よろしくお願いします

彼と知り合う前にも、何人かタンゴのパートナーがいた。タンゴのパートナーというだけの関係もあれば、プライベートでも恋人の関係になった人もいた。どの人も、お互いに何かが合わなくて、あまり長くは続かなかった。その理由は性格の不一致でもあり、タンゴの邊間補數學好パートナーとしての相性の不一致でもあり、恋人だった人は身体の相性の不一致でもあった。
 踊りの相手にも相性がある。アドルフォとは、出会った当初から何もかもがぴったり合うような感覚があった。お互いのすべてを味わい尽くしていた。

 アドルフォのタンゴはクールで艶っぽくて、見ているだけでもどきどきした。ひとつひとつの仕草が饒舌だった。踊っているだけで、口説かれているような気持ちになる。初めて会った夜から何度も踊って、ミロンガ以外の彼を知るのも、そんなに時間はかからなかった。初めて身体を重ねた夜の、その次の日もミロンガで彼と踊った。

 昨夜のアドルフォの丁寧な一部始終を時々思い出しながら踊っていると、あの甘く痺れるような一瞬一瞬を思い出すだけで、身体が熱くなる。下半身が潤いを湛えているのがわかる。身体の向きを変える時、腰を少し強く引き寄せられたら、そのまま崩れ落ちてしまいそうだった。
踊り終わった後、アドルフォが私の頬を両手で挟んで、笑顔で囁いた。
「マヌエラ、踊ってる時の君の顔、ベッドの中での表情みたいだよ。いい顔」
そして、きつく抱き締められた。
「いやだ…」
褒められてるのか、馬鹿にされてるのかわからなくて、さらには自分の気持ちを見透かされていたようで恥ずかしかった。
「いいよ。マヌエラ。最高!」
アドルフォは、しばらく笑っ邊間補數學好ていた。
「もうやめて」
頬が真っ赤になるのがわかる。
「大好きだよ。マヌエラ。愛してる」
もう一度抱き締められて、髪の毛をくしゃくしゃと掌で撫でられた。

私は彼にすっかり夢中で、すべて彼の意のままだった。何事にも従順だった。彼が「この方が似合うよ」「これにしてごらん」と言えば、髪型、化粧、ドレス、靴そして下着まで、彼の言葉通りものを身に着けた。決してそれが嫌ではなかった。ひとつひとつ身につけるたびに、アドルフォの意識を感じ、それを身に纏っている自分自身を誇らしく思った。
タンゴも、彼の好みの踊り方を教え込まれた。久しぶりにあった友人に「マヌエラの踊り変わったね、以前より色っぽくなったわ」と言われて、とてもうれしく思った。しかしそのうれしさを大袈裟に表現するようなことは、決してしなかった。その頃には、それが当たり前のことであるかのような気持ちで過ごしていた。これが私そのものだもの、という気持ちでしかなかった。

 アドルフォの前で、私の身体はいつも濡れている。裸の時だって、服を着ている時だって関係なく、いつも。はしたない女だと思われるかもしれないが、彼のしなやかな腕の中でタンゴを踊るとき、いつも私はベッドの中で彼と身体を重ねている時間を思い出した。ある時「踊っているときはいつもそうしてごらん」とアドルフォが言ったからだ。たぶん、その時のちょっとした冗談だったのかもしれない。でも、頭の迪士尼美語 評價中で違うことを考えながら踊るタンゴは、いつもより刺激的だった。  
 他の人は知らないけれど、私はそのくらいアドルフォを愛していたし、彼が必要だった。他の誰と踊らなくても、彼とだけ踊っていれば幸せだった。自分も彼からそうやって必要とされるような存在であろうと無意識に演じていたのかもしれない。
踊るとき、触れそうで触れられない身体に「相手に触れたい」と思うエネルギーが溜まっていく。

言いたいことが

一人は,董広平氏。
昨年5月に河南省で趙紫陽氏を忍ぶ集会を行い,公共の秩序を乱したとして逮捕された人物である。
趙紫陽とは,1989年に起こった天安門詩琳黑店事件(中国では「六四運動」)で武力弾圧に反対したために失脚した人物である。鄧小平が反対したことを過ちと認めるなら許すと言ったが,武力弾圧に反対するのは信念からのもので,過ちと認めるわけにはいかないと拒否し,いまだに党内で再評価されていない政治家である。
日本で言えば,ロッキード事件で逮捕された田中角栄元首相を新潟県で忍ぶという程度のことである。

もう一人は,習近平主席を風刺する漫画を盛んも発表した姜野飛氏である。アメリカから発信されている潤眼藥水中国語新聞『明鏡』にその漫画がいくつか掲載されている。
これを見る限り,欧米・日本の新聞では当たり前の揶揄である。それが国家権力で許されない社会では閉塞感が充満する。

誰もが,自分の考えや意見を自由に言える社会こそが発展をする。それができない社会は衰退する。これは歴史が如実に示している事実である。
それはそれとして,この2人のDerma 21脫毛
表現者の今後が心配である。是非とも,信念に基づいて,戦ってほしいと思う。