マイナンバー、どう変わる?…認知低く戸惑いも

共通番号(マイナンバー)制度は、一人ひとりへの番号の通知が来月5日から始まる。

 多くの自治体が韓国痩身一号通知カードの不達を心配する一方、住民の側にも「何がどうなるの」と戸惑いの声がある。通知開始まで1週間。国や自治体は直前まで周知に追われている。

 ◆43%どまり

 「便利になるみたいだけど、何がどう変わるのだろう」。広島市南区の主婦(36)は、10月以降にマイナンバーが通知されることを最近、テレビで知った。

 夫(39)と長男(2)の3人暮らし。催情剤番号は家族3人分が届く。何に使うのか、インターネットで調べてみたが、具体的な情報が少なくてよく理解できなかった。「役所の手続きで、たらい回しにされることが減るみたい。家族のカードをちゃんと管理できるかな」

 来月5日からの番号通知では、番号が記載された「通知カード」が各世帯に簡易書留で届く。希望者には来年、「個人番号カード」も交付される。番号は来年1月から、様々な行政手続きで使われ、利便性が高まると期待されている。

 しかし内閣府が7~8月に全国1773人を対象に行った調査では、マイナンバーについて、名称だけでなく「内容まで知っていた」と答えたのは半数以下の43・5%だった。ある自治体の担当者は女性用媚薬 ランキング「周知はまだまだ。理解できないまま通知カードを受け取る人も出てくるかもしれない」と話す。

初秋の高原に響くハーモニー 六呂師でアルプス音楽祭開幕

初秋の粉劑媚薬高原を舞台にした「六呂師高原アルプス音楽祭」が二十日、大野市南六呂師のミルク工房奥越前前の広場で開幕した。大勢の家族連れらが歌や楽器のステージに耳を傾けた。入場無料。二十三日まで。

 六呂師高原の情景がスイスのアルプスをほうふつさせるとして、市民有志の実行委員会が二〇一三年から開催。今回は県内外から十七の音楽団体を招待した。スイスの民族衣装をまとった「アルプス音楽団」(東京)はアルプホルンなどの演奏に合わせてダンスを披露。初参加の福井大アカペラサークルふれんどは、二十人余りの学生が六人一組で順にハーモニーru486を響かせた。

ウエアラブル端末7600万台 世界出荷予測、前年比2・6倍

米調査会社IDCは14日、三体牛鞭腕時計型などウエアラブル(身に着けられる)端末の世界出荷台数が、2015年は計7610万台となり、14年(2890万台)の約2・6倍に増加するとの予測を発表した。

 タブレット端末の15年出荷台数予測(2億1200万台)の3分の1に上る計算で、急速に存在感を増している。今後5年間、年平均23%増のペースで成長し、19年には1億7340万台に達するという。各メーカーのシェア獲得に向けた開発競争は激化しそうだ。

 アップルの腕時計型端末「アップルウオッチ」や、堅調な個人消費、販売業者増が出荷を後押しするとした。粉劑媚薬

日中案、採用しない考え インドネシアの高速鉄道

インドネシアのナスティオン調整相(経済)は3日夜、日本と中国が受注を競うジャワ島の高速鉄道計画について「ジョコ大統領は、高速鉄道は必要ないと判断した」と述べ、両国の事業案とも採用しない考えを示した。ジョコ氏と電話で協議後、記者団に明らかにした。
睾丸素カプセル

超強黒倍王
 ジョコ大統領は3日夕、記者団に「高速鉄道整備は必要だ」と述べており、短時間で方針を一転させたことになる。ジョコ氏は、判断を変えた理由を明確に説明していない。

 ナスティオン氏は、日中が事業化調査を行った首都ジャカルタからバンドンまでの区間約150キロでは、高速鉄道の性能を生かし切れないと指摘。