<テスラ>自動運転死亡事故、ユーザーはどう判断すべきか

既存、新興メーカーを交えて「自動運転技術」の開発競争が熾烈ですが、先日、自動運転機能を作動していた米テスラモーターズのモデルSで死亡事故が起こりました。ユーザーはこの事故や自動運転技術にどう向き合えばよいのでしょうか。元グーグル日本法人社長の辻野晃一郎さんが解説します。

      ◇    ◇

 先日、東京都内でタクシーを拾ったら米テスラモーターズのモデルSだった。今でこそまだレアな偶然だが、そのうち珍しくもない光景になることだろう。ところで先日、そのモデルSで、自動運転機能(オートパイロット)作動中に初めての死亡事故が発生したことが明らかになり、話題となった。

 事故が起きたのは5月7日、場所は米フロリダ州の幹線道路交差点だ。ドライバーがオートパイロットを作動させて走行中、反対車線から大型トレーラーが左折して交差点に進入し、ブレーキをかけた痕跡がないままトレーラーの下に潜り込む形で衝突。男性ドライバーが死亡したという。

 6月30日付のテスラ社の公式ブログには、「オートパイロットもドライバーも、強い日差しの空を背景に、白色のトレーラー側面を認識できなかった、極めてまれな状況下で起きた事故」とある。

 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が詳しい事故原因を調査中だが、現段階では、「オートパイロット機能そのものに欠陥があるともないとも解釈されるべきではない」としている。

 これをきっかけに、発展途上の自動運転の安全性を巡る議論が巻き起こる中、再びテスラ社のモデルX横転事故のニュースが入ってきた。事故発生は7月1日、事故現場はペンシルベニア州ピッツバーグ市。
媚薬
 ドライバーの証言では、やはりオートパイロット作動中だったという。高速道路走行中に右ガードレールに接触、その反動で今度は中央分離帯のコンクリートバリアーに衝突し横転した模様。ドライバーと同乗者はけがをした。こちらの事故についてもNHTSAの調査が始まっている。

 テスラ社のオートパイロットは、センサーなどで周辺状況を把握し、走行中の車間距離や速度を保つ機能として実用化されている。日本でも今年1月、国土交通省の承認を得てソフトウエア配信を始めた。

 ただし、同社も繰り返し強調しているように、現段階ではベータ版(試験版)としての公開で、完全な自動運転を提供するものではなく、いわば運転補助機能だ。威哥王
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/gnbfbggb/25608
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
19
20
21
23
24
26
27
28
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others