我が家では食卓にイノシシ肉が普通に出る。

タイトル通り。

今日はイノシシ肉のカレー。

田舎育ちなもので。

実際美味しいんですよ。

むしろ日本は鶏肉豚肉牛肉で安定供給があるからね。

他を食べるのがまるで禁忌かのような扱いな部分がある気がするんだけど。

まやかしにすぎないしそんな狭い了見に苛まれて生きてる人はまぁ正直かわいそうだと思う。

あくまで個人的価値観の自由だけどね。

畑を荒らすからしょうがない。

自分らで罠で捉えてさばいて食べます。

そんな感じで都会のおぼっちゃま大学に通ってたから価値観合わないのは当然だったね。

俺の仕事は地方創生に関わるので、鳥獣害ももちろん対策してます。

しかも仕事関係なしに小さな頃から鳥獣害とは隣り合わせで生きてきたので。

何を今更。

といった加減でもあります。

価値観はそういった出自の面から強く影響を受けているので、合う合わないは人それぞれあるかと思いますので。

けど古来より日本人が戦ってきたところだと思うんだ。

弥生時代に渡来人が漢字と農耕技術を持ち込んで以来日本人はずっと農耕民族だから。

そういう刻まれてきた歴史を包括して、

いただきます。

て文化が生まれたんだと思う。

命をいただくんだから。

生きていたものの力を借りて俺らが生きるんだから。

その刹那を自覚していかなきゃならないよね。

けど人間はあくまで動物だから、自覚するのを忘れるよ、他の動物と同じで。

けどその他の動物は自分が食べられる側になった時に素直に食べられるよね。抵抗はするけどなすすべはない。

けど人間は抵抗するし結局覆して今まで発展してきたんだ。

要するに食べるくせに食べられることは拒んだわけだ。

だからその言い訳として、代償として、

いただきます。

て言わなきゃ。

一番哀れな印として、心を込めて頂かなきゃならないと思うよ。

イノシシ、美味しいです。
男宝
ナンパオ