正月の戯れ言

昨日に引き続き、正月なのでいつもの私らしくない日記を書こうと思う。
今日はクイズではなく、戯れ言だ。

ある日のこと。
雷様とお月様とお日様が一緒に宿に泊まることになった。
翌朝、雷様が目覚めると、お月様とお日様の姿が見当たらない。
雷様は宿の主人にお月様とお日様はどうされたのかを尋ねると、宿の主人は、

「お月様とお日様は朝発ちされました」
「そうなんですか」
「雷様はいつお発ちになるのですか?」
「私は夕立です」

えーっと、意味が分からなければご容赦を。

さて、正月はご馳走を食べている人も多いかも知れない。
されど、どこかのCMではないが、美味しいものは脂肪と糖で出来ていると言うほど、美味しいものほど体には悪いものだ。
なので、出来ることなら脂肪や糖質などは控えた方が良いだろう。

朝食は健康のため。
昼食は自分のため。
夕食と晩酌は医者のため。

えーっと、正月の戯れ言はこの辺にしておくことにしよう。

次回からは、いつものつまらないコラム日記に戻ると思うが、今年もお付き合い頂ければ嬉しい限りである。
蟻力神
蟻力神(第五代)