許す力、呑み込む力

すみません、またまた
自分への言い聞かせ日記になります
德國魔棒
前にも書きましたが、最近思うのは
やはり「許す力」が大事だということ

過去の事象は一つの事実なのです
もう起こってしまった事なので
変えようがないのです

でも、その事象をどう解釈するのか
ここは変えられるかも知れません

これは天然石のようなもので
どういう角度で眺めるかによって
その色合いが変わってきます

できれば綺麗な色合いで眺めたい・・
その方が楽になる

そしてその為には「許す力」が
大事なような気がします

僕はこの能力が乏しく
妻はこの能力に長けています
巨人倍増
結婚後、共有した事象は星の数ほどあります
それをどういう色合いで眺めたのか・・

僕にとっては嫌な出来事だったことが
妻にとってはイイ思い出だったりします

結果的に出来上がった色合いは
だいぶ違うような気がします

何しろ、僕は東京都で「ケツの穴の狭い男」
のシニア部門でランカーになるような
男ですから

疑う人には四つん這いの写真、送ります
本当に狭いのを確認してもらいたいから・


そして最近、良かったなと思うのは
この齢になってようやく人に対して
暴力的にきつい言葉を吐く前に
いったん呑み込む事を覚えた事です

最近、ひやっとする事が多いです

あの時に感情に任せて、部下、友
達、妻や息子に言おうと思っていた
事をそのまま言ってたら・・・・・

いったん呑み込んで良かったと
本当に思ってます

僕の年代の厳しい言葉は
時には説得力がありすぎて
相手に逃げ場を与えず
暴力になります

鋭利なナイフで
切りつけるようなものです

そして、今、思い起こすと
そんなに酷い言葉をかけるほどの
事ではなかったのです
威哥王.
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others