躍るようなハートのモチーフは

躍るようなハートのモチーフは、その名も“ハートビート”。ウブロスーパーコピー2014年クルーズコレクションで登場した新作で、グッチとしては珍しいといえるポップアートのようなパターンは、写真のピンクベースのほかに、イエロー、ブルーが揃う。コレクションを象徴するアイテムはぜひ手に入れたいものである。
この“ハートビート”を全面にほどこしたレザーハンドバッグはコーディネイトのアクセントに。「グッチ 58」と名付けられたこのハンドバッグは、1958年に作られた特徴的なクロージャー(留め具)にインスピレーションを得て誕生したもの。ブライトリングスーパーコピーハンサムなスクエアのクロージャーと、遊び心溢れるハートビートとのコントラストが印象的だ。おなじく“ハートビート”をまとったアイコニックなキャンバス地のトートバッグ「サニー」とウォレット「ベティー」もお薦めである。

グッチ財布スーパーコピーブランド

躍るようなハートのモチーフは、その名も“ハートビート”。2014年クルーズコレクションで登場した新作で、IWC時計コピーグッチとしては珍しいといえるポップアートのようなパターンは、写真のピンクベースのほかに、イエロー、ブルーが揃う。コレクションを象徴するアイテムはぜひ手に入れたいものである。

ハート型の“インターロッキンG”がアイコンの「ラブリー」も、ロマンティックなバレンタインにぴったりのコレクションといえるだろう。スーパーコピー時計甘すぎないビビッドなピンクは今季の新色で、内装にはハートビートモチーフがほどこされた。使うたび溢れ出すハートモチーフが、何気ない仕草に視線を奪うサプライズを演出。揃いのキーチャームとコーディネイトするのもいいだろう。ユニークなパラソルもハート同様、コレクションのなかで印象的に使われたモチーフのひとつである。
ピンクに染まるプレイフルなモチーフが、毎日をハッピーに彩るバッグやウォレット。ロレックス時計コピーこのバレンタインはハートのショコラともうひとつ、ハートフルなグッチの新作はいかがだろう。

Cartier|カルティエ 間もなくカルティエ初のダイバーズ モデルが日本市場に登場

1月20日から24日まで、スイス・ジュネーブにてSIHH(Salon International Haute Horlogerie=国際高級ブランドコピーサロン、通称ジュネーブサロン)が開催された。ここで本発表となったのが、カルティエの「カリブル ドゥ カルティエ ダイバー ウォッチ」である。

完全自社開発・製造のCal.1904搭載

「カリブル ドゥ カルティエ ウォッチ」とは、2010年のSIHHで発表されたカルティエの男性のためのウォッチコレクションであり、カルティエが自社開発・製造した自動巻きムーブメント「Cal.1904-PS MC」を搭載する。ウブロスーパーコピーカリブルとはキャリバーを意味しており、カルティエがマニュファクチュールであることの象徴的なコレクションといえる。メンズ・ウォッチに求められる力強さと、メゾンが創り上げた気品を兼ね備えており、とくに12時位置に大胆に配されたローマ数字は独自の世界観を見せている。

そしてキャリバーに採用される“1904”とは、ルイ・カルティエが友人である飛行家アルベルト・サントス-デュモンのためにレザーストラップ付きの腕時計を創出した年のこと。スーパーコピー時計こうした特別な年を時計に記すところにもメンズ・ウォッチのロマンが感じられる。 登場以来、またたく間に人気を博したカリブル ドゥ カルティエ ウォッチに、2013年に『カリブル ドゥ カルティエ クロノグラフ』が、そして今年『カリブル ドゥ カルティエ ダイバー ウォッチ』がラインナップに加わり、コレクションの一層の充実が図られている。http://i.anisen.tv/bbicids/