閉じ込められています

右の写真は缶を開封する前のものです。biscuits doughboy
缶の中にはビスケットの生地(材料は小麦粉、卵、ベーキングパウダー、バターなど)が圧縮されて。

biscuits open缶を開けると、生地は何等分かに既に切ってあり、オーブンに入れて焼くだけの状態になっています。

何故これが怖いのかと言うと、缶を開ける時に、まわりの薄紙を剥がすのですが、缶がいきなりポンっという音を立てて爆発し、中身の生地が飛び出すからなんです。

爆発と言っても、ちょっと音がするぐらいで他愛ないものですが。

じゃあ、なんでそんなに怖がるのかと言うと、その爆発がいつ来るかわからないからなんです。破裂するまで風船をどんどん膨らませて行くのと似た恐怖です。

周りの薄紙は、かなり剥きにくく、ちゃんと剥いたのに開かない事もしょっちゅう。なので、ミシン目に沿ってスプーンの先で押したり、手でねじったり。 義母は、まるで長年の恨みをはらすがごとく、缶をテーブルの端に思いっきりガンガン叩きつけて開けていました。

いつもは優しい義母でしたが、ビスケット生地の缶を開ける時の義母の顔は鬼のようでした。

ガンガン叩きつけているうちに、ポンっと缶が割れるのですが、その瞬間義母はいつもドヤ顔をしていました。

そんなふうに缶と格闘していると、思いがけず

前日の残り物は美味しい~

← 子供を恐怖の底に突き落とす母親や先生….。((;゜Д゜)ガクガクブルブル
面の皮現象。 →
ファヒータ・タワ。
投稿日: 2014/08/04 投稿者: 半蔵ママ

今日は我が家でよく食べる食べ物の話です。

みなさんはファヒモノを置いた場を忘れる
ータという料理をご存知ですか? テキサス州ではよく知られた料理で、メキシコ料理レストランのメニューには必ずあります。

Wikpedia によるPALEO-CHICKEN-FAJITAS-RECIPEと、

” ファヒータは、テクス・メクス料理 (Tex-Mex…テキサス州でアメリカナイズされたメキシコ料理の事)において主に小麦のトルティーヤに乗せて供される、グリルした肉料理の総称である。

元来はグリルした牛肉のスカート(ハラミ、横隔膜)のみを示していたが、今では牛肉の他の部位や鶏肉、豚肉、エビも使われる。レストランでは、肉を通常タマネギとピーマンと共に鉄板で焼く。サワークリーム、ワカモレ**、サルサ、ピコ・デ・ガヨ**、おろしたチーズ、およびトマトをつけあわせることが多い。

**ピコデガヨというのは薬味で、トマト、玉ねぎ、ハラペーニョ、コリアンダーなどを刻んだものです。ワカモレは、アボカドをベースにしたペーストです。”

我が家では、この料理をよく食べるのですが、作った初日はWikipedia の説明のようにトルティーヤで包んで食べます。 でも、私の大好物は翌日に作る「ファヒータ・タワー」。

前日のファヒータの残り物を全部、ごはんに乗っけて混ぜ混ぜして食べる「混ぜご飯」です。

うちのファヒータはシンプルなので、トルティーヤに包む材料は次の4つ。

1.グリルチキンDSC07787 (1078x1280)
ここではすでに下味が付いた肉が売っているのですが、自分で味付けをするなら、コーンスターチ、塩、砂糖、オニオンパウダー、ガーリックパウダー、カイエンペッパー、クミン、ライムなので下味をつけてください。 塩コショウ&レモンだけでも美味しいと思います。フライパンで炒めていいと思います。

2.ピーマンと玉ねぎを炒めたもの。

3.細切りチーズ

4. ピコデガヨ (ハラペーニョが手に入らなければ、鷹の爪でOK)

上記の4種類の材料を、翌日作ったスパニッシュライス(缶詰のトマトを細かく切って、ご飯、塩コショウ、クミンで炒めてね♪)の上に乗せるだけ。

これがメッチャ美味しい~。 彩りも綺麗だし。
お洒落な一品料理になると思います♪

昨日作ったファヒータ・タワーの写真を載せておきますね!一層目にスパニッシュライス、二層目に炒めたピーマンと玉ねぎ、三層目にチキン、四層目にチーズ、頂上にピコデガヨ。 タワーを崩して、混ぜ混ぜして食べてくださいね。

または止めること」で

一つは「タバコを吸うことを禁じる、、一般的に使われている意味だ。
 他に「皇居、宮中に立ち込める煙」、「中国で阿片を吸うことを禁じること」、「中国で冬至後105日目の日に、食物の煮炊きを禁じること」というのがある。へえ~、そんな意味もあるのかと思うが、まあ一般にはあまり縁のない言葉だ。

 さて、普通使われる意味モノを置いた場を忘れるでの「タバコを吸うことを禁じる、または止めること」だが、私はタバコを吸う。「タバコを止めること」の意味の禁煙を三度試みたことがあるが、無残にも失敗している。
 最後の禁煙に失敗してからは、無駄な抵抗をやめて十数年経つ。最後の禁煙の試みでは、禁煙して初めのうちはタバコを吸いそうになる夢を見、次に吸ってしまって慌てる夢を見るようになった。精神安定上良くない・・・それで禁煙を止めた。
 喫煙が健康に良くないことは承知しているので、いずれまた禁煙を試みるかもしれない。

 喫煙者にとって辛いのは、「タバコを吸うことを禁じる」方の禁煙だ。分煙のうちはまだ良かったが、飛行機、ホテル、交通機関、公共性の高い建物が全面禁煙になってからというものは、本当にタバコを吸うのに不自由するようになった。しかも、千代田区では路上禁煙のため、地下鉄の出口を出てからの一服もできなくなった。
 まあ、禁煙にする理屈も判るので、それはそれで仕方がない。しかし、納得できないのは、

 千代田区が喫煙所を設置していない

ことだ。条例の趣旨に反するということのようだが、やはり納得できない。

 日本のタバコの税収は年間2兆2千億円に上る。このうち、50%が国、12%が都道府県、37%が市区町村の歳入となる。
 一部には喫煙者を目の敵のようにしている人たちがいるが、タバコの税金は国や自治体の財源に使われ、債務の穴埋めに使われている。それで国は歳入に困るとすぐにタバコ税を値上げする。

 別に開き直って言うわけではないが、仮に日本でタバコを禁制品にしたら、国民一人当たり年間2万円の税金を余分に負担しなければならない。
 現在、タバコを1日に1箱吸う人なら、年間6万円余分に税金を支払っている。喫煙者は不健康を承知で、肩身の狭い思いをしながら、人よりも多く税金を払っている、まあバカな人たちなのである。

 ところで千代田区の場合、タバコ売上による税収が33億円で、歳入全体の8%を占めている。喫煙者は、千代田区に33億円のタバコ税を納めた上に、路上でタバコを吸うのを禁じられ、路上の禁煙マークを描くのに税金が使われるだけで、喫煙者のための何の施策も受けられないでいる。喫煙者の勝手な論理で言えば、