キラキラ電飾様

おはようございます。おかこさんです。

この前オリオン座以外の星が見えないみたいな話をしましたが、昨日の夜空には他の星たちもちゃんと輝いてました。なんだよおかこさんが星座知らないだけじゃん。
あーなんだかプラネタリウム行きたいなー。この日頃の多忙感できっと寝ちゃうだろうけど。ちょっと前に行った名古屋のプラネタリウムよかったなー。確かちょうど金環日食のちょい前ぐらいだったので特別にそんな内容のこともやってた記憶が。まぁ満天の星空とおかこさん、似合わないけどさ。

そろそろイルミネーションとかが街を彩る季節なのかな?去年は久し振りにルミナリエ行ったけど今年は…いかないかなー。去年行ったのが10年ぶりぐらいだったし、また10年後でええかな的なね。それよりも他のそういうのみたいなー。実家帰ってたらなばなの里のウインターイルミネーション見に行ってもいいんだけど、あれって年末年始やってるのかな?広告見るたびに綺麗だなとは思うんだけど多分行ったことないや。

なーんて考えてるうちに年越えちゃうんだよなー。早い早い。

自分に厳しい人は他人に優しい?

仕事中に、感じる事ですが
「自分に厳し人は他人に優しい」のでは?

たまに、日本人とやり取りをするのですが
上から目線と言うか、厳しいと言うか
親身でないと言うか、馬鹿野郎と言うか
クソ野郎と言うか・・・

あ、汚い言葉を出して申し訳ない。

まあ、仕事だからと言う事もあるかもしれないけど
返答の仕方に人としての心が感じられない。

そして、感じる事がある。

この人は他人に厳しい人で
自分自身や身近な人には調子よく振る舞っているのではないかと。

若い頃は、こんな事を感じる事はなかったですが
年をとると(離婚してから?)
色々と感じるようになり
自分自身を見直す機会が
増えたような気がします。

そして、他人には
優しくありたいと思う金曜日の朝でした。

では、良い一日を。

まんが少年

まんが少年でした。少年雑誌のほとんどは読んでたように思います。
月刊『少年』と週刊『少年キング』は毎号購読してました。
『少年画報』と『少年サンデー』は床屋さん、『ぼくら』、『少年ブッ
ク』、『冒険王』、『まんが王』、『少年マガジン』は貸本屋。
毎年月刊誌は新年号の付録が豪華で、貸本屋のおばちゃんに50円ぐらい
でゆずってもらいました。

月刊『少年』の廃刊間近、永島慎二さんの100ページ程の長編を読んだ
記憶があります。『拳銃物語』やったかなあ。貸本雑誌『刑事』でよく見
かけた名前でした。小学生には『漫画家残酷物語』は少し難しかった様に
思います。貸本から少年誌に移る時期だったのですか、とても読みやすい
ドラマチックな印象をうけました。

20歳前後に朝日ソノラマから出版された『漫画家残酷物語』全3巻を購
入し、しっかりと読み直しました。コマ割、映画のような俯瞰、アングル
の描写にのめり込みました。3巻の最後の『陽だまり』は泣いてしまいま
した。『青春裁判』もショックやったな。

最近は音楽も本も読まなくなり、映画ばっかり観ています。
本日、一冊本を注文いたしました。