年収とは

年収に対する価値観は人それぞれ。

僕は31歳のときに独立して、当時は600~700万円でした。
将来はもっと上へ!オレは同年代より稼いでる!そんな自己満足がありました。

育児や家事の協力?オレは仕事で頑張ってる、結果を出してる。
オレがいるから成り立ってる。
年収や地位は、男としてのランク、価値みたいに思っていた。

今では、人生とか、幸せとか、自分なりに考え価値観が大きく変わりました。

同時に転職をして、収入は半分以下になった。
僕は、今のほうが幸せです。
視野が広がり、気持ちにゆとりがある。
なにより毎日が穏やかだ。

離婚して数年経ち、子供たちとは月1ぐらいで会っています。
一緒にご飯を食べたり、遊んだり、今のほうが間近で過ごせてる気がします。

年収も少なく、養育費もある。
条件からして、無理して相手を見つけようとは思ってません。
収入は大事だし、それを条件と考える人とは価値観は合わない。
選ばれないし、自分も選ばない。

でも将来のこと、年相応の収入、危機感は持ってます。
このままで良いわけがない。
今の自分には、根拠より気持ち、自信さえあれば何でも出来る、そういう思いです。
男宝
ナンパオ

レディーファーストは難しい・・・・

貴女のパートナーは連れ立って歩く時、手を繋いでくれますか???

休日の午後、連れ立って散歩したり買い物に付き合ったり、たまには外食に連れ立って出かけたり・・・

手を繋ぐ習慣はありますか???

男は羞恥心から、手を繋ぐなど嫌だと考えているかも知れません、それでも貴女は手を差し伸べて「手を繋いで・・・」とねだったことがありますか????

私も昔は女性と手を繋ぐなど考えもしませんでした

でも陽子と知り合い付き合うようになって、うっとうしい位私の腕に絡まってくるのです

最初は抵抗がありました、恥かしさよりも世間的には不倫の関係でしたから後ろめたさがあったのだと思います

でも腕を絡めた彼女の手は、殆ど力が入っていないことに気が付いたのです

腕を掴む手は、ただ添えられているだけ・・・・

私は大きな勘違いをしていました、彼女は最初から私を思い計って手を添えてくれていたのです

気が付いてから、腕に差し入れられた彼女の手を、そっと撫でるようにします

二人は顔を見合わせて微笑むのです

そんな光景もよそから見たら親子に見えるでしょう

それからと言うもの、女性を助手席に乗せる時やレストランで着席するときは必ずアシストするように自然となりました

よくレディファーストは日本の風土に馴染まないと聞きます、でも女性の立場なら、どうでしょう・・・・

この時期、お店で防寒着やコートを入口で脱ぐことが多いでしょう、そんな時は女性の後ろに立って脱衣を手伝うくらい男なら出来て当たり前です

なぜ、こんな事を言うのか・・・

今日は昼前にお局様を連れ立ってお得意様に伺った帰り、レストランで昼食
採った・・・

入口を入って彼女のダウンコートを後ろから脱がせようと手を掛けた途端

「なに!!!所長どうしたの!!!今脱ぎますから・・・」

睨みつけられた

「ごめん、手を貸そうと思って・・・」

席に付いて

「所長はいつも女の人に、あんな態度をとるのですか????」
「えっ、あんな態度???   ああ・・・コートを脱がせることね・・・」

お局様にとって初めてのことだったらしい、まるで裸にでもされそうな気分になったと・・・

平謝りの昼食・・・

陽子とは極、自然な行為でも他人には全く受け付けないマナー違反になってしまう、難しいレディファーストを実感した

前もって声を掛ければ良かったかも知れないと後悔したが後の祭り・・・
徳国黒金
蔵秘男宝