首相、来月の訪中見送り 抗日戦勝行事欠席 欧米各国に歩調

菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十四日午前の記者会見で、安倍晋三首相が検討していた九月上旬の訪中を見送ることを明らかにした。中国は北京で軍事パレードを行う九月三日の「抗日戦争勝利記念日」に首相を招待していたが、欧米各国の首脳が中国の軍備拡張に反対して欠席する意向で、首相も歩調を合わせた。首相は安全保障関連法案の参院審議が大詰めに入る時期に当たることにも配慮した。
黒倍王

D10催情剤
 菅氏は記者会見で「首相は九月三日の式典には出席しない」と明言。理由については「国会の状況を踏まえ判断した」と述べ、三日前後の訪中も「予定はない」と説明した。

 首相の訪中をめぐり、七月には外交政策ブレーンの谷内正太郎国家安全保障局長が訪中して、李克強首相と会談。首相の訪中に合わせて習近平国家主席と三度目の日中首脳会談を実現する道筋を探った。

 首相は今後、九月の国連総会、十一月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議などの国際会議出席時に、習氏との会談実現を目指す。菅氏は会見で「国際会議を利用して両国関係のさらなる発展に取り組みたい」と述べた。

 記念行事には、オバマ米大統領ら欧米各国の多くの首脳が欠席する見通し。その一方、ロシアのプーチン大統領、韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が出席する意向を示している。

マリナーズ岩隈が無安打無得点 野茂以来の偉業達成

米大リーグ、マリナーズの岩隈久志投手(34)は12日、本拠地シアトルでのオリオールズ戦で無安打無得点試合を達成した。日本選手では2度記録した野茂英雄以来、2人目で3度目の快挙。今季の大リーグではヘストン(ジャイアンツ)、シャーザー(ナショナルズ)、ハメルズ(当時フィリーズ、現レンジャーズ)に次いで4人目。
睾丸素カプセル

超強黒倍王
 今季11試合目の先発登板だった岩隈は、日米両プロ球界を通じて自身初の偉業達成となった。116球を投げ、3四球7三振。直球、変化球ともに切れがあり、低めへの制球が抜群だった。4勝目(2敗)を挙げ、試合は3―0だった。

巨人などで活躍…「ラミちゃん」引退試合に歓声

プロ野球のヤクルト、巨人などで活躍したアレックス・ラミレス氏(40)の引退セレモニーが2日、前橋市の上毛新聞敷島球場で行われた。
韓国痩身一号

三體牛鞭
 現役生活を終えた独立リーグのBCリーグ・群馬ダイヤモンドペガサスに1日限定で選手登録し、同日の公式戦に「4番・指名打者」で出場。雨にもかかわらず駆けつけたファンから飛んだ「お疲れさま」「ありがとう」との歓声に応え、適時打も放った。

 「ラミレス引退記念」と銘打った武蔵ヒートベアーズ戦で、ラミレス氏は久しぶりのユニホーム姿をファンに披露した。試合前のセレモニーで花束を受け取ると、公募で選ばれたファンと始球式に臨み、豪快なスイングでスタンドを沸かせた。

 第1打席は一回、二死三塁の好機。「ラミちゃん」コールが響く中、1ボール、2ストライクから振り抜いた打球は、右中間に落ちる先制適時打に。変わらぬ勝負強さを披露し、一塁ベース上でガッツポーズを決めると、ヘルメットを取ってスタンドの声援に応えた。第2~5打席は凡退した。

 記念の一戦には、親交のある元アテネ五輪女子ハンマー投げ日本代表・室伏由佳さんや、かつて所属したヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎も駆けつけた。イニング間には、ラミレス氏ゆかりの選手、指導者から届いたメッセージ映像が電光掲示板で上映され、DeNAの三浦大輔投手らが「お疲れさま」とねぎらいの言葉を寄せた。

 観戦に訪れた榛東南リトルメッツの少年(12)は、「ヤクルト、巨人時代から応援していた。『群馬に来てくれてありがとう』と言いたいし、これからも監督やコーチとしてチームに残ってほしい」と話した。