元貴ノ浪 突然の訃報 後進育成道半ば惜しむ声

三沢市出身で大相撲の元大関・貴ノ浪(現・音羽山親方)の浪岡貞博さんが20日、急性心不全のため43歳の若さで死去した。現役時代に2度の優勝を飾り、当時の大相撲人気を支えた“大スター”の突然の訃報に、県内の関係者は深い悲しみに包まれた。

 浪岡さんは、身長1メートル96の長身を生かした豪快な相撲が持ち味で、「金太郎」の愛称もあった。1996、97年には優勝を果たし、2004年に現役を引退した後、現在は貴乃花部屋で後進の育成にあたっていた。

 「私が番付を上がっていった時には『しっかり稽古しろ。大関を狙えるぞ』と声をかけてくれたことを今でも覚えている」

 本県出身の後輩力士にあたる元関脇で県議の斉藤直飛人さん(39)は、現役時代に浪岡さんからかけられた言葉が忘れられない。「同じ時代に土俵に上がっていた郷土の大先輩だった。あまりに突然のことで、実感が湧かない。信じられない」と声を落とした。

 浪岡さんが小中学生時代、三沢市内の道場で稽古をつけていた県相撲連盟の蛯名義正・元会長は「小学生の頃から、足腰が強く体も大きな子どもだった。素直でアドバイスをするとすぐに取り入れる力もあった」と振り返る。優勝した96年、地元に凱旋がいせんしたときには同市役所前で出迎えた。「冬の寒い中、市民総出で祝福したことをよく覚えている。まさに地元のヒーロー。惜しい人を亡くしてしまった」と嘆いた。
紅蜘蛛

媚薬購入
 県相撲連盟の桜田一雅理事長は「あまりにも早すぎる。今後は部屋を持って、弟子を取ってという夢もあっただろう。まだまだこれからの人だったのに、残念で仕方ない」と惜しんだ。

岩肌に夏至観音像 小豆島

「小豆島八十八か所霊場」第一番札所・洞雲どううん山(小豆島町)で10日、岩肌に差し込む光が観音菩薩ぼさつ像を映し出す「夏至観音像」が完全な形で姿を現した。

 毎年、夏至前後の約50日間だけ見られることから、この名前がついた。この日午後3時前、足元から胴、錫杖しゃくじょうを持つ手、頭の順番で現れた後、数秒間だけ頭上に冠を載せた像(高さ約3メートル)が出現した。
インモラル
女性用精力剤
 完全な姿を拝める時間は一瞬とあって、像の前では多くの参拝客が待ちかまえ、千葉県船橋市から訪れた主婦岩崎清美さん(72)は「こんなチャンスはめったにない。八十八か所霊場巡礼の旅で、一番の思い出になりました」と喜んでいた。同山の加藤義昇住職(87)は「完全なお姿を現されたのは、今年初めて。一人でも多くに神秘的な現象を拝観してもらいたい」と話した。

もぅダメだぁ~(♯`∧´)

こんにちは~(^-^)

曇り空。
いつ降り出してもおかしくない天気だぁ~

今、昆布茶をズルズルと
飲んでます^_^;
昆布茶、美味しい~(^-^)

今日は、待ちに待った花金(^-^)

花金と言うても、なんのスケジュールも
入ってない^_^;

いつもの様に、パチ屋さんに行くだけなんですが、、、、

ずっ~とヤラレばかりで…>_<…

ちっとも、面白くないですわ(-_-#)

しかし、、行ってしまう
あんぽんたんのさくらです^_^;
ru486

即効性強精剤
さぁ~後もうちょっと
ひと頑張りしてくるかぁ~(^-^)

何を頑張るって、、、、
仕事だよ、仕事。(・・;)

でわ、バイバイ~♪(v^_^)v