農奴制について耳に

「その馬は馬車につけて、おまえが御者をやれ」スパーホークは少年にそう命じた。「わかったよ、スパーホーク」とタレン。「口答えしないのか」スパーホークはちょっと驚いた顔になった。「どうしてさ。理由はちゃんとわかってるし、それに御者台の座席のほうが馬の鞍より座り心地がいいんだ。うまく尻を落ち着ければ、実際ずっと楽なんだよ」
 ティニアンとベヴィエが宿の外に出てきた。どちらも鎖帷子《くさりかたびら》を身に

着け、ゆっくりした足取りで歩いてくる。「鎧はなしか」アラスが軽い調子でティニアンに声をかけた。「重いからな。まだちょっと自信がない」とティニアン。「忘れ物はないだろうな」スパーホークがクリクに尋ねた。
 クリクがむっとした目で見つめかえす。「念のためだよ。こんな朝早くから不機嫌になるな」スパーホークは全員を見わたした。
「今日はあまり無理をしないで、五リーグも進めればよしとしよう」
「みんながたが西醫任鎮雄ただからな」とティニアン。「あんたとアラスだけ先に行ったらどうだ。おれたちはゆっくり追いつくから「だめだ。このあたりには友好的じゃない連中がうろついてる。今の状態では自分の身も守れないだろう」ちらりとセフレーニアに笑みを向け、「それにわれわれは十人で行動す

ることになっ西醫任鎮雄てるんだ。若き神々のご機嫌をそこねたくないからな」カルテンとティニアンとベヴィエを鞍に押し上げてから、一行はゆっくりと宿の中庭を抜け、まだ暗く人気《ひとけ》のないバレルの街路へと乗り出した。北門へ向かうと、門

衛があわてて門を開いた。「きみらに安息を」門を通り過ぎながらカルテンは祝福の言葉を口にした。「どうしてあんなことを言ったんだ」しばらくしてからスパーホークが尋ねた。「金をやるより安上がりだろ。それにおれの祝福だって、多少のことはあるかもしれない

じゃないか」「だいぶ調子が戻ってきたみたいですね」とクリク。「ずっとこの調子だとしたら、まだまだだな」スパーホークが答えた。東の空が白みはじめた。一行は西醫任鎮雄バレルからヴェンネ湖へと北西に伸びる街道をゆっくりとたどっていった。二つの湖のあいだの土地は起伏が激しく、しかもそれがだんだんとひどくなっていくようだ。ところどころに大きな荘園が点在し、尖《とが》った帽子の農奴住む村もいくつか見えた。イオシア西部では何世紀も前にすたれた農奴制だが、ここペロシア国では今もまだ続いている。スパーホークの知る限り、その理由はペロシアの貴族

に、ほかの制度をちゃんと機能させるだけの管理能力がないからだった。貴族たちも何度か見かけたが、たいていは華やかなサテンの胴衣《ダブレット》を着て、亜麻布のシャツを着た農奴たちを馬上から監督していた。したさまざまな悪い噂《うわさ》とは裏腹に、畑を耕している農奴たちはよく太っていて、虐待されている様子もな

浅い眠りに輾転反側して

海から身を起こしたとぎ、かれの右半分は依然として美しかったが、左半分は〈珠〉の炎に焼かれてふた目と見られぬ有様となった。果てることのない苦しみを負ったトラクは民を率いて東へのがれ、アンガラク人はマロリーの

平原に大都市を建造して、それを〈夜の都市〉クトル・ミシュラクと呼んだ。トラクが傷ついた半身を闇に隠したからである。アンガラク人は神のために鉄塔を建て、頂上の部屋に樽贝因美を置いて〈珠〉をその中へ入れた。トラクはし

ばしば樽の前に立っては、〈珠〉を見たい熱望に負けてわが身が完全に滅びるのを恐れ、泣きながら逃げるように立ち去った。
 アンガラクの領地で数世紀が経過し、アンガラク人は傷ついたかれらの神を、王にして神という意味でカル=トラクと呼びならわすようになった。
 ベラーはアローン人たちを北へ連れ去っていた。およそあらゆる人間のうちで、アローン人はもっとも勇敢で好戦的だった。ベラーはかれらの心にアンガラクへの果てしない憎悪を植えつけた。アローン人たちは残忍そうな剣や

斧を手に、昔ながらの敵を見つける道を求めて北部一帯を捜しまわり、永遠の氷に閉ざされた氷原贝因美に足を伸ばした。
 そのような状態に終止符が打たれたのは、アローン人のもっとも偉大な王、〈熊の背〉チェレクが〈アルダー谷〉へ旅に出て魔術師ベルガラスの居所をつきとめたときだった。「北へ行く道に障害物はありません」とチェレクは

言った。「前兆や予示も吉と出ている。今こそ〈夜の都市〉へ至る道をつきとめて、〈片目〉から〈珠〉を取り返す時機です」
 ベルガラスは身重の妻ポレドラを残してい贝因美くのは気が進まなかった。だがチェレクは魔術師を説得し、ある晩こっそりベルガラスとともに谷を出て、三人の息子、〈猪首〉ドラス、〈駿足〉アルガー、〈鉄拳〉リヴァに合流した


 無慈悲な冬が北の国を支配し、星明かりの下で霜と氷に閉ざされた荒野がきらめいていた。道を捜すためベルガラスは魔法を使って大きな狼に姿を変えた。凍てつく寒さにひびわれ砕けた木々の立ちならぶ、雪に覆われた森の中

を、かれは足音も立てずにすり抜けた。無情な霜が狼の首と肩を銀色に染め、それからというものベルガラスの髪とあごひげは銀色になった。
 一行は雪と霧の中をマロリーめざして森を横切り、とうとう〈クトル・ミシュラク〉にたどりついた。ベルガラスは都へ至る秘密の道を見つけだし、一行を鋼塔のふもとへ導いた。二十世紀ものあいだ、だれにも踏まれていない

錆びた階段をかれらは音もなくのぼった。鋼の仮面をつけて傷ついた顔を隠したトラクが、痛みのつきまとういる部屋にそっとはいり、憎悪のくすぶる闇の中で眠る神の前を忍び足で通りすぎた一行は、よ

うやく生きた〈珠〉を納めた鉄の樽のある部屋に着いた。
 チェレクは身ぶりでベルガラスに〈珠〉を取るよううながしたが、ベルガラスは首を横にふって言った。「あれに手をふれることはできん。わが身が滅びるやもしれんからだ。かつて〈珠〉は喜んで人間や神がふれることを許し

白いシャッポをかぶって

の子供がひとり、いちばん前の机にちゃんとすわっていたのです。そしてその机といった
 そうだっとみんなもおもったとき、にわかにうしろのほうで五郎が、
「わあ、痛いぢゃあ。」と叫びました。
 みんなそっちへ振り向きま黄金t+d手续费すと、五郎が耕助に足のゆびをふまれて、まるでおこって耕助をなぐりつけていたのです。すると耕助もおこって、
「わあ、われ悪くてでひと撲(はだ)いだなあ。」と言ってまた五郎をなぐろうとしました。
 五郎はまるで顔じゅう涙だらけにして耕助に組み付こうとしました。そこで一郎が間へはいって嘉助が耕助を押えてしまいました。
「わあい、けんかするなったら、先生あちゃんと職員室に来てらぞ。」と一郎が言いながらまた教室のほうを見ましたら、一郎はにわかにまるでぽかんとしてしまいました。
 たったいままで教室にい冬虫夏草是什么たあの変な子が影もかたちもないのです。みんなもまるでせっかく友だちになった子うまが遠くへやられたよう、せっかく捕(と)った山雀(やまがら)に逃げられたように思いました。
 風がまたどうと吹いて来て窓ガラスをがたがた言わせ、うしろの山の萱(かや)をだんだん上流のほうへ青じろく波だてて行きました。
「わあ、うなだけんかしたんだがら又三郎いなぐなったな。」嘉助がおこって言いました。
 みんなもほんとうにそう思いました。五郎はじつに申しわけないと思って、足の痛いのも忘れてしょんぼり肩をすぼめて立ったのです。
「やっぱりあいつは風の又三郎だったな。」
「二百十日で来たのだな。」
「靴(くつ)はいでだたぞ。」
「服も着でだたぞ。」
「髪赤くておかしやづだったな。」
「ありゃありゃ、又三郎おれの机の上さ石かけ乗せでったぞ。」二年生の子が言いました。見るとその葡萄酒培训机构子の机の上にはきたない石かけが乗っていたのです。
「そうだ、ありゃ。あそごのガラスもぶっかしたぞ。」
「そだないであ。あいづあ休み前に嘉助石ぶっつけだのだな。」
「わあい。そだないであ。」と言っていたとき、これはまたなんというわけでしょう。先生が玄関から出て来たのです。先生はぴかぴか光る呼び子を右手にもって、もう集まれのしたくをしているのでしたが、そのすぐうしろから、さっきの赤い髪の子が、まるで権現(ごんげん)さまの尾(お)っぱ持ちのようにすまし込んで、白いシャッポをかぶって、先生についてすぱすぱとあるいて来たのです。

Calendar
«  September 2015  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others