宅は、ぐっすり眠れる。蒲団(ふとん)のせいかも知れない。兄さんは、僕よりずっと早
Reenex好唔好く起きたようだ。そうして姉さんと、何か言い争いをしたらしい。姉さんも、兄さんも、互いにツンとしている。何かあったのに違いない。そのうち、真相が、わかるだろう。姉さんは、僕にもろくに話掛けずに、夕方、下谷(したや)へ帰って行った。
 夜、兄さんは僕を連れて、神田(かんだ)へ行き、大学の制帽と靴とを買ってくれた。僕はその帽子を、かぶって帰reenex 好唔好った。帰りのバスの中で、
「姉さんどうしたの?」と僕が聞いたら、兄さんは、ちえっと舌打ちして、
「馬鹿な事を言うんだ。馬鹿だよ、あれは。」と言って、それっきり黙ってしまった。それこそ、苦虫(にがむし)を噛(か)みつぶしたような顔をしていた。ひどく怒っているようだ。
 何かあったに違いない。けれども僕は、なんにも知らないから、口を出す事も出来ない。当分、傍観していよう。
 あすは洋服屋が、洋服の寸法をとりにやって来る筈だ。兄さんは、レインコートも買ってくれると言っていた。だんだん、名実ともに大学生らしくなって行くのだ。流れる水よ。R大学にパスして、やっぱりよかったなあ、と今夜しみじみ思った。も少し経(た)ったら、演劇の勉強も本格的にはじめるつもりだ。兄さんは、まず、演劇のいい先生に紹介してあげると言っている。斎藤(さいとう)氏の事かも知れない。斎藤市蔵氏の作品は、日本ではもう古典のようになっていて、僕なんか批評する資格もないが、内容が、ちょっと常識的なところがあって物足りない。けれども、スケエルは大きいし、先生とするには、あんな人が一ばんいいのかも知れない。
 兄さんは、芸術の道はむずかしいと言っている。けれども、勉強だ。勉強さえして置けば、不安は無い。やってみたいと思う道を、こうしてやってゆけるようになったのも、兄さんのおかげだ。一生涯(いっしょうがい)、助け合って努めて、そうして成功しよう。お母さんだって、いつも、「兄弟仲良く」とおっしゃっているのだ。お母さんも、きっと喜んでくれるだろう。
 兄さんは、さっきからお母さんの部屋で、でいる。ずいぶん永い。いよいよ、何かあったのに違いない。じれったい。
 晴れ。学校から正式の合格通知が来る。始業式は二十日である。それまでに洋服が間に合えばいいが。きょう洋服屋さんが、寸法をとりに来た。流行の型でなく、保守的な型のを註文(ちゅうもん)した。流行型の学生服を着て歩くと、頭が悪いように見えるからいけない。じみな型の洋服を着て歩くと、とても、秀才らしく見えるものだ。兄さんReenex 好唔好も、なんでもない普通の型の学生服を着ていた。そうして、とても秀才らしく見えた。
 夕方、よしちゃんが遊びに来た。商大生、慶ちゃんの妹である。まだ女学生であるが、生意気である。
「R大にはいったんだって? よせばいいのに。」ひどい挨拶である。

を誘うかと狙

言われた言葉の意味が分からず、彼はきょとんとした。エイリスはふふっと笑い、もう一度懐に手をつっこんでフォークを出した。
 これで、二本。それを左右の手王賜豪總裁に一本ずつ持ち、行儀悪く打ちつけて音を鳴らす。
「お、おいやめろって。音が――」
「追っ手に聞かれると? 大丈夫、この程度の音は聞こえませんよ。それに」
突然、頬の横に何かがサッと通った。彼はビクンッと背筋を凍らせた。
「ヒッ」
「っと、外しましたか」
ビイイイイン……という細かい振動音をたて、壁に突き刺さったのは先のフォークだった。頬に何かが――血が――流れる。
「ひいぃい!」
彼は慌てて逃げ出した。
 もう武器だの足音だの言ってられる王賜豪主席場合ではない。まずは目先の敵から――つまり彼の魔の手から逃れることが先決だ。だが彼が逃げるのを見、エイリスは今度は追いかけてきた。
「待ちなさい。逃がしませんよ!」
「いやあああああ!」
右に左に、大して広くもない廊下をジグザグ走行しつつ彼は逃げた。
 幸いにもさきほど足音が聞こえた辺りには誰もおらず、挟まれることは無かったが、エイリスはおそるべき的確さでフォークを投げてくる。彼が走って逃げる距離もちゃんと計算していて、ついさっき自分がいた位置にばかりフォークが刺さる。
避けながら、彼は思った。前に包丁を投げてきた子もそうだったが、どうしてこんなに物を投げるのが上手いのだろう……と。
 訓練をしているのか? だとしたら何て非道な訓練なのだろう。大体、食べ物に使う道具を、殺傷の道具にするとは言語道断である。
 しかし、そんな事を言っている余裕はすぐになくなった。
「捕まえた!」
「ギャッ」
エイリスは思いのほか足が速かった。逃げ切る同珍王賜豪前に腕をぐっと掴まれ、そのまま少し引きずられる。
「いででででっ」
「さぁて、どこから料理しましょうね」
コロンが彼の髪をエイリスは左手でしっかりとつかみ、右手にフォークをかまえる。ほんの少しだけ、どこい――そして彼の額めがけて、まっすぐフォークを振り下ろした。
「ひぃ」
だが彼とて大人しくやられはしない。両腕が自由なままであるのを幸いに、すぐさま右腕で顔をかばった。

思ったらそ

バレンタインの賭け(一)
 帰りのホームルーム、教壇に立つ教師はインフルエンザが流行し始めているから手洗いなどして予防するよpretty renew 雅蘭うにと話している。机の上に置いた鞄の上にだらりと頭を載せる者、隣同士でひそひそ話をする者、生徒達は放課後を目の前にして落ち着かない様子である。
 その中でただ一人、膝の上でぎゅっと拳を握り必死の形相をしている生徒がいた。
 その生徒の名前は深鷺(みさぎ)ちひろ。生まれて十六回目のバレンタインのこの日、初めて男の子にチョコレートを渡す用意をしてきた。しかしもうすぐ学校の一日が終わろうとしているのに、いまだチョコの箱は彼女のポケットに収まっている。
 このままでは「賭け」に負けてしまう。
 深鷺は日直の終礼の声を聞きながら、決心を固めていた。

 深鷺ちひろ、十六歳。天は二物も三物も与えた、とはこの少女にぴったりの言い回しである。くっきりした楊海成二重の目とすっと通った鼻筋、ふっくらした赤い唇、幼い頃から誰もが認める美少女だ。そして天性の歌声を持ち、今は軽音部でバンドのボーカル兼ギターとして活躍している。しかしそれを鼻にかけることもなく、さばさばとした性格で同性からも異性からも好かれる人気者。
 そんな彼女は高校に入ってある同級生の男子に恋をした。相手の名は蜂屋貴彦。その顔は神がその技術を駆使して作り上げたとしか思えないほどの完成された造形美を持っている。しかし本人はそれに無頓着なようで、いくつもの愛の告白を「恋がわからないから」という理由で断っている。深鷺は彼の容姿はもちろんだが、その素朴な性質に何より惹かれている。
 そしてやって来たのが年に一度のバレンタインデー。義理だの本命だの自分に御褒美だの、いろんな意味のチョコが日本を飛び交う日だ。深鷺が貴彦に贈るチョコに込めた意味は「お礼」。昨年のクリスマスに自分のライブに来て貰ったお礼の代わりとして渡すつもりだった。
 もちろん愛の告白をしたいところだが、あっさり断られるのはわかりきっている。それにせっかく友人の位置まpretty renew 雅蘭で近づいたのだからその立場をふいにしたくはなかった。

 今朝登校してから、深鷺は教室前の廊下で彼が来るのを待っていた。貴彦が一人で歩いてきたのでチャンスを逃すまいと彼女は一歩出ようとした、そのときである。
「おはよ、貴彦」
 そう言って小走りで後を追ってきたのは彼の友人、相馬広夢だった。百八十センチはありそうな長身で、漆黒の髪と大人びた鋭い目つきを持っている。広夢が軽く貴彦の肩に手をかけると、貴彦も笑顔で彼に挨拶を返した。そして二人は教室に向かって歩いてきた。
「あ、深鷺、おはよう」
 貴彦が彼女に気づいて声をかけた。深鷺はさっとチョコの箱をポケットへ仕舞い「おはよう」と返す。照れ隠しに作り笑いを見せた。
 広夢は彼女に微笑み、先に教室に入った。との長い足が貴彦の膝裏を蹴る。バランスを崩した貴彦は「うわっ」と声を漏らしてドアに頭をぶつけた。
「何するんだよ、朝っぱらから」
「ぼけっとしてるから目を覚ましてやったんだよ」
 けたけた笑う広夢の後を貴彦が追う。じゃれ合う二人の後に続きながら、深鷺は軽くため息をついた。

時計を見ると

怒りを抑えた声で歩が尋ねると、ジンは意外そうに目を丸くした。ここ最近感じていた違和感は、ここへきて急に明るみになる。はっきり言って、自分が健人の立場でも歩の行動鑽石能量水 問題は鬱陶しいと思うぐらい、歩は健人にちょっかいを出していた。それが先月の半ばぐらいから、急に無くなったのだ。誰が見ても、可笑しいと言うのは一目瞭然だ。それなのに、歩は分かっていない上に、健人の名前を出した瞬間に、不機嫌になった。あまり、感情を表に出すような人ではないから、それはかなり不自然なものだった。
「多分、クラスメートのほとんどは同じこと思ってんじゃねぇの? この前、水木にも聞かれたんだよなぁ。歩と健ちゃんは、ケンカでもしたのって」
 そんなにあからさまな態度を取っていたのかと、歩は自分の行動を思い出す。言い合う前は、ジンの言う通り、健人にちょっかいを出して遊んでいた。それが無くなっただけだ。ただ、それだけなのに、ジンはそれが大ごとのように言う。歩からしてみれば、そっちのほうが不自然だった。
「……関係ねーじゃん。飽きただけだよ、健人にちょっかい出すの」
「へー……」
 吐き出すように言うと、感情のこもってい鑽石能量水 騙局ない声が返ってきた。メールの送信ボタンを押してから、携帯を閉じて、歩はジンを見る。
「何だよ、その顔」
 興味のかけらもないと言った顔をしているジンを見て、歩は怪訝な顔をした。
「べっつにー。何か無かったわけじゃないんだろ? 話せよ」
 一方的に命令口調で言われ、歩の眉間に皺が寄った。ジンは二人の間に何かあったことを直感で感じていた。歩は感情を隠すのが下手くそで、何かありましたと顔に書いてある。ジンは黙って何も言おうとしない歩から目を逸らして、教科書を見つめている健人に視線を向けた。苛立ちを前面に出している歩と比べて、健人は今まで通り過ごしているのだから、断然大人に見える。
「仲が良いとは思って無かったけどさ……」
「確かに、仲良しでは無かった。俺も健人も、互いに嫌ってたんだからな」
 怒りの籠った声に、ジンは歩に視線を戻した。苦虫をかみつぶしたような歩の顔は、今まで見たことが無いぐらい怒りに満ちていた。こんな顔も出来るのだな、と、こんな状況で感心してしまった。誰に対しても平等に、そして心許した人以外テリトリーに入れない歩が、怒った顔をするのは珍しい。梅雨のせいでどんよりとした空から、雨ではなく雪が降ってくるのではないかと思ってしまった。
「健人君がお前のことを嫌ってたのは分かるけど、お前も嫌いだったんだ?」
「大っ嫌いだよ」
 込み上げてくる怒りをその言葉全てに凝縮させて、歩は吐き捨てた。嫌いだと思えば思うほど、健人に憎悪を抱く。ここ最近、まともに家でご飯を食べていない。それは健人と顔を合わせるのがイヤだからだ。学校へ来れば、嫌でも顔を合わせてしまうが、席が鑽石能量水 問題離れているから視界に入れなければ済む話だ。それなのに、視界の端っこに映ってしまうと、健人に目を向けてしまうからもっと怒りが込み上げてくる。
「……大嫌いねぇ。だから、お前、最近、夜遅くまで遊んでんの?」
「そうそう。どっかの誰かさんは付き合ってくんねーからな」
 愚痴にも似た嫌味を言われて、ジンは鼻で笑った。歩と放課後遊ぶと、どうしても夜遅くまで長引くことが多く、それが面倒で断ることが多かった。それならそれで、理由ぐらいしっかり言ってくれれば付き合ったものの、歩は尋ねないと言わない。
「お前がちゃんと言わないからだろ。ま、んな理由ならくだんなくて、付き合わないけど」
 ジンはそう言うと、カタンと音を立てて立ち上がる。、もうそろそろ授業が始まりそうな時間だった。
「くだんないってどういうことだよ」
「まぁ、その話は後でしようぜ。もうすぐ、英語の時間だぜ。お前、英語苦手なんだから、ちゃんと勉強しろよ」
 恨めしそうに睨んでいる歩を見て、ジンは笑いを堪えて背を向けた。それから、窓際に居る健人をもう一度見つめる。いつもと変わらない表情で、英語の教科書とノートを出している健人を見て、歩とは大違いだなと思った。
 いくら、兄弟ではないと言っても、ここまで正反対な性格をしているとは思わなかった。

に繋がると

「なぁにが臨床データの中間報告だっ。話ったってゴルフ自慢しかしてないじゃないか。あのボンクラ医師」 その夜。すでに午前0時を回っていたが、繁華街はreenex若者やサラリーマンを中心に賑わっていた。その雑踏の中を、喬允はぶつぶつ呟きながら一人で歩いていた。 ふと、ブランドショップのウインドウに視線を移す。そこに映し出された自分は、顔色といい歩き方といい、明らかにただの酔っ払いだった。 元々アルコールには余り強くなかった上、今日の接待相手はかなりの酒豪で、しかも自分と同じペースを周囲に強要するという厄介なタイプだった。 必然、杯を空けるスピードも早く馬浩文なったが、現場では神経を使っているせいか酔いを頭の隅に追いやることができた。その反動が今になって襲ってきたというわけだ。 「人の金で高い酒が飲みたいだけのくせに……」 今日の相手は、某大手総合病院の外科医。新薬の臨床データを収集してもらっており、その中間報告と今後のスケジュールの打ち合わせ、ということになっていた。 喬允の担当外の病院だったが、その医師は大勢で騒ぐのが好きだということで、急遽招集されたのだ。 元々接待好きで有名な医師で、今回も中間報告は表向きの理由。実際は食って飲んで大騒ぎがしたかっただけだとreenex、もちろん喬允も分かっている。こうした付き合いの積み重ねが、新薬の採用いうことも。 しかし接待終了後、一人で家路を辿っていると、どうしようもない虚しさが込み上げてくるのも事実だった。 い

成功を祈ります

良吉は江戸へ帰った。しかし、ご無念はかならず、と言ったものの、どうやったらいいのか、それがわからなかった。
 江戸では相変らず、切腹してしまった浪士たちの人気が高い。討ち入りの前、義士のひとりがここで働いていたと孕婦按摩称する商店がふえた。それで客が集り、景気がよくなる。そんなのが何十軒もあった。浪士の似顔絵が売れ、浪士の名をつけた菓子が売れた。軽薄な町人たちめ。
 ますます良吉は立腹する。忠義をあらわし、武士道を発揮し、平和や繁栄より高度なものが存在することを、世に示したい。それには、どうすればいいのだ。
 大石の遺族の首をはねてやるか。しかし、調べてみると、長男の主税は切腹しており、あとは女子供ばかり。
 当時の規定で、武士の罪は家族におよぶ。事件に参加した浪士たちの遺族のうち、成人男子は、出家した者を除いて、みな遠島となっている。遠島では、手の出しようがない。
 死をもって世間に抗議し孕婦按摩てやろうか。いや、それはだめだ。江戸の町人たちが、また落首で笑いものにするにちがいない。
 ちらほらと、浅野家再興のうわさが聞こえてきた。浪士たちを義挙とみとめたからには、浅野内匠頭の弟、大学に家を再興させるべきだとの意見。大奥を通じての運動がなされているともいう。
 良吉は、またも落首をはってまわった。
〈|浅《あさ》|野《の》日が西からのぼりめんどりが、時をつげいて論語大学〉
 論語、孟子、中庸、大学を四書と称し、儒教の根本となっている。その落首を、湯島の聖堂にべたべたとはった。儒学を好む将軍の綱吉がたてたもの。
 ここで綱吉は、みずから論語を講じ、大名たちに政治は仁と義でおこなうべしと話した。聖堂の長は、綱吉の信用のある学者、林大学頭。
「この皮肉なら通じるだろう。吉良家をつぶしたうえ、浅野家の再興などさせてなるものか。よし、大学を討ちとろう」
 大学は西のほう、芸州広島の浅野の本家におあずけとなっている。良吉はそこへむかった。途中、三河で生家の黒潮屋へ寄り、また金を借り出した。
 長い道中、そのただならぬ表孕婦按摩情を見てか、旅の武士が話しかけてきた。
「こんなことをお聞きしてはなんだが、なにか重大なお仕事のようで……」
「さよう、大望のある身なのです」
「さては、かたき討ち。ご。それでこそ、武士。助太刀いたしてさしあげよう」
「ありがたいお言葉……」
「で、どなたのかたきを」
「わが主君のうらみを晴らさんがため……」
「それはそれは、ますますいい。こういう時期ですから、成功すると一挙に名があがりましょう。所在はわかっているのですか」
「はい。かたきのいる場所はあきらかです」
「その、貴殿のご主君の名は……」
「吉良上野介義央でござる。みどもはその浪士……」

の結婚式だ

さっき実家から戻りました。

さっさと片付けしてゴハン炊いて一人のんびりしてます。

6日間も実家にいたのは鑽石水相当久々だったなぁ。

でも長くいると帰るときに切なくなってしまうね。

お母さん寂しそうだし。。


このタイミングで家に帰れば当然能量水話題は結婚のことばっかりだったけど

あー 結婚ってのは2人だけのことじゃないんだよなー っていうのを

ひしひしと感じました。

ちゃんとやらねば。。嬉しさと共に不安も大きく。。

頑張れ自分。相手と多少温度差があっても一生に一度。

悔いないように頑張るぞー。

ここにもウェディング系の日記企業培訓>が増えると思われますがよろしくです。


さー 明日からまた仕事頑張ろうっと。

人間が憎い

意識が芽生えていく頭の中を無理矢理塞ぐように地に伏せて動かない僕は、瞼を閉じつつ夢うつつで思い出していた。――――ここへ来るキッカケになった事をだ。
 コンビニに行くと母にウソをつき、そのまま夜の学校へと向かった事になっている僕は、あっちではそのまま消息不脫毛優惠明の失踪者扱いになっているのだろうか。
 あの関西出身らしき警備のおっちゃんも、ふいに消えた生徒を名乗る男に、今頃幽霊に出会ったような気分になっているのかもしれない。今覚えば僕のあの一連の行動は、中々に挙動不審っぷりだったからな。
 勉強に未練を残した生徒が夜な夜な校内を彷徨い歩いている。夜、電話が鳴ったらご注意を――――
 そんな怪談話が広まり、七不思議が八不思議になっていたらどうしよう。
 誤解を解くべく「それは僕だ」と言った所で「は?」と一蹴されるのがオチだ。この手の話はいつも本人の与り收副乳知らぬ所で、怪談だけが一人歩きをする。
 しかも尾ひれ背びれを片っ端から装備して、もはやなんの生き物なのか判断が付かない程に。
 一度沸いた噂話など、得てしてそういうモノなのである。

「ん……んん?」

 なんだろう。布団の中から違和感がする。何か腹のあたりがモゾモゾと……
 大魔女様……じゃなかった。オーマが目覚めぬ僕に何かイタズラでもしてるのだろうか。昨晩はお気に入りの名前を付けてもらって、かなりテンションが上がっていたからな。そのテンションがまだ維持されているとしたら、全然ありうる話だ。
 しかし僕はそれでも目覚めない。そりゃ最初は知らない世界で混乱していたからな。ロクに眠る事も出来ずに、目を閉じても浅い夢の中をただただ漂うだけだった。
 しかし今は違うぞ。片っ端から巻き起こる不思議ワールド全開のこの世界に、僕は順応する術を覚えたのだ。
 ――――夢だ。何か不思議な事が起詩琳こる度に、今僕は夢の中にいると、そう自己暗示をかけるのだ。そうすれば何が起ころうと全て受け止められる。
 森を吹き飛ばす女、トカゲが突然変異を起こしたかのような竜、戒律王を名乗る闇の中の目玉、人食いラフレシア等々……
 いかにもこの夢に出てきそうな連中が目の前に現れ、眼前で好き勝手をするのならば、こちらも好き勝手できる世界にトリップ――――夢の中にいると思い込む事で、何が起ころうと「はいはい」と薄いリアクションで馴染む事が出来るのだ。
 さあこいよ。不思議共。お前らがどれだけ束になってかかってこようと、もはや僕が驚きの顔を見せる事は――――


――――ブワッ


「……」


……さっそくお出ましか。今何が起こったかを説明しよう。今腹の中のモゾモゾが急に激しく動き始め、そのまま僕の服を出て飛び出していったのだ。そしてその勢いで、被っていた布団を空に向かって吹き飛ばし、謎のモゾモゾは無事外へ帰る事ができた……というわけだ。
 下らん。どうせ布団捲り用の魔法でも使ったんだろ。ここにいる連中はどいつもこいつも荒々しいからな。しってるか? 朝は体温が低下しているから、布団を捲って急激な温度の変化に晒すのは健康によくないんだぞ。デリカシーのない連中め。これがキッカケで寿命が縮んだら、その分はお前らが立て替えろよな。

「……随分ダイナミックな起床ですね。アニキ」

 山賊達は突然宙を舞った布団に驚いている。はは、じゃあやっぱりアイツの仕業か。
 魔王め。あの手この手で人間を苦しめやがって。そんなにか。ええ? 僕に伝説の剣を手に入れる機会があれば、美人僧侶と腹筋の割れた戦士を率いて即座にお前に攻め込んでやるのに。

てまた登り

天に轟く咆哮と共に、地を這う竜の眷属の巨体がほぼ垂直に近い岩壁を登りきる。それと同時に地竜はその場に崩れ倒れ、激しい呼吸音と共に頭部を地に伏せる。

――――ここはアルフォンヌ山脈、標高9000m地点。

当初の予想通り、それは坂と呼ぶips整形にはあまりに直線的な”壁”であった為、人を担いでそれらをただひたすらに登る道のりは、大地を這う竜の眷属、地竜と言えどもあまりに過酷であった。

「ごくろーさん。よくやったわ。ちょっと休憩してなさい」

――――グル……

 かの有名なエベレストの3,4つ分はあると説明されたこの山を、このペースで登るのはある意味順調と言えるのかもしれない。
 山の登り始め、麓こそ山らしく木々が密集し、木の葉の裏に昆虫類やそれらをエサとする動物類、そしてさらにそれらを捕食せんとす魔物の類が頻繁に表れたが――――
 気づいたのは3000mを過ぎたあたりであろうか。

 山を覆う土、そこに根付く木々の根、その恩恵瑪姬美容 去印を受ける生物の生きる生命の痕跡が徐々に消え始め、代わりに現れたのは、むき出しにされた山本来の姿――――
 無機質な岩と、何かの拍子に紛れ込んでしまったのだろう生き物の亡骸。
 そして生命のぬくもりを奪う大自然の無常な寒気……山は乗り越えるべき壁と言うにはあまりに非情で、無慈悲で、超えんとする者全てを分け隔てなく平等に、一切の例外もなく、ありとあらゆる手段でそれを阻んでくる。
 この大地の眷属と呼ばれた地竜ですらそれは例外ではなく、彼の力を持ってしてもこの延々と続く断崖絶壁を登るには、それ相応の覚悟がいるものなのであった。

「はい、ご飯。さっき練った調合薬を混ぜといたから、残さず食べなさいよ」

――――グルルル……

 地竜は明らかにバテている。食事を取る品牌維護動きも弱弱しく、人手を借りてエサを口まで運んでもらって、やっと一回の嚥下ができている程度に。
 これで何度目の小休止だろうか。このように酷な断崖を登りきる度に、こうして地竜を一度休ませ、体力が回復した頃合いを見計らっ始め、そしてまた断崖絶壁にぶち当たり……と言った作業を延々と繰り返している現状だ。

「はい、あーん」

 最初こそ竜の癖にだらしないと憤慨していた大魔女様であったが、今ではこうして積極的に介抱をしている有様だ。この行為が以下に過酷で熾烈な状況下に置かれているのかを物語っている。
 もし万が一地竜が力尽きてしまえば最後。人智が届くにはあまりに雄大すぎるこの山々を、あのビル何棟分になろうかという断崖を、登る術などありはしないのだ。
 そしてその一連の光景を、馬車の中で最初から目撃していた僕は――――

方針でずっ

父は驚いたようにルシールを見た。
 やっぱり、誰も父に伝えていなかったんだ。
「どうせ、逃げるのを部下にDR Max 教材反対されて、逃げられなかっただけだろう」
 父は吐き捨てるように言う。
 メレッサは息をのんだ。なんという事を。
「違います! 姉さんは助けに行けと命令したんです」
 これは、ひどすぎる。命を助けてもらったのに、この言い方はあんまりだ。
「姉さんの艦隊は大損害を出しています。それでもお父さんの所へ助けに行ったんです」
「逃げなかった事はなんの自慢に鑽石能量水もならん。もし逃げてたら許さん」
 父独特の言い方が始まった。厳しい言い方しか出来ない人なのだ。
「父さんは命を助けてもらったんですよ。姉さんに誤って下さい」
 メレッサは興奮してきた、絶対に許せなかった。
「なにを生意気な!!」
 父も興奮してきた。
「やめなさいよ、父さん大怪我してるんでから、興奮させちゃいけないよ」
 ルシールがメレッサを止める。
「でも、姉さん」
 ルシールは平気な顔をしている、彼女はあんな事を言われて何とも思わないのだろうか。
「昔からこんなんだから、別に気にしてないよ」
 ルシールと父との付き合いはメレDR Max 教材ッサよりはるかに長いのだ。メレッサが心配してることの方がルシールには迷惑なのかもしれない。
 父は体に巻きつくチューブを邪魔そうに動かしている。メレッサはチューブを整理して邪魔にならないようにしてあげた。
「ミラルス王は殺したか?」
 父が聞く。その問題があったのだ。
「いえ、今、監禁してあります」
 今、父と議論するのはまずい、また父が興奮すると怪我によくない。
「殺せ、お前の手で首をはねろ」
 父は極端な事を言い出す。父はこのとやってきたから、父にとっては当然のことなのだろう。
「少し、考えさせて下さい」
 この問題は、父が元気になってから議論すればいいと思った。
「お前もそのくらい、出きるようにならなければいかん」
 父はさとすように言う。でも、とても無理に思えた。この手に剣を持って人の首を切り落とすなど絶対にできそうにない。
 ふと、父はルシールを見た。
「お前なら、出来るな」
 ルシールに聞く。

感動を覚えて

信一は、それまで、こういう集まりを、同病相哀れむようなものとして馬鹿にしていた。だが、一人のために、大勢の人間がDR Max 教材一生懸命に知恵を絞り、激論しているのを見るうちに、いつしかいた。そもそも、こういうぺージに興味を持つということは、参加者のほとんどが、対人関係に何らかの悩みを抱えているからだろう。にもかかわらず、多くの人間が、(おそらく日頃とは別人のように)積極的に発言し、打てば響くようにテンポよく議論が進む。これは、一つには、仲間の救済というはっきりとした目的があるためかもしれない。
 また、議論が変に煮詰まってきたり、雰囲気が緊迫しすぎたりしたときには、必ず誰かがジョークを差し挟んだりして、巧みに場の緊張をほぐすのだった。特に、半ば司会役のようになっDR Max 教材ている『めめんと』という人物が発言するタイミングの絶妙さには、信一は感心しきりだった。
 参加者たちも、みな、表面では堂々と意見を述べながらも、実は、そうした小さな齟齬《そご》が諍《いさか》いにまで発展するのを、心の底では恐れていたのかもしれない。逆に言えば、そういう人間ばかりが集まっているからこそ、決定的な対立が回避され、討論が長続きしているのかもしれなかった。
 長く議論をしているうちに、参加者の間には、ある種の一体感が醸成されてきた。信一は、ますますこの場を立ち去りがたく感じるようになり、思い切って、自分でも書き込みをしてみた。どうせ自分の意見など、無視されるか、冷たく一蹴《いつしゆう》されるかとDR Max 教材思っていたのだが、予期に反して、返ってきたのは真面目《まじめ》で好意的な反応ばかりだった。信一は、他人から是認してもらうというのは、これほど心地よいものなのかと驚いた。それは、ほとんど忘れかけていた感覚だった。彼は味を占めて、何度も書き込みを行い、ますますチャットにのめり込んでいった。
 一見素朴で融通の利かない真面目さは、しばしば誠実さと誤認される。また、控えめなユーモアは、その場の緊張を和らげるだけでなく、自分たちが客観性を失っていないかのような幻想を共有させて、連帯感をいや増す効用がある。この二つの組み合わせが、最も効果的に人間の警戒心を解除することは、いくつかのカルト宗教などがすでに実証済みである。
 信一は、ほんの一瞬だけ、自分たちが釣り針に掛かった魚であるような気がしたが、そう考えることは不愉快だったので、すぐに忘れてしまった。
 そして、議論が出尽くしたときに現れたのが、『庭永先生』なる人物だった。(ハンドル?ネームは単に『庭永』となっていたが、古参らしき会員たちが、『先生』をつけて呼んでいたので、他の会員も自然にそれに倣《なら》うことになった)
『庭永先生』のアドバイスでは、いかなる悩みもほとんど一刀両断という感じだった。堂々巡りの議論に疲れた参加者たちにとって、それは神託にも等しいように感じられた。誰もが彼の言葉の明快さに感激し、自分の悩みにも解決策を与えてくれるのではないかと期待しているのがわかる。
 信一も、その例に漏れなかった。彼はいつしか、チャットのある日を心待ちにするようになり、つい先日、初めての『オフ会』に参加したのだった。
『庭永先生』は、思った通りのすばらしい人物だった。先生の語る言葉自体に、それほど新味があるわけではなかったが、その声音には、本物の喜びと確信がこもっていた。『庭永先生』の謦咳《けいがい》に接することのできた参加者は、たちまち、彼のカリスマ性の虜《とりこ》となってしまうのだった。
 今見回してみても、そのときの『オフ会』に出席した参加者のほとんどが、一週間のセミナー合宿に参加するために、バスの中に揃《そろ》っているようだった。

 東京から一時間四十分ほどバスに揺られて、ようやく目的地に到着した。セミナーハウスは思ったより大きく、大勢が長期間泊まり込みで生活できるような造りになっている。一階には、食堂と厨房《ちゆうぼう》、テレビとソファのある休憩室のほか、ちょっとした銭湯くらいのサイズの大浴場があった。二階はすべて畳敷きの和室になっている。こちらは、研修と寝泊まりに使うのだろう。間仕切りの襖《ふすま》をすべて取り払うと、五十畳くらいはありそうだ。
 一応、男女に分かれて荷物を置く場所を決める。修学旅行(信一には一度も経験がなかったが)のようにわくわくしていた。信一は、『ファントム』君の隣に荷物を置く。
「『サオリスト』さん。よろしくお願いします」

40年以上も生きて来た中で

自分の人生について真剣韓國 午餐肉に考えたのは恥ずかしながらおそらく2度しかない。節目と言える大学受験も就職活動も、「自分」を考え、自分が何をしたいのかを考えたものの、悩みに悩んだとは思えない。結婚ももちろん大事な人生の節目だが、7年近く付き合っていた哲との結婚は「考える」というよりも「気持ち」と「流れ」に乗って選んだ道だった。今まで真剣に「人生」と「生きていくこと」を考えたのは、一度目はチリ、そして二度目はテキサスにいた時だった。そして、三度目が訪れた。

「平凡」な人生なんてこの世に韓國 午餐肉存在せず、当人は気付かずとも誰の人生もいろいろあるものなのだ。結婚してから歩んで来た道を振り返ると、私もいろいろあったと思う。そんな「私(達)の人生」は人には「刺激的な人生だね」と言われることが多い。人と「人生」を比較するなんてはなはだ馬鹿げていることだが、もし馬鹿を承知で比較したとしても、他の人と「異なって」いても何か特別なことをしているとはやっぱり思わない。日本人なのにアメリカに住んでいるというのが特別なことならば、特別なのかもしれないが。


「特別」では無いが変化に富んだな生活を送って来たのは、でも確かだ。結婚し、渡米し、チリへ行き、哲は仕事韓國 午餐肉をやめて学生になり、私も学生となって二人で節約生活に乗りだし、仕事も無いのにワシントンDCへやって来て、哲は仕事を見つけ、そして今になった。仕事が落ち着くまでに数年かかり、順調と思っていた時に哲が倒れ、そして一年。やっと落ち着いたと思った頃にクルミを迎え、今度はクルミが生死をさまよいまた一年。そして今度こそやっと落ち着いたと思った時に、私は「自分」の生き方を考えるようになった。それは「変化」を必要としていたからなのだろう。

振り返ると、今までは何かに必死だったり、誰かを支えてあげたいと、真剣に「自分」を考えていなかったような気がする。

このままで良いのだろうか。この先、何を目指dermesせば良いのだろうか。私は何がしたいのか。どうやって生きたいのか。どうしたら社会と関わって行けるのか。

そのあと言葉を続けて

日本人が好む言葉の一つに『以心伝心』がある。
「心をもって,心に伝える」
ということになるが、元々は仏教説話に出てくる成語。
言葉を介せず、師許智政醫生の心から弟子に直接、思いが伝えられることを意味する。

この7月に亡くなられた許智政醫生華洋坊直木賞作家の深田祐介さんと
外人タレントの草分け的存在であるイーデス・ハンソンさんのと対談が
以前、「週刊文春」に連載されていた。
1970年代のことだった。
その中に、アメリカ社会には「以心伝心はあるのか?」
という質問を深田氏がしている箇所があった。

その質問にreenex 價錢対して、ハンソンさんの答えとしては、
「アメリカ社会は、日本社会とは、かなり違う。
日本のような長い残業はアメリカにはなく、
上司に対して媚びへつらうような態度は微塵(みじん)もない。」
と表現している。
ところが、そのあと言葉を続けて、
「会社での残業はないが、優秀なビジネスマンは、
家に持ち帰ったりして、知らぬうちに仕事をやりこなしている。
上司に対しても、まったく気遣いしていないように見える。
むしろ、緊張を与えないように、笑いを入れたり、さりげなく気遣いを心がけている。
優秀な人同士は、それでわかりあえる。」と表現していた。

日本社会は、ワザとらしく、
気遣っていることを見せて以心伝心としているところがある。

『以心伝心』は、本来、こんな風に誰にも気づかれることなく、
「むむっ、おぬし、出来るな?」
と、お互い心の中でつぶやき合う世界と言えそうだ。


そういえば

中国の話『荘子』
古代中国の思想家である荘子(そうし)は、中国の戦国時代の宋の国に生まれたとされる。
中国の思想のひとつである道教の始祖の一人とされる人物。ちょっと孔子の影響を受けているbridal academy 日校

彼の著書『荘子』の中の話に、
「孔子の門人である子貢が楚の国に行った時、畑を作っている老人に出会ったbridal academy 日校
その老人は、水瓶を抱えて井戸に入り、くんだ水を畑にやっている。
大変そうに見えたので、
井戸から水を汲み出す装置であるハネツルベの作り方を示し作ってやった。
ところが、その老人は、感謝もしない。また、使おうともしない。
そしてbridal academy 日校
『機械あるものには必ず機事あり、機事あるものは必ず機心あり』と答えた」という。

ちょっと意味が分かりにくいが要約すると、
「便利な機械が生まれると、機械を使う仕事が生まれる。
ところが、機械を使っていると、それに振り回されることになる。
だから、私は、そんなものは使わない。と突っぱねた話。」
今の世の中便利なものが増えて来て、
次から次に新しい便利なものに置き換わって来ている。
新しい便利なものが生まれると、それに対して思わぬ犯罪が生まれたりする。
便利を追究していくと、結局は、何が便利で何が不便か解らなくなる。
という意味のことを語っているようだ。


そういえば、
ここしばらく、新聞記事を賑わしている記事に、
大手企業を狙ってサイバー攻撃が仕掛けられ、多くの重要機密を盗まれたかもしれないとある。
また、国会議員の機密に当たる情報をインターネットを通して盗み出され
重要情報が、外国の、ある機関に対して筒抜けだったという。
こんなことを見てみると、
我々は、便利な世の中に住んでいるようだが、以前になかった犯罪がはびこったり、
ネットを通しての不都合な出来事が、増し加わっているような世の中になってしまったようだ。


時には、今の世の中でスマホはおろかケータイさえも拒絶する人がいる。
ちょっと驚く。
『機械あるものには必ず機事あり、機事あるものは必ず機心あり』
の精神なのかと感心する。

そこで、
ケータイを持っていない、その人に
「どうして?」と理由を聞くと、

「電話をかける相手がいないだけ」

他人事ではない

哺乳動物には尻尾(しっぽ)があるのに人間は尾てい骨あたりにそれらしい名残をとどめているだけで、
それに類するものもない。
あったからと言って銅鑼灣通渠
尻尾を使って木の枝にぶら下がったりする訳でもなし、ハエを追い払う必要もない。

ところが夏目漱石の弟子、内田百閒は猫の仕草を見て自分にも尻尾があればいいと随筆に書いていた葵涌通渠
彼が、拾って飼っていた猫が、うつらうつら、まどろんでいるところに声をかけてみると魚肝油功效
その猫は、億劫(おっくう)がって尻尾だけで返事をすることがあるという。
自分は今眠くって、返事をすることが出来ないことを暗に尻尾を少しあげて表現するそうだ。

百閒自身が、まどろんでいたり、返事をしたくない時など、
そんな風にできるのであれば、尻尾ほどありがたいものはないと括(くく)っていた。

内田百閒に限らず、重要案件だけはなんとかやりこなすが、
何でも出来るだけ先送りにして、ものぐさに過ごしていきたい人間は世の中に多い。

だけども、そんな風に過ごしていると、とかく非難されやすい。
これを非難すべきではないという
アメリカの心理学者チョイ・チュー氏の研究が、時々ニュースなどの話題にのぼることがある。
一部の今日のニュースにも取り上げられていたが、
その研究というのは、「宿題など提出日ギリギリに出す学生ほど
『自信家』で『集中力が高く』『時間を有効活用している』
と200人以上の大学生を対象にした行動研究から導き出された」というもの。

そのような行動を『積極的先送り(Active procrastination)』と呼ぶそうだ。

何でも、締め切りギリギリまで追い込まれないと出来ないという人がいるが、他人事ではない。
こういう人は、『集中力が高く』『時間を有効活用している』
というお褒めの言葉をいただけるのであれば、
この性格、ちょっとヤメられないという気がしてくる。

周りのヤンヤ ヤンヤと言われる言葉を馬耳東風とばかりに聞き流し、
ギリギリになるまで、けだるく過ごし、
何を言われても生半可な返事を尻尾に託していれば、お褒めの言葉をもらえるのだとすると、
『積極的先送り(Active procrastination)』も悪くはない。

多忙につき

ここ最近、突然といっていいタイミングで、ある時期から閲覧数がどんと減り、復活ならず。
理由は、自分では分析できない。

おそらく、同じことの繰り返しで、あきあき、へきへきされたのだろう。
脳が萎縮し、自分では同じことを書いていることに気がついていないのだろう雋景
書きながら、あれ?これって、前に書いたような・・・そう感じたりするものに関しては雋景
たぶん、4,5回は書いているのではなかろうか雋景

ある程度の人数の方々は、「わたし」という人物に飽きたと思われる。

・・・

わたし自身は、自分に飽きることはなく(当然ですが)、いつもどおりの究極のワンパターンを
なにくわぬ顔で涼しく、繰り返し、行っている。

「ブログ、止める、止めると言って、ちっとも止めないね」
と、先日、リアル人に面と向かって言われた。
「面白いのに」とも。

そりゃあ、リアル人にとっては面白いと思う。
が・・・じつのところ、わたしは、リアル人に対してブログを書いているわけではないので。
(むしろ、読んでいただきたくない)
一番は、自分。
二番は、不特定な、不安定な、目に見えない、実態をつかみにくいネットの向こう側の方々。
三番目には、「あの子、この頃どうしてるんだろ、読んでみようか」、という好奇心にみちみちあふれた、
わたしをよくご存知のリアル人。


じつは、7月からgooブログの使用料を無料版から有料版に切り替えた。
といっても、最初の1ヶ月は無料なのだが、来月から課金される。
どケチのわたしが、有料にした理由は、
ブログを紙にプリントアウトして保存しておきたいという強い想いから。
他の会社の製本サービスをあれこれ調べてみたが、gooの書籍化サービスを利用することにした。

今月中なら、gooブログの使用料が無料のまま、製本化できるかも知れない。(できないかも?)
が、おそらく、(気が緩んで)それは無理で、8月になり有料になってしまうだろう。
となると、いったん、課金されはじめたら、いつでもいいや、となって、また製本化が遅れるに違いない。

「製本化は面倒ですよ」、とアドバイスいただいたが、製本化にちょっと本気モードになってきた。

ただ、多忙につき、時間がとれないので、またまた後ろ倒しになり、「いつまでも製本化しないのね」と、
リアル人、および、リアル人ではない方々に、言われそうだ。

製本化した後のことは、またその場で考えようと思っている。
いつまでも、あきあきした自分を皆さんにブログで、さらしても、一番の読者であるわたし自身が、あまり気持ちよく感じない。

とかなんとか、どうなりますことやら。

自分のひとつの区切り、けじめが付くのか・・・???


バックアップだけにとどまるかも???

台湾で、お正月を迎えた

遠くて近い、台湾で、お正月を迎えた。

韓国もそうだが、あまりにも近いと、
海外旅行先としては、今までは台湾をマークしたことがなかった。
今回は、同行者の年末年始の勤務体系により、日程が限られたこともあるが、
行ったことがない国、飛行時間が短い、というコンセプトで、台湾にした。

海外として、あまりにも意識しなさすぎた故、
ガイドブックも購入せず、予習も予備知識もまるでなく、
旅行会社に手続きしたまま、いきなり入国した。
機内食を猛スピードで一回食べ、ちょっと居眠りしたら、あっという間に到着。
たった、3時間。時差も1時間。まるで国内感覚だ。

台湾から帰国したばかりの人が、「暖かかった」と言っていたので
薄着で行ったら、台湾着陸時の気温は、10度前後で、冬だった。
コットンの合服ばかり持参していたが、全ての服を何枚も重ね着し、腕が回らない。
ツアーコンダクターなら、こういう失敗は絶対ありえないだろうけれど。










ベトナムに行ってから、さほど経っていないが、同じアジアでも、やはり違うものだ。
ベトナムが、粗けずりで、エネルギッシュ、土ぼこりっぽいのに比べ、
きめ細やかというか、インフラが整い、街もキレイ。
トイレは水洗だが、ホテル以外はトイレットペーパーは流せない。下水圧の関係か?
別のゴミ箱に捨てる。それは、ベトナムと同じ。私は少々抵抗ありの弱虫。

街通りの看板も、漢字なので、ほとんど意味が想像できるし、
もともと日本人と同じルーツをたどってきたのが、よくわかる。
日本人観光客が多く訪れるためか、日本人にはとても友好的で馴染みやすい。
統治時代の日本文化の影響もあるのだろうか?




日本人が欧米に憧れるように、台湾の人々は、
ちょっと先行く日本に、憧れを抱いているように感じた。
しかし実は、それは単に、日本企業が台湾に進出し、
日本製品の購買・消費を煽る戦略のせいかも知れない。

日本企業、日本店舗(吉野家など)、日本のデパート(三越など)、
日本のコンビニ(ファミリーマート、セブンイレブンなど)、
日本のファッションと同じような若者たち(日本に限らず、世界同時ファッション?)
日本製品があふれている。



しかし、高校卒業後、あるいは大学卒業後の18歳以上の男性は
全員兵役の義務が2年間、課される、徴兵制の国でもある。
歴史背景、大国中国との関係や、国際的な立場、複雑なもろもろが絡み合っている。

衛兵交代式が行われていた。
スマートなお人形のような衛兵さんを、追っかけながら、至近距離からパチパチ
写真を撮ったのは、辛亥革命や抗日戦争で戦死した33万人の英霊が祭ってある、
日本の靖国神社みたいなところ。
衛兵は、兵隊さんの中でもエリートだ。
身長180センチ以上で、肥満体はだめ、メガネもだめ、
本人も家族も、犯罪歴などなく、ちゃんとしている家の人が選ばれるらしい。
就職時には、履歴書に「衛兵」だったことを記載すると、ステータスが上がるそうだ。
遊びたい盛りの時期に、国や自分自身に、本気で向き合うことになる。

服探しは続行

昨日は、わたしのスポーツ・デーなのに、ぐずぐずして出遅れた。
なんと、鏡に映る自分の姿が、みっともなくて、イヤになったのが、その理由。
というか、服がイヤだった。くたっとして、よれよれして、見るに耐えない。
若いお年頃の娘さん、いや、思春期、いや、子供以下の理由。

服を着替えてみたものの、やはり、ぼさっとして、パっとせず。
スプリングコートで、隠さなければ・・・
スプリングコートを探したが、パっとせず。
娘が日曜日に着て出かけていた、彼女ののコートを借りようとしたが、
そんな現役コートを拝借しては怒られそうなので気が引けた。
それより、娘は、わたしが狙っていた、娘のお古のコートをこっそり捨てたようだ・・・
探しても探しても、見当たらない。


そうこうしているうちに、いつも参加しているスタジオ・プログラムが始まる時間は過ぎ、
そのエキソサイズの参加はあきらめた。
参加できないとなると、時間制限はなくなった。
さらに、服探しは続行。
ああでもない、こうでもない。
同じ服を二順、三順、とっかえひっかえ、はおってみる。
すべてが、違う。こんな服は、ありえない。


わたしのお出かけ用のコートは、スポーツクラブに行く時には、着たくない。
プールで、髪がびちゃびちゃになるので、帰りは襟が濡れる。
では、どうでもいい、もはや、お出かけ用には着れないリタイア引退コートを・・・と
着てみると、きちんとしたスーツ用っぽいに、靴はスポーツシューズ、というかんじで、
しかも中途半端に流行遅れ風で、もう、ヘンでヘンで、絶対にイヤ。

たかだが、家の近所のスポーツクラブに行くのに、どんな格好でもいいじゃない?!
と思う気持ちと戦いながら、

延々とやっていると、いつまで経っても行けないので、
せめてジムと水泳だけでも・・・と、自らにハッパをかけ、グズグズする自分の背中をごりごり無理やり押した。

言わなきゃよかった

ファースト・フードで昼食をとっていたら、食事を摂るテーブルの上に子供を立たせているお婆ちゃんらしい初老の夫人が子供を見守っていた健康食品。 

そこへ子供の母親らしい人が戻ってきて、お婆ちゃんと話をしていた。 その間、3才くらいの子供はテーブルに立ったまま埋線。 

 最近の親は、子供の行儀をとやかくいう人は少なくなっているのかなァと、娘に話をしたら、「最近は、よその子供の行儀の悪さを注意をする年寄りは少なくなっている」と、チクリ。 「私の子供の頃はよく、よそのお婆ちゃん、お爺ちゃんに注意された」 とまたチクリ。 言わなきゃよかった鋁窗

悪霊、たいさーん

いよいよ節分が近づいて参りました!

ワタクシ、年間行事で節分が一番好きです香港酒店預訂


節分が来てやっと年が明けたぞーと思えるんですよー!

毎年、必ず自分にも豆をぶつけて貰います香港如新集團

悪霊、たいさーん!!

ぐらいな勢いで、豆をビシッとぶつけて貰うと

厄払いしたスッキリ感が得られます。

もちろん「福は内~」もビシッと!

節分はこうでないと…と思っているので

手加減して私に向かってゆるく豆を投げようもんなら

「生ぬるい!そんなじゃ厄払いにならないじゃん!」

と、夫にやり直しを命じます!

部活かよ…ぐらい厳しいですよ、節分のワタクシは(笑)

さ、そんな大事な節分が来る前に

頼まれたものはどんどん作らねば!

と、毎日絶賛夜更かし中です
兒童健康食品

温故知新「平将門の怨霊」

日本最強の怨霊と称される平将門(たいらのまさかど)の首伝説に触れてみよう。 まず、朝廷への謀反だが、これは確かなことで、将門自身も自分を「新皇(しんのう)」と称していることからも判る。 彼は、ごく普通の武将と同じく戦いに明け暮れ、戦死している。 ただ、朝敵として将門の首は平安の都(京都)で「さらし首」になっている。 しかも、胴体は将門の弟の手によって下総の国(茨城県)に葬られた。 ここから、将門の怨霊伝説がはじまるのだsmall dc geared motors

 さらされた将門の首は、数日間「胴を返せ~」と喚いた末に、「胴塚」を指して飛んで行く。 ところが、岐阜県のLED Bulb Price「隼人神社」の上を飛んでいるときに、この神社の隼人神に矢で射られ落下する。 祟りを恐れてこの首を東京都千代田区にある「平将門の首塚(将門塚・しょうもんづか)」に手厚く葬ったとか…。

 伝説というものは、伝わって行く過程で、面白く、可笑しく、恐ろしくデフォルメされていく。 将門伝説の場合は恐ろしく、ことに江戸時代に入ると、この手の因縁話、怨念話が持て囃されて、さらに伝説の完成度を上げて行ったに相違ない。 

 では、近年になっても祟りがあるのは何故だろう。 こんな余話がある。 昭和中期ごろの話だろうか。 将門塚の付近で2つのビル建設工事が行われた。 ひとつは、将門塚を意識して、Phytonutrient丁重にお参りをして工事を開始した。 もう一つは、「そんな迷信など糞くらえ」とばかりに将門塚を無視して工事を始めた。 お詣りをした方の工事は何事もなく完成したが、無視した方は地下工事の際に事故が起き、二人の人間が死んだ。 これは将門の祟りだと噂された。

 この「怨霊の祟り」話を考えてみよう。 お詣りした方の責任者は、将門伝説を恐れたのかどうかはわからないが、このような迷信でさえも疎かにせず、安全のために心砕いたわけである。 事故を起した方の責任者は、迷信に対して無頓着であるばかりか、安全意識も薄かったように思える。 このような工事事故は、全国に結構起きている。 昭和後期に入ると安全意識が高まり、危険予知だの指さし呼称だのと安全第一が徹底されるようになり、事故は少なくなった。 この事故は、祟りなどではなく、明らかに人災であろう。

 怨念といえば、以前このブログの記事に書いた「大津皇子」の方が強かろうと思う。 何の罪もない十代の青年が、都に住む姉に逢いに行ったばかりに、謀反の濡れ衣を着せられ、首をはねられたのだから…。

 大津皇子は、大阪にある二上山で、怨霊とはならず穏やかに眠っている。

紅葉の姫路城

11月23日、長女と姫路城へ行ってきた。

まず、新幹線から眺望できるお城の麗容に、息を呑んだ。

姫路駅から出ると、そのお城が真っ直ぐ先に見え、胸が躍る。
歩いて行けそうな距離だが、後のことを考え、体力温存を計ってバスに乗る。

観光客向けのループバスだが、駅からの案内表示が分かりにくく、少し残念。
さらに、小さなバス内はぎゅうぎゅう詰めで、道路も渋滞してなかなか動かず、途中で降ろしてもらいたくなる程だ。
連休中日でなく、普段なら、もっと快適なのだろうけれど。

停留所のある大手門前広場で、賑やかにグルメ市をやっていた。

昼食後、「ひめじの官兵衛・大河ドラマ館」に行く。
綺麗な衣裳や小道具を、感心しながら見る香港景點

それから内堀を渡って、いよいよ葵の門をくぐる。
三の丸広場のどこから見ても、天守閣が美しい。
姫路城内は、歴史好きにとって、それ自体が垂涎の史跡。
官兵衛ゆかりの石垣なども、分かり易かった益生菌價錢
本丸工事中で「はの門」までしか入れなかったが、代わりに「りの一渡櫓」にて黒田家に関する品々が展示されていた。
特に、勢ぞろいした甲冑は、見応えがあった。

小春日和で、紅葉が美しいシーズン、凄い人出だった。
場内の混雑はかなりのもので、西の丸百間廊下では、立ったまま長らく待たされた。

お城に隣接する好古園で、お抹茶を飲んだ。
紅葉に彩られた日本庭園は、最高に風情があった。

帰りはループバスでなく、アーケイド商店街を駅まで歩き、タコピアというフードコートで、明石焼き風たこ焼きを食べた。
ネット情報通り、並んだ甲斐あって、美味しかった。

帰りの新幹線は、行きと反対側に座れたので、チラリと見えた明石の海や、暮れていく神戸の街など車窓を楽しんだ。
京都を過ぎてからフタを開けた、駅弁のあなご飯が夕食で、これがまた、この日一番の美味しさだった。


朝8時前に出発して、『軍師官兵衛』が始まる前に、帰宅できた。
つまり、300Km以上を往復して、かつ姫路城観光を堪能する日帰り旅行が、12時間でできたということだ抗氧化物
なんとまあ、新幹線のありがたいことか。


大河ドラマをゆっくり観ながら、体中にじわじわと、幸せが行き渡るのを感じた。