席替え

新学期最初のロングホームルーム(道徳)の時間、うちの中学では、いつも席替えをする。
小学校のときから、ずっとそうだったし、私たちとは違う小学校から、進学してきた同級生たちも、今日は席替えだって、騒いでいたから、たぶん、この風習は全市的なものなんだろうな。
手馴れたもので、学級委員長と副委員長でさっさとくじを作って、みんなに順に引かせる。
みんなは神妙な表情で、くじを次々に引いて、その結果に一喜一憂。
片思いの相手の隣の席だと喜んでいる子がいるかと思えば、教室の一番前の席だと、嘆いている子も。
私の番。

私としては、別にどこでもいい。
特に、気になる男の子がいるわけでもないし、勉強が嫌いではないので、前でもいいし、目はいい方だから、一番後ろでも。
くじの結果は、一番後ろ、廊下側から2番目の列だった。
全員がくじを引き終わったところで、机を抱えて移動開始。
新しい場所に机を置いて、静かに座る。
廊下側の隣には、吉原君。
「よっ! これからしばらくよろしくな、江上」
二カッと笑顔。

「う、うん。よろしく・・・・・・」
ちょっとドギマギした。
やがて、新しい座席表を作成するために紙が順番に回されはじめた。
紙が自分の手元に来れば、そこに自分の名前を書き込んで、次の人へ回す。
席替えをしたことを忘れて、自分の席が分からなくなったりしないように、壁に貼られるための座席表。もちろん、それだけでなく、教壇の上にも、縮小コピーしたものが貼り付けられて、教師たちが生徒たちの出欠状況を簡単に確認できるように役立てられるのだけど・・・・・・
座席表の紙が席から席へ移動している間に、黒板の前では、担任が、学校からの連絡事項の話をしていた。
と、吉原君が私を呼んだ。

ホシに願いを

今日も残業。だが、いつものことなので、おりこみ済みの午後7時。俺は悠希と駅で待ち合わせして、予約しておいたレストランへと向かった。
辺りはとっぷりと日が暮れ、レストランへ途中の公園の中をデート気分でそぞろ歩く俺たち。
あちらの木陰、こちらのベンチでいDR REBORN抽脂ちゃついているカップルたちがいる。
諸君! どうかお幸せに! そして、その幸せの一欠けらでも、俺におすそ分けしてくれるとうれしいのだが。

その星を見つけたのは、俺の方が先だった。
北東の空から、南西へ、ゆっくりのんびり流れていく星。
流れ星?
あ、でも、流れ星が、あんなにゆったり動くはずはない。ってことは、人工衛星か?
人工衛星では、風情がないな。悠希に教えても仕方ないか。
俺は黙っていることにしたのだが、こんなときに限って、悠希は目ざとい。
「見て! シュウちゃん、流れ星!」
あの星を指差して、子供寶寶 免疫力のように喜んでいる。
「すご~い! ゆっくり動いてるよ! こんな流れ星初めて! これなら、たくさんお願い事できちゃうね」
目を輝かせ、無邪気に見上げている。
これでは、今さらあれは人工衛星だなんて言えない!
「う~ん なにお願いしよう? そうだ! お金持ちになれますように! お金持ちになれますように! お金持ちになれますように!」
結構、現金なヤツだ!
「それと、いつまでも健康にいられますように! いつまでも健康にいられますように! いつまでも健康にいられますように!」
一気に言い切って、フゥ~と息をつぐ。
「すご~い まだあの流れ星、消えない! まだまだお願いできちゃいそう! あと、あと・・・・・・」
興奮した声音で、胸の前で指を組んだまま、しゃべりつづけている。
その様子に近くにいたカップルたちも空を見上げ、星に気づいたようだった。
耳にかすかに、向こうのベンチから『あれ、人工衛星だよ』なんて、ささやく男の声が聞こえてきた。
その方向を見ると、その男の隣、固まった表情の女性が一人。
あらら、余計な一言で二人の安利傳銷恋に終わりが・・・・・・?
「それから、それから・・・・・・ 素敵な人が私に現れますように! 素敵な人が私に現れますように! 素敵な人が私に現れますように!」

消しゴム

今日の3時間目、私たちは、理科室で実験テーブルごとに班に分かれて座っていた。
黒板の前では、理科の先生が、今日これから行う実験について、注意点なんかを延々と説明している。
今日はガスバーナーを使う実験だから、慎重に行わないと・・・・・・
私たちは、ノートに黒板の文字を書き写無創溶脂しながら、真剣な表情でいた。
あっ、書き損じた。
『燃焼』って書くべきところを、『焼燃』だなんて、両方とも火ヘンがついているから、ついまちがえちゃう。
私は、昨日買ったばかりの消しゴムを筆箱から出して、間違えたところをこする。
やっぱり買ったばかりの消しゴムって、気持ちいいぐらいの消し味。素敵、快適!
角のひとつが小さく欠け、黒ずんでいるのを満足しながら眺め、筆箱へ戻そうとして、手を止めた。
もしかしたら、また書き間違えちゃうかも知れない。用心のために、出しておいた方がいいかも。
だから、私、そのままノートの横に転がしておくことにした。

しばらくして。
やっぱり、私の予感あたった。
今度は、『二酢化炭素』だって。すっぱそう!
さっき転がしておいた場所に手を伸Amway傳銷ばし、消しゴムを取ろうとする。
・・・・・・あれ?
ない。さっき確かにおいたはずなのに・・・・・・
黒板から視線を離し、そちらを見てみると、やっぱり私の消しゴム影も形も・・・・・・
・・・・・・えっ? ウソ!?
買ったばかりなのに・・・・・・
消しゴムだから、大して高価なものではないけど、私の残り少ない今月のお小遣いで買った大切なものなのに。昨日は、大好物のチョコレートを我慢してまで買ったのに。どうして?
それに、この後も、授業がまだまだ続くし、絶対、消しゴム必要。
私、慌てて、班のみんながノートを広げて、黒板の文字を書き写している実験テーブルの上をキョロキョロと探してみた。
でも、私の買ったばかりの消しゴムの『け』の字も発見できなかった。
ど、どうしよう・・・・・・

困惑して、意気消沈している私の目の端に、ふっと白いものがヒラヒラ動いているのが入った。
隣の席の平山くんがノートの文字を消している。消しゴムで。それも・・・・・・
「ちょっと、平山、その消しゴム、私のじゃない!」
身を乗り出し、無理やり、平山くんの手の中の消しゴムを取り上げた。
そう、確かに、私が昨日買ったのと同じ消しゴム。
もう平山め! 乱暴に消したりしたから、消母乳 研究しゴムの上全体が欠けて、黒ずんじゃってるじゃない!
物騒な目で隣の平山くんをにらみ、私のノートの文字を消す。

夏2016

8月31日2016年。8月の最終日。やはり、夏の終わりという感じになる。毎々、ミッシェル・ルグランの名曲「思い出の夏」が脳内を流れる。とはいえ、甘い切ない恋の余韻なぁーーーんてオジサンにはない。
 今年のフランス、イルドフランス地方は蔡加讚(Karson Choi)6月まで雨雨雨。7月から急に夏になった。通常、7月快晴夏日で8月に入ると急に秋めくという年が多いのに今年は8月も猛暑日が多々あった。いかにも夏でしたぁーっという感じ。
 オランダのユトレヒトへの小旅行。快晴。ペロスギレックでの家族バカンス。1日を除いて快晴。もうバカンスでしたっ! といい感じだった。
 明日から毎日ドライバーの仕事。6日間休みゼロなのだけれど、以前書いた逆9時5時。日中は家にいるという怪しいオヤジシフト。これやってみると結構しんどい。睡眠不足、日中も脳がオフにならないからなんか変な長い1日になる。
 もちろん、バカンスが開けるとコンサート活動が始まる。今年の後半戦はいつものトリオと新しいマクサンス君とのエレクトリックユニットと二股。それと、ちと、やばい気もしているのだけれど、「私は美術活動は今のところ封印」としている。やっ、やば
いっ! 若干、これに火が付きそうな感じなのだ。どうして? そっ、私のピアノの演奏の音だけを別の映像とミックスできる。この映像をどうするか考えていくと限りなく美術家脳になってくる。多芸は無芸器用貧乏の復活? 
 この美術家脳で考えていくと・・・。私の主観をすべて排除した映像。人込み、レトロなお店、パリの名所、移民街、下町、チャイナタウン、廃屋になった工場、修道院・・・。なんかパifco deco hkリの素顔を撮りたくなってくる。しかし、私の主観は入れないとなると方法はひとつ。アンディー・ウォホールの手法になる。「固定カメラ」「シンメトリックな構図」。たとえば、凱旋門のロータリーをシャンゼリゼのど真ん中から延々と撮影する。となる。これをやりたくてむずむずし始めている。この主観排除映像に、わっ、のこのこと芸能人、ピアニスト裕センセのピアノソロを入れる。一番いいのはサンラザール駅のヤマハピアノでソロ演奏するのが面白いのだけれど・・・、行き交う人々が映るから面白い。しかしなぁー、目立ち過ぎと自己顕示し過ぎなんだよなぁー。それとプロと、及び、一応端くれは街頭では演奏しない密かな掟があるのだよ。無料では演奏しないという掟なのだ。そうしないと価格破壊、音楽ダンピングで全員の首を絞めるから駄目なわけ。まあ、明確な企画の上でノーギャラを了解してやるケースは別。うーーーん、微妙・・・。

 と、書き掛けの小説が二作、音楽ユニット二股。大丈夫なのかよぉーってっ! 色々手出してよっ! 治らんのです。第一、ドライバー業、12月中旬まで繁忙期なのだ
ぞっ! とにかくやっちまってから考える。フランス語の習得と一緒。一言もしゃべれないのに来ちまった冷氣機價格比較のだ。ピアノだって人前で弾いてから習得を始めた。ヘメラモ脳と私は名付けた。

気配もなかった

あ、アマ? アマってことは・・・・・・ アマっていうのは、普通、女性に対して使う言葉だよね? ってことは、このご主人が探しているのは『女』?
オイラは箒だけど、性別的には・・・・・・どっちなんだろう? じ、自信がないけど、たぶん、どちらかといえば、『男』だよね美麗華領隊
もっとも男箒だとか、女箒なんて話にも聞いたことないけどね。
とすると、オイラを指して、『アマ』っていうのも、ありえるのかな?
う~ん・・・・・・ わからない。

「あの貧乳、ガリガリ婆め! 腹黒うそつきめ! いけ好かないクズ魔女め!」
え、え~と・・・・・・
このご主人が探している相手って、もしかしてオイラじゃないのかな?
大体、オイラにはおっぱいなんて元からないし、当然、貧乳なんて罵倒されるいわれはない。たしかに、ガリガリではあるけど、婆といわれるほど、見た目、年をとっているってわけでも。
どこぞの礼拝所で瞑想している少女なら、腹黒だとか、うそつきだとか言われるのがぴったりだけど、オイラ、ご主人にウソついたことなんて一度もないし。大体、ご主人が小屋にいるときに、ご主人に話しかけたこと自体、一度もないわけで・・・・・・
そして、クズ魔女って、オイラ魔法が使えるけど、それはご主人がどこかへ消えていった後からの話なので、ご主人美麗華領隊がクズ魔女とののしるほどに、オイラが魔法を使えるなんて知っているはずもないのじゃないだろうか?
ってことは、もしかして・・・・・・?
このご主人、オイラのご主人じゃないのか?
ただの姿が見えない、掃除道具入れ荒しの犯人ってだけじゃ?

「クソッ! あいつめ! どこにいやがる! クソッ!」
虚空の声は忌々しげにそうつぶやいてから、なにか呪文のようなものをくぐもった声で唱え始めた。
――クカタラソ、ベート、キウホ
飛翔の呪文!?
ってことは、ここから逃げていく気か?
オイラは慌てて、呪文の詠唱に入る。
荒らしの犯人が逃げ出す前に、なにか攻撃魔法をぶち当てて、足止めし、相手の正体を見破らねば!
でも、オイラの呪文の詠唱、まだ半ばというのに、
――ベート!
飛翔の呪文の最後が聞こえてきた。
間に合わなかった。
ちょっとだけ空気が動いた気配がした。そして、その張琛中醫空気の動きが治まったころには、もう、そこにはなんの気配もなかった。

お手をどうぞ

去年4月に縁あって同じクラスになった仲間たち。友達になったり、喧嘩をしたり、いろいろあった1年が過ぎて、春休みが明けたら別々になる。
だから、今日はみんなでクラスの生髮洗頭水打ち上げクラス会をすることにした。

ごく近しい友達ぐらいにしか見せたことがない、私服の私。精一杯のおしゃれをして、お姉ちゃんに手伝ってもらってなれない化粧もほどこして。部屋の姿見の前で何度もクルクル回って、全身を確認して、OK。大丈夫、すごく素敵。まるで別人みたいにきれい。
お姉ちゃんも『うん、マゴにも衣装だわ』って言ってたけれど、それって失礼じゃない?
「ほら、香水。体温であたたまって、会が始まったころには、すごくいい感じになるからね」
「ありがとう」
「いえいえ、どういたしまして。ふふふ。さあ、いっといで。そんで、いっぱい楽しんどいで」
そういって、お母さんも私を玄関から送り出してくれる。
「いってきます」
そうして、私は会場へ向hifu超聲波拉皮かった。

クラスの男の子の家がやっているアットホームなレストラン。
駅前で、美菜と待ち合わせて、案内状の地図をたよりにレストランにつくと、すでにほとんどのクラスメイトたちが集まっていた。
「あ、朋ちゃんだ。それに美菜ちゃん」
「こんにちは」「ハロー」
ドアについた鈴を鳴らして入ってきた私たちを目ざとく見つけて、涼香ちゃんが近寄ってくる。
「へぇ~ 二人とも気合はいってるねぇ~」
「えへ。でも、涼香ちゃんだって」
「うふ。どう、かわいい?」
「「かわいい~」」
三人で、わいわいキャピキャピ言い合って、盛り上がっていた。

「えー。時間となりましたので、それでは、クラス会開催させていただきます」
学級委員長の篠原くんが開会のbotox瘦面辞を述べ、それぞれが手に持ったノンアルコールのワインのグラスを軽く持ち上げる。って、ただのグレープジュースと、なにがどう違うのだろう?
そんな疑問はさて置いて、それぞれに仲のいいもの同士、あるいは恋人同士集まって、あちこちで談笑の華を咲かせはじめる。

二人で

部活を終えて、学校から帰ってくると、お母さんにおつかいを頼まれた。ネギとしょう油が切れていたらしい。
「もう、お母さんったら! しかたないな~」
なんて文句をタラタラ。そのくせ、足は美麗華投訴なんだがスキップでもしちゃいそう。
疲れているはずなのに、私の足ってゲンキン!

エコバック片手に、通りの角を曲がって、近所のスーパーへ。
カゴを片手に入り口近くの野菜売り場からネギの束をとり、調味料の売り場からしょう油。ついでに、なにかないかと店の中を一通り物色して、レジに向かった。レジは二つ開いており、近所のことで顔見知りの店員さんたちが働いている。
奥のレジに大輔。手前におばちゃん。私が子供の頃からずっとレジ打ちをしているおばちゃんだけに、手際が良くて、列を捌くのが早い。今はレジの前に並んでいる列が短め。
奥のレジの大輔は、作ったようなにこやかな笑顔でお客さんに応対してはいるのだけど、アルバイトを始めて日が浅く、まだまだ慣れていないみたいで、四苦八苦。一生懸命がんばって糖尿眼はいるのだろうけど、見ているのが可哀相に思えるぐらいの空回り気味。
思わず、私、口の中でつぶやいてしまう。がんばれ、大輔!

ともあれ、レジに直接向かわずに、レジの様子が見晴らせるお菓子売り場に張り付いて、スナック菓子なんかを手に取ったりして。全然買う気なんてないのだけどね。
そうこうするうちに、他のお客さんがレジにやってきて、列に並んでいく。しだいにおばちゃんの前の列の方が長くなってきた。
だから、私はスナック菓子を棚にもどして、お菓子売り場を離れる。
それから、あらためて、ぐるりとレジを見回して、自然を装って短い方の列へ並んだ。うん、完璧。

ふと見ると、バックヤードの扉からでてきたパートのおばちゃん店員さんが、奥からしっかりとした足取り糖尿眼で近づいてくる。
なんだか、嫌な予感・・・・・・
そのおばちゃん店員さん、私の並んでいる列の隣のレジに入って開く準備を始めた。

たらを見かけて

「おい、貴様、なんで私たちを襲ってきた? 強盗か、追いはぎか?」
レイブンさんの怒りを含んだ冷たい声があたりに響く。
「クッ、オレの負けだ。降参だ。すまなかった。あやまるよ。だから、この剣を引いてくれないか? ただ、単に、強そうBeauty Box 香港なあんたらを見かけて、その実力を試したくなっただけなんだよ」
「なにゆえだ?」

「あ、その、できれば、この剣を引いてくれないか? 約束する。逃げないから。そしたら、正直に話すからよ。それに、あんたらの実力はよぉく分かったから。な? オレを信じてくれ、な?」
冷や汗を掻いて、レイブンさんに懇願してくるのだけど、レイブンさんの冷たい眼の色は全然変わらない。
「レイブン」
横から、ジョンが声をかける。その声には逆らえないようで、渋々な様子でレイブンさんは剣を引いた。
たちまち、鉢巻男、足から力が抜けたように、その場に崩れる。

「た、助かったぁ。あんた、すげーつぇな。たまげたよ」
レイブンさんに愛想笑いを向けるのだけど、変わらない冷たい眼の色にであって、気まずそうにジョンの方をみた。
「すみませんっした。突然、襲ったok鏡りなんかして。悪気があったわけじゃないんすよ」
あっさりと頭を下げた。そして、様子を改めて、
「実は、オレ、今、すんげぇつえ~人を探していて、それで、たまたまここを通りかかったあんたらに眼をつけたんだけなんす」
「おや? それはどうしてですか?」
ジョン、ニコニコしながらも、手は首から提げた例の石をまさぐっている。

「オレ、ジューン・カードといって、この森の近くに住んでいるものです」
「ふむ、それで?」
「オレには妹がいて、そいつも一緒に住んでいたんすが、三日前に、オレたちの家に山賊が押し入ってきて、死んだ親父のコレクションだとか、金目のものとかをもっていっちまって。その上に、うちの妹まで攫いやがって! あいつら、絶対ゆるさねぇ!」
ジョンが、レイブンさんになにか眼で合図している。
「でも、相手は十何人って人数。オレ一人で乗り込んでいっても、全然かなわねぇ。で、その妹や親父reenex 膠原自生のコレクションを取り返すために、この近くの廃墟になった砦に巣くってやがる山賊どもを、一緒に退治しに行ってくれる人を探していたんす」

お芝居をつくろう

テーブルに身を乗り出すようにして、明日菜がそう問いかけてきている。
ここは私たちが所属する演劇部の部室だ。次の劇用に台本を書いてきた明日菜が私の意見を求めてきているのだ。

その台本のあらすじは、2011年、主人公如新香港の女の子が散々葛藤し、ついに勇気を振り絞ってバレンタインデーで好きな男の子に告白し、晴れてカップルになったが、三月十一日の東日本大震災のとき、相手の男の子が津波に巻き込まれて死んでしまう。そして、家の残骸の中から死体と一緒に見つかった主人公への想いのこもった手紙を読み、プレゼントを手にして、主人公は泣き崩れながらも死んだ男の子の分も前向きに生きることを決心するという切なくも美しい作品だった。

「正直、涙がでるね」
ま、あくびをこらえていたせいだが・・・・・・
「でしょ? うん、これなら感動の嵐だ如新香港よね。どこに出しても絶賛間違いなしだよね?」
「あ、ああ、そうだね」
あの震災はホワイトデー直前だったからか、この手の話って、割と多いことは明日菜には指摘しないでおこう。明日菜的には満足できる出来だったみたいだし。
「けど、私だったら、そうだね、その男の子が死んだのって、主人公へのホワイトデーのプレゼントを家に取りに帰ったからってことにするかな。その方が、なんか愛情がもっと深く感じら如新香港れてよくない?」
私の提案に明日菜は手を打って賛同を示した。
「なるほど、じゃあ、早速、書き直してくるね」

しゃっくり

周囲から伝わってくるノートをシャーペンの芯がこする音の合間に、かすかな異音がどこからか聞こえてきた。
ここは午後の教室の中、冬型の気圧配置で北風が強く、どんよりと曇った空が望めるガラス窓がわずかにカタカタ北海道旅遊鳴っている。そんな中で、また、
――ひっく
かすかな、かすかな音。これは・・・・・・しゃっくり?

振り返った。俺のすぐ後ろ、この列の最後尾の席で、三村が俺につむじを見せて、黒板に書かれた文字をノートに書き写している。ボブの髪の影が手元をわずかに陰らせている。そして、受験を控えた兄がいるとかで、最近、いつもしているマスクの白さが目に飛び込んでくる。
顔を上げた。目が合ってしまった。だが、すぐに、感情のうかがえない視線は俺からそれて、黒板の方へ向かう。それにつられて、俺も前を向いた。
おっと、いつの間にか、教師が新しい文章を黒板に書き足しているじゃねぇか。
俺は慌ててそれを自分のノートに書き写すのだった。

あれ、そういえば、さっきからヘンな異音が聞こえなくなっているな。
そんな気がして、さらによく耳を澄ませると、途端に、
――ひっく
間違いなく、後ろの席からだ。先ほ鑽石能量水 騙局どよりも抑えた音量だが、まだしゃっくりは止まっていない。
そういえば、さっきの昼休みの後、大野たち同じ部のやつらと食堂で昼食をとって教室に戻ってくると、今は教室の前の方の席でおさげの髪を揺らしながら真面目な態度でノートをとっている清水が三村にちょっかいを出していたっけ。
今思えば、背後から急に大声を上げたり、脇をくすぐってみたり、ヘンな姿勢でジュースを飲まそうとしていたような。
黒板の前では、教師が教科書の記述を解説して、黒板に書いた文章に赤線を引いている。
機械的にそれを真似して、赤ペンを取り出して・・・・・・

――ひっく
つい、笑みをこぼしてしまった。
たぶん、今、後ろを振り返ってみても、さっきみたいにすまし顔で俺のことを無視するのだろうな。それが分鑽石能量水かっていても、振り返らずにはいられない気になる。
どんな顔でしゃっくりをしているのだろう?
やっぱ、赤くなっているのかな。マスクの奥で、だれにも気づかれないようにと秘かに。
見てみたい。でも、俺は必死に自制した。結局、振り返るなんてことはしなかった。

くじらのかばやき

誰にだって怖いものがある。多くの場合、それは小さい頃のトラウマを引きずっている場合が多いようだ。僕の場合第一位は「ゴキブリ」ということになる、こいつは多くの人の銅鑼灣 Hair salon賛同を得られる場合が多い。
幼稚園の頃、夕方風呂に入っていると窓からカブトムシが飛び込んできた。

「やったー、カブトムシだー!」

と喜んでいたところ、このカブトムシは僕の腰のあたりに止まり、すぐさま、ものすごいスピードで顔のあたりまで駆け上ってきた!

「カ、カブトムシじゃなーい!!!」

というのがトラウマになっている。

第二位は「狭いところ」でいわゆる閉所恐怖症というやつである。これまた幼稚園の頃、異様に泣き虫だった僕は毎日泣いてばかりいては先生を困らせていた、ある日業を煮やした担任のN先生(年配のおっかなーい先生)は

「泣きやむまでここに入っていなさい!」と言って、僕をロッカーの中に閉じ込めたのである。

今の世の中ならば立派な虐待銅鑼灣 Hair salonだが、当時はこの程度のことは当たり前のようにあったのだ。この時のことがやはりトラウマになったのか、今でも狭い所は苦手だ。

最近生まれて初めてCTスキャンなるものを体験した。検査前のアンケートに「あなたは閉所恐怖症ですか」というのがあり「はい」にマルをつける。体を拘束されてあの狭いわっかの中に入っていく・・・

「20分くらいですから」
「20分か・・・なんとか我慢・・・」

やっぱりダメである。5分と我慢できずに脂汗が出て暴れだしたくなる、看護師さんにお願いして両腕の拘束を外してもらい何とか乗り切った。過日話題となったチリの炭鉱事故など見ているだけで気が狂いそうである。

ちなみにくすぐりにも弱い、したがってスパイには向いてないと思う。

「秘密を喋れ!」
「誰がお前なんかに、話す高濃度精華液ものか」敵をにらみつける。
「よーし、くすぐり始め!コチョコチョコチョ・・・」
「ギャー!ごめんなさーい何でも話しまーす」

どんな国家秘密もすべて話してしまうに違いない。

引き攣った笑顔のわけ

週末のラッシュアワー。
私の前を白いヴァンが走っている。その荷台の開閉部分一杯に、冷凍/冷蔵技術の業者の一風変わったロゴがehpro描かれていた。
擬人化された温度計が、「俺に任せて!」とでも言いたげにグーサインをして、ちょっと引き攣った笑顔を投げかけてくるが、私はもうおっかしくてハンドルを平手でバンバン叩きながら運転席で体をよじらせ大笑いした。
 
だって、あんまりやて。。
 
その温度計(ガラスのシリンダー部分だけ)はバナナみたいなポロポーションで描かれていたから、温度計にしehproたらかなりのメダボではあるが、それ自体どうってことはない。現実のように細く描かれたんではかえって怖い。

ただ一点見過ごせなかったことは、温度計は頭に毛糸の帽子をかぶり、首はないのだけどマフラーをぐりぐりっと巻いていたのだ。くっくっくっ 今思い出しても笑いが込みあげる。
 
だって、温度計だよ?
クーラーや冷蔵庫や、時には−30℃の冷凍室の温度を計るという使命をもってこの世に生まれてきたってのに、防寒するってどうなん?!
んで、顔引き攣ってんの平機票網もしかして、寒いの?
明らかに、職業選択ミスっとるわ(笑)

うちのコが一番可愛い

うちのコが一番可愛いと思われている猫は、星の数までとはいかなくとも猫を飼ってる人ほどは存在する。
だって猫は、猫であるというだけでほかのDR REBORN抽脂何とも比べようがないほど可愛いのだから。つまりうちのコが一番可愛い、というのは単純に事実である。
 
そうすると、ナンバーワンがものすごい数あることになるが、可愛い猫のこと(← 入力して今転換されたのが『河合稲子のこと』やって、笑誰? 稲子ってー)いがみ合いをせずに、皆でナンバーワンをわかち合おう。
 
一方、うちのコが一番可愛いと思われている人の子も母親の数ぐらいはいるのだろう。よく言われることに、親にとって子供は大人になっても子供、なんだそうだ。ならば世の中はやはり可愛い者だらけなのかといえばそうでもない。
人間には可愛いのもいれば、けったいなDR REBORN抽脂のも、イカツイのもいて、良く言えば十人十色、悪く言えば、いやよしとこう(笑)
 
だからって一人喜び九人落ち込むことはない。
人間界にはミスコンもあり、このところやたら大勢いるアイドルがアイドルでいられるため、さらに番付けして競わせる娯楽もあるぐらいで残り九人も充分楽しめる世の仕組みになっているのだ。
 
腹を痛めた自分の子はさておき人間の脳内には通常目から入った情報の処理センターが置かれており、しょっちゅう見ている顔には親しみを覚えるようになるプログラムが仕組まれているんだとか。
そのプログラムは保護者を見DR REBORN抽脂分け、養護したくなる情が生まれるという本能的なものから偶像スーハイにいたってまで、いろんな形で活用されている。

なので出たもん勝ちみたいなメディア界の掟は品はなくとも、まったく正当といえるだろう。

数字まみれの世界

あまり知られていないかもしれないが、猫は数を数えようと思えば数えられなくもない。前にドキュメンタリーで7匹生んだ母猫がふいに目の前から消えた1匹を探しウロウロしているのを見たことがある。
猫は産後匂いで獣がおびき寄せられるのを嫌いねぐらを変えるが、その母猫は4ー5匹新しいねぐらに運んだとこでミイミイ言ってる残りの仔猫をいったん確認して、はてよ?と思い直し(その時のキョトンが可愛いったらない!)、
新しいねぐらへトットットと駆けて行き、えーやっぱり一匹いない!!と慌てていた。
ということはだ、足し算か引き算かなんかしら頭の中で数が行き来したはずで、猫が飼えない大の猫好きの私からしたらもう言いようもない愛おしさを覚えずにおれなかったということをこの場を借りて報告しておこう(誰に?なんのために? 。。。なんじゃソレ、笑)
 
ところで私たち人間には自分たちを軸として他の生物の知能を計るいけない癖があるが、それによると猫はだいたい3歳児ぐらいの…ということらしい。まったく猫に失礼な話だ。
英才教育されてる子を除き私たちは、小学校で私たちの暮らしには数が存在するということを学ぶ。そうして足し算引き算かけ算割り算など学んでいき、いつしか数字なしでは日常生活がままならないほどに数字でできた世界にどっぷり浸かってゆくことになる。
給料、身長、体重、スリーサイズ、年齢、カロリー、成績、順位、血糖値、日付、時刻、電話番号、友達の数、クリック、ポイント、株価、気温、降雨率、死亡率と数字のリストは続く。
逆に数なしではもう、現代の私たちは宙を見つめてぼーっとしてしまうだけだろう。
 
しかしそんな数の文化はこの世にもとからあったものではない。地球の存在する時間を一つの軸としたとき、その最後の方にちょこっと現れ存続している人類の歴史だが、そのまた終わりの方に数の文化がある。
たとえばアラビアン数字と俗に呼ばれる私らに一番なじみの深い数字は、インド、ペルシア、それから今戦争やってるイラク、シリア地方で12世紀に確立したというから驚きだ。一説では、まだまだ物々交換が主流だった市場で物の価値を安定させるために生みだされた、ということだ。やっぱり金がらみか。

閉じたり開けたり

懐かしの、閉店セールをしていた仏ブログをちょこっとのぞいてみた。

あらま、再開店準備中の光學脫毛最先進脫毛技術店先で、とても優雅なお客様とのお話に花が咲いていた。
リニューアル キャンペーンの打ち合わせだろうか。

どうやら、閉店セールは、やめるらしい。

わたしの蝶店も、閉店したり、開店したりしていた。
今も、同じ場所で靈芝同じ店構えで、細々と営業中である。

蝶店には、仏店から、毎日、お客さんがやってくる。
一日、複数人数。
どうやらお客さんは、あのお店が好きらしい。
閉まっているからしかたなく、蝶店に寄るのだろうか。
蝶店も最近、閉めている日Restylane透明質酸注射が多いのだが。

でも、仏店、また開店するらしいから、あっちに行ってみてください。
おばあちゃまも華やかににこやかに、花を添えてくださっているようですよ。

リムジーンドライバー

以前書いた内容と少し重複するけれど、このタイトルで記事を書いたことはない。日本に同じような仕事があるのかよく分からないけれど、当然、あると推測する。ハイヤーとはちょっと違う。プライベートドライバーといういい方が正解だから、たとえば、会社の碳粉激光解決肌膚問題社長車のドライバーが当て嵌まる。とすると私がやっている仕事は、期間限定プライベートドライバーということになる。車は一般的にフランスではベンツのSクラス黒。本来はシトローエンC6。製造中止に
なってしまった。二年前ぐらいまで、健康診断書を持って最寄の県庁に行けば、業務用プロライセンスをだれでも取得できた。タクシー協会が爆発した。それでなくても増え過ぎたリムジーンドライバーの法の網を潜ってウーバー社がゲリラ営業を開始したからである。当初はプロライセンスのないドライバーが自家用車営業。これは、さすがに営業停止。こんどは、価格破壊。車も中型高級車。本当はリムジーンとは呼ばない車を使用。タクシーの半額を開始した。とうとうタクシードライバーたちが切れた。当然だろう。法律が変わる。政府指定の学校に二ヶ月通うことが義務付けられた。これには、もう一つ理由がある。年長のベテランリムジーンドライバーたちの嘆き。我々は複数の外国語を話し、フランスの營養素地理歴史文化に精通し、走る五つ星ホテルの従業員のようなものなのだというプライドが、この乱造で破壊されたと感じているからなのだ。彼らはパリの文化史の一部であるというプライドがつよい。学校の授業内容が、年長のリムジーンドライバーの嘆きをそのまま現している。たぶん、私が学校卒日本人ドライバー第一号のはずである。

ドライバーの方がこの記事を読むと、カチンとなるとは思うけれど、私自身がそうだからご容赦願う。

フランス政府がサルコジ大統領の時、溢れる失業者対策の一つとして、リムジーンドライバーの増量を始めた。その気になれば、一般職より高給が取れると志願者が殺到。無条件で許可。当然、年長のリムジーンドライバーが首を傾げるようなクオリティーダウンが始まった。その流れで、ステイタス自体が消滅し始めてきた。なんか、ドライバー=元失業者のようなイメージが定着。

乗っている車は中型とはいえ高級車。ベンツ、ビーエム・・・。高給を掴もうとぎらつく、現況ではまずしいドライバー。後席のお金持ち。鳥瞰すると、社会格差、惨めとか負け犬の構図に
なってしまう。年長のドライバーの自我を消し去ったプロのHiFu療程接客業。彼らのプロ意識とプライドは半端ではないから、もちろん、彼らに惨め感など毛頭ないのである。あらゆる話題に対応する話術。芸術、芸能、料理、ワイン、スポーツ、時事と半端ではないのだ彼らは。乗っている車はいつもピカピカ。着こなしも実にエレガント。十人に一人ぐらいの割合で見掛ける。同業者なのだけれど、私が見ても、わっ、ありゃ、本物のプロだっ! と一目で分かる。その周りに乱造組み。安物スーツが皺くちゃ。サングラス。唾を吐き、煙草煙草煙草・・・、ポイ捨て、ポケットに手を突っ込んだまま接客、きたない車。私個人は、これはこれでなんか粋な感じもする。更生した元悪感は、こちらもジャズメンだから似たようなものなのだ。しかし、年長ベテランリムジーンドライバーが老眼鏡ごしに嘆いているだろうことは明白でもある。

成功報酬

Y氏は、ごく普通のサラリーマンである。一日八時間の単調な仕事をこなし、毎月決

まった額の給料を支給される。昇給康泰旅行團 日本は雀の涙ほどだ。

ー全く、面白くない仕事だー

やる気の起きない毎日を過ごすY氏。

ー何か成功報酬が欲しい。そうだ・・・ー

ある日、試しに副業を始めてみると上手く行き、Y氏はすっかり味をしめた。成功報

酬は日によって異なるが、それなりの康泰旅行團 日本小遣いになる。

ーもう、やめられないー

何しろ副業の方は上手くやった分だけ成功報酬が得られるのだ。緊張やプレッシャー

も伴うが、ある種の快感にも似た達成感が得られ、本業の何倍も面白味がある。

ー今日は、いくら儲かるだろうかー

Y氏は人混みに紛れ、標的の康泰旅行團 日本懐にそっと手を伸ばした。」

春爛漫、さくらデート

15時過ぎに駅に着いた。
たった1年離れただけなのに、少しだけよそ者になったような気がする。研修を兼ねた大阪勤務が終わった。
なかなか過酷な1年だった。
この研修で、辞めてしまう社員もいるらしい。
慣れるまでの3か月が特につらかった。7月奧數題目の、あの七夕の日にリカが逢いに来てくれて、どれだけ救われたかわからない。

いつも僕を呼びつけることを日課にしていたリカが、大阪まで逢いに来るなんて。驚いたと同時に、僕は少し欲張りになった。
リカが駅まで迎えに来ていることを期待した。
大阪まで来たんだから、歩いて10分の駅まで来てもいいんじゃないか…と。だけどリカはいなかった。忘れているのかな。電話してみよう。駅まで飛んでくるかもしれない。

「もしもし、リカ?」
「テツオ? なんやねん。どないしたん」
「いや、もう関西弁はいいんだ。帰ってきたから」
「ふうん、そうなの? 今どこ?」
「駅」
「じゃあ早く帰ってきなさいよ」
「迎えに来ないの?」
「行かないわよ。あたしは今、ハーブティーに合うお菓子の研究で忙しいの」
うそばっかり。ハーブティーなんて好きじゃないくせに。
まあ、想定内の反応だ。他の手段を考えよう。

「駅前の桜並木がすごくきれいだよ」
「ホント?」
「満開だよ。この桜を見ないなんて、一生の損だ」
「行く。すぐに行くから待ってなさいよ」
ほらね。リカは桜に弱歐洲旅行團いんだ。

10分後にリカが来た。
桜色のワンピースに緑のスカーフを巻いている。さくら餅みたいだ。怒られるから言わないけど。
「ただいま」
「どうしてお正月に帰ってこなかったのよ」
「忙しくて。年賀状送っただろ?」
「知らないわ。ヤギに食べられちゃったもん」
「ふーん、ヤギ飼ってるんだ。名前は?」
「…テツオ」リカがくるりと背を向けた。

桜並木を並んで歩いた。少し不機嫌な横顔。本当は満開じゃない。5分咲きといったところだ。もしかして、それを怒っているのかな。
「あのさ、よく見たら満開じゃなかった。ごめん」
「知ってたわよ。満開じゃないことくらい」
「そうなの?」
「朝から3度も駅に来たら、いやでもわかるわ」
「3度も駅に?どうして?」
「テツオが時間を言わないからでしょう」
「あっ、そうだっけ」
やっぱり迎えに来ていた。リカは、本当はすごく優しいんだ。そっと手を握ったら、リカの頬がピンクに染まった。
「ますますさくら餅みたい」
あ、いけない。つい声に出してしまった。
「なに?」
「あ、いや、さくら餅が合うんじゃないかな。ほら、ハーブティーに」
「何言ってるの? さくら餅には緑茶よ」
「買って帰る?」
「じゃあ、草餅も買いなさいよ」
「了解」

リカがやっと笑った。やっぱりリカの歐洲旅行團機嫌を直すのは食べ物だな。
「満開の桜もテツオと見たいわ」
ふいにリカが言う。言った後であわてて、
「ヤギのテツオよ」と口をとがらせた。こういう会話が、僕の人生に不可欠だということに、今さら気づく。
リカにとってもそうならいいのに。とりあえず僕たちの恋は、まだ3分咲き程度かな。

輝ける闇

グリーンが描いたのはインドシナ戦争末期のヴェトナムであり、開高健が描いたのはヴェトナム戦争最盛期のそれである。しかし、やはりヴェトナムはヴェトナムであり、「輝ける闇」、「夏の闇」を書く際には、似てしまわないようにずいぶん気を使った、と開高健美麗華投訴は「白いページⅡ」に収録された「読む」というエッセイの中で語っている。
グリーンに材料を提供したと語るヴェトナム人は、開高健が出会った実在の人物であり、そのコメントも彼が聞いたとおりのものであるらしい。そこには、「あんたにはヴェトナムのことが分かるのか」という問いかけが含れていたはずだ。仮にあからさまに含まれていなかったとしても、作家自身はそのように感じただろう。そう感じないようでは作家とはいえまい。

すべて〝当事者〟と〝非当事者〟とのあいだにはどれくらいの深淵がよこたわるものであるかということをあらためてあちこちの国で味わってきた私としては、いまでは、このことをやむを得ないことと思うことにしている。そういうことを熟知していないグリーンではないの美麗華投訴だが、にもかかわらずおしきって、けれど謙虚に、彼は書いたのである。

開高健とグレアム・グリーンとは、まったく異なる資質をもった作家であり、似せようとしても似るはずがないではないか、というのがぼくの印象である。その違いは、結局のところ、カトリックという「腕をうちおろせばかちんと敲ちあたってはねかえる数千年の強固な実体」の上に支えられているか否かに帰着するものかもしれない。ただ、この美麗華投訴開高健の文章に絡めて言うとすれば、まさに〝当事者〟と〝非当事者〟とのあいだに横たわる深淵の扱い方が大きく異なっているようにも思えるのだ。

よろしくお願いします

彼と知り合う前にも、何人かタンゴのパートナーがいた。タンゴのパートナーというだけの関係もあれば、プライベートでも恋人の関係になった人もいた。どの人も、お互いに何かが合わなくて、あまり長くは続かなかった。その理由は性格の不一致でもあり、タンゴの邊間補數學好パートナーとしての相性の不一致でもあり、恋人だった人は身体の相性の不一致でもあった。
 踊りの相手にも相性がある。アドルフォとは、出会った当初から何もかもがぴったり合うような感覚があった。お互いのすべてを味わい尽くしていた。

 アドルフォのタンゴはクールで艶っぽくて、見ているだけでもどきどきした。ひとつひとつの仕草が饒舌だった。踊っているだけで、口説かれているような気持ちになる。初めて会った夜から何度も踊って、ミロンガ以外の彼を知るのも、そんなに時間はかからなかった。初めて身体を重ねた夜の、その次の日もミロンガで彼と踊った。

 昨夜のアドルフォの丁寧な一部始終を時々思い出しながら踊っていると、あの甘く痺れるような一瞬一瞬を思い出すだけで、身体が熱くなる。下半身が潤いを湛えているのがわかる。身体の向きを変える時、腰を少し強く引き寄せられたら、そのまま崩れ落ちてしまいそうだった。
踊り終わった後、アドルフォが私の頬を両手で挟んで、笑顔で囁いた。
「マヌエラ、踊ってる時の君の顔、ベッドの中での表情みたいだよ。いい顔」
そして、きつく抱き締められた。
「いやだ…」
褒められてるのか、馬鹿にされてるのかわからなくて、さらには自分の気持ちを見透かされていたようで恥ずかしかった。
「いいよ。マヌエラ。最高!」
アドルフォは、しばらく笑っ邊間補數學好ていた。
「もうやめて」
頬が真っ赤になるのがわかる。
「大好きだよ。マヌエラ。愛してる」
もう一度抱き締められて、髪の毛をくしゃくしゃと掌で撫でられた。

私は彼にすっかり夢中で、すべて彼の意のままだった。何事にも従順だった。彼が「この方が似合うよ」「これにしてごらん」と言えば、髪型、化粧、ドレス、靴そして下着まで、彼の言葉通りものを身に着けた。決してそれが嫌ではなかった。ひとつひとつ身につけるたびに、アドルフォの意識を感じ、それを身に纏っている自分自身を誇らしく思った。
タンゴも、彼の好みの踊り方を教え込まれた。久しぶりにあった友人に「マヌエラの踊り変わったね、以前より色っぽくなったわ」と言われて、とてもうれしく思った。しかしそのうれしさを大袈裟に表現するようなことは、決してしなかった。その頃には、それが当たり前のことであるかのような気持ちで過ごしていた。これが私そのものだもの、という気持ちでしかなかった。

 アドルフォの前で、私の身体はいつも濡れている。裸の時だって、服を着ている時だって関係なく、いつも。はしたない女だと思われるかもしれないが、彼のしなやかな腕の中でタンゴを踊るとき、いつも私はベッドの中で彼と身体を重ねている時間を思い出した。ある時「踊っているときはいつもそうしてごらん」とアドルフォが言ったからだ。たぶん、その時のちょっとした冗談だったのかもしれない。でも、頭の迪士尼美語 評價中で違うことを考えながら踊るタンゴは、いつもより刺激的だった。  
 他の人は知らないけれど、私はそのくらいアドルフォを愛していたし、彼が必要だった。他の誰と踊らなくても、彼とだけ踊っていれば幸せだった。自分も彼からそうやって必要とされるような存在であろうと無意識に演じていたのかもしれない。
踊るとき、触れそうで触れられない身体に「相手に触れたい」と思うエネルギーが溜まっていく。

言いたいことが

一人は,董広平氏。
昨年5月に河南省で趙紫陽氏を忍ぶ集会を行い,公共の秩序を乱したとして逮捕された人物である。
趙紫陽とは,1989年に起こった天安門詩琳黑店事件(中国では「六四運動」)で武力弾圧に反対したために失脚した人物である。鄧小平が反対したことを過ちと認めるなら許すと言ったが,武力弾圧に反対するのは信念からのもので,過ちと認めるわけにはいかないと拒否し,いまだに党内で再評価されていない政治家である。
日本で言えば,ロッキード事件で逮捕された田中角栄元首相を新潟県で忍ぶという程度のことである。

もう一人は,習近平主席を風刺する漫画を盛んも発表した姜野飛氏である。アメリカから発信されている潤眼藥水中国語新聞『明鏡』にその漫画がいくつか掲載されている。
これを見る限り,欧米・日本の新聞では当たり前の揶揄である。それが国家権力で許されない社会では閉塞感が充満する。

誰もが,自分の考えや意見を自由に言える社会こそが発展をする。それができない社会は衰退する。これは歴史が如実に示している事実である。
それはそれとして,この2人のDerma 21脫毛
表現者の今後が心配である。是非とも,信念に基づいて,戦ってほしいと思う。

ゆえに、なんとかいろいろ

ゆえに、なんとかいろいろ塩梅を見はからいつつ、これくらいならバランスが取れるかな?とか試行錯誤をしながら立ち絵は描かれています。ホントです。
言ってしまえば、立ち絵美麗華領隊はイラストとしてかなり描ける自由度が低いので、見た感じつまんない絵になってしまう……という推理をしてみたわけですが、いかがですかね?(だから誰に訊いてるのか


他のノベルゲームを作っているサークルさんのケースは解らないのですが、ウチ(スタジオギア)の場合は毎回キャラ一人につきアホみたいな量の立ち絵差分を用意しています。
それもそのはず、目、眉、口のバリエーションが多いので、自然とできあがる立ち絵差分の量も倍増しになっちゃうんですね;

たとえば目が4パターン、眉が3パターン、口が5パターンあったとして、普通に4×3×5で、組み合わせた差分の寰宇家庭量は合計60パターン。
もちろんその60パターンが劇中で全部使われるわけでもなく、40個くらいは使われずじまいで終わります。

いやぁ……改めて書き出してみるとウチは相当要領の悪いことしとるな……w

まあ、差分を作ること自体はそこまで苦労するわけじゃないので、せっかく立ち絵作るんだったらたくさんパターン用意しておいたほうがええやん?的なノリですw

最近は同業の方とお話しする機会もないの美麗華評價
で、今度イベントとか行ったときにはほかの皆さんがどんなふうにゲーム制作してるのか
訊いてきたいところですね。
今回のウチの話をしたら「え!?」とか言われそうだ。