見えないもの

彼の夢をみていた気がした。
目が覚めたのは、また3時だった。

いまどこでどうしてるのかな。

何度夢をみても、彼がいない理由がわからないでいるあたし。
何ヵ月も逢っていないのに、まだ数日しか経っていない気がする。

こんなに想える人に出逢えるって、すごいことなんだろうな。

彼にも欠点は沢山あったし、喧嘩も沢山した。
傷つけあって、顔も見たくない時もあった。
なのに嫌いになれなかった。
結局あたしの居場所はあの腕のなかだった。

今も、彼に愛される自分でいたい。
絶対また逢える気がしてる。
そんなはずはないのに。

見えないものを信じるのは、本当に難しい。
でも今は、信じていたい。
あたしができることはそれだけだから。
落ちたり穏やかになったり
泣いたり腹が立ったり
未だに感情の起伏についていけなくて疲れる。
それでも想っていたい。

ヤキモチやきで淋しがりな人だから、あたし
は彼を感じていてあげたい。

媚薬
リドスプレー
威哥王

女神と天使

私には女神さまが3人いる
天使が1人・・・

女神さまは生神さまも含めてだけどね

天使は 水の天使

そのイメージ通り 透明感があって

可愛い・・・

私だけの

現実って 私達が捉えられるものは

もの凄く微々たるもの

いるんだけど

見えない 分からない

そういう人が 多いね

もったいない 想像するだけで いいんだよ

そしたら 潜在意識にアクセスできるから・・・

巨人倍増
催淫カプセル
三体牛鞭

喰女 クイメ

邦画です。
監督は、三池崇史。
8月23日より公開。

あらすじ・舞台「真四谷怪談」で、お岩役を演じるスター女優・後藤美雪(柴咲コウ)。美雪の強い推挙により、恋人である俳優・長谷川浩介(市川海老蔵)が伊右衛門役に大抜擢される。

さらに、鈴木順(伊藤英明)と、朝比奈莉緒(中西美帆)がキャストとして決定する。伊右衛門のエゴや非道さに傷つくお岩の怨みと恐ろしさを舞台上にうつし出す四谷怪談の世界と、それを演じる役者の男女の愛と欲が渦巻く現実世界。

舞台に集った4人の俳優陣が、稽古と日常のはざまで、それぞれの想いが募っていく。やがて二つの世界のかなわぬ思いは、現実と舞台をオーバーラップし、やがて一つの怨念となり、膨れ上がる。果たしてどうゆう結末になるのか?・・・・・・。

あまり、怪談やホラー映画は見ないのですが、今回はどのように役者が演じるか興味があったので見ました。映画を見て思ったのは、俳優の演技がいかに重要かということでした。

普通の映画は、私は、役者の演技についてはほとんど語りません。が、今回は、女の情念、男の欲望が入り混じり、役者を演じながら、それを通し個人のエゴを演じるという、二重の演技力が求めらたと思いました。

ヒロインを柴咲コウが演じましたが、最初は力量不足かなと思い見ました。男を想う女の情念を演じるには、彼女の演技はやや弱いというか、ドロドロした欲望を演じきれるか疑問でした。

男からすると女の情念は複雑で謎です。四谷怪談を演じてその愛憎を地で表現するのは、かなり演技力が必要になります。女を理解できない怖さを女優が演技できたかがこの映画の要と言えるでしょう。

暗いシーンは暗く、明るいシーンはあまりありません。効果音は、重低音と邦楽器で表現してます。シンプルですが。効果十分です。途中から、現実なのか、芝居なのかわからなくなってきます。

ラストで、何がどうだったのか、はっきりするんですが、今ここでいうのは野暮というものでしょう。怖かったです。ですが怪談話ではなく、男から見た女というものの情念の深さを感じました。女性が見たらどう感じるでしょうか?興味があります。見てください。夏の終わりにぴったりの映画です。


中絶 薬
ru486

ペニスは単なる責めの道具

私にとって、自分のペニスは、女性を責めるための、ただの道具でしかない。
別に、射精をしなくても良い。
自身の快楽のために、ペニスを膣に入れようとも思わない。

口腔をペニスで責めたり、奉仕させたりするのは、責め・支配の一環で比較的に積極的だし、尻の穴へも同様だけれど。
膣へ入れようとは思わない。

ペニスを膣へ入れる時は、女性への褒美としての場合か、入れたまま動くことなくじわじわと焦らす為に使うことがほとんどだ。

射精も、褒美として飲ませる時に出すくらいだろうか。

心を責められて、精神を翻弄されて、魂を牛耳られてて、精根尽き果てていく女性の姿を見ることができたら、私としては満足である。


催淫
インモラル
女性用精力剤

優しい気持ち

相変わらず忙しい仕事の日々...

ついついテンションも下がってしまう状況の中で、苛立ちも隠し切れなくなりそうになる...

日記も書きたいけど...

そんな気持ちがストレスとなり、尚更書けなくなってしまいます

でも、天は我を見放さなかった!!

日記を始めた今年の3月終わり頃...

僕が生まれて初めて人生に絶望し、後ろ向きの日々を歩いていた時期に一筋の光を浴びせてくれた女性がここに戻ってきたんだ~(^v^)

その人は僕がここで唯一本気で好きになった人です

日記を読んで一目惚れ?

もちろん...僕が一方的に好きになったんだけどね(笑)

俗に言う片思いだったんだよ~^^;

実際に会わなくても...その人が書く日記の言葉が励みになり、その人の人柄や人生観を知ることでより強い愛情が育まれていく...

好きになる意味を教わった感じかな?

そしてホントの意味での優しい気持ちを教えてくれた人なんです

そして月日が経ち今日に至る...

今の僕が優しいって思ってくれてる方がいたなら、それは他人からの影響を拒むタイプだった僕の心の中からその人が優しさを呼び覚ましてくれたんじゃないかと思ってます

言うほど優しくないと思うけど~^^;

あ~、一つ言っとくと...

その人には今でも片思いなんだけどね~^^;

このままでは、

片思いforever...かな??(笑)

でも、

本気に好きになったならば...相手の気持ちが掴めても掴めなくても、どんな状況にあろうとも好きな気持ちが凌駕する!!

そう!!優しくいられる...ってこと

だからこそ、これからも僕は人を好きになる気持ちを大切にしたいと思ってます

究極の愛とは...見返りを求めない愛

僕はそう思ってる

あっそれとたった今しがたなんだけど...

僕がちょっと辛い時期に励ましてくれた人がもう一人いました!!

7月頃かな??

ずっと日記を休んでいたんだけど、今日久しぶりに顔を見せてくれたんです!!

元気な姿がみれたら安心するね!!

振り返ってみると...僕は他力本願で生かされてきたんだな~って思うよ!!

さらによくよく考えてみると...

辛い環境から始めた日記を起点に

気の合う方達に巡り会えている僕は...

もしかしたら全然不幸なんかじゃなくて幸せ者なのかも知れないね!!

そう思える今の気持ちも・・・

やっぱり大切にしていきたいです!!

そうだな~僕はここにいる日記友達となら、普通に楽しく喫茶店で会話して、普通に笑顔で立ち去ることが出来る...

皆とはそんな関係になってきてるし、それが出来る自信もあるよ!!

初めて会っても100%の自信だ(笑)

あくまでも例えだけどね~^^;

でも、この例えわかりやすいでしょ(笑)

とはいっても、僕の策略かもしれないから、もしそんな甘い言葉が掛ったらくれぐれも注意するように!!

今日はしゃべり過ぎたかな?^^;

仕事止めてまたやってしまった~(泣)

やばいな!!

三体牛鞭
女性用媚薬 ランキング
ru486

ナースと飲みました

大学を二つ出てナースをしてるそうです

ご主人と別居中というのは初めてでした
もう10年も別居しているそうです


ご主人が絶対離婚しないと言い張っているため

そのくせ生活費、子供の教育費は一銭も出さないとか

子供も来年大学受験だそうです
生活・教育もカツカツでやっている
服装・生活も地味、
出会い系でこんな地味な人は初めて
でもとっても好感が持てます

ご主人も自分の子供なんだから教育費くらい出せばいいのにね
僕はたくさん出してます

インモラル
紅蜘蛛