涼しさなんてこれっぽっちも考えない街並み

日傘とかうちわ、扇子、浴衣など涼しさを演出する文化みたいなものがあるのに
街並みは涼しさなんてこれっぽっちも考えない不思議なところ。
しかも格好つけたビルはかなりな部分がガラス張りだったりアクリル板だったりする。
こういう街並みが都心周辺のゲリラ豪雨とか落雷、雹を誘発しているんだろうなぁ。
都心に緑を、とかいってビルの屋上に菜園とか緑の庭園を作るのが少し前に
話題になったが最近、聞かなくなった。
管理が大変なんだろうか。

ダイキン工業は、東京の夏を経験したことがある東京在住1年以上の外国人を対象に、「東京の夏に関する意識と実態」についてのアンケート調査を実施した。調査実施はマクロミルで、回答者は北米、ヨーロッパ、アジア、中東・アフリカ各25人、合計100人。

■約9割「自国よりも東京のほうが暑い」と回答
東京の平均気温はこの100年で3℃以上上昇しており、世界の中でもヒートアイランド化が顕著な都市と言われてる。同調査によると、すべての外国人が「東京の夏は暑い」と回答しており、さらに自国との比較については「耐えられないくらい暑い」(25%)、「暑い」(44%)」、「やや暑い」(19%)をあわせると、約9割が「東京の方が暑い」と回答する結果となった。

■湿度やコンクリートの地面なども暑さの一因に
東京の夏(屋外)を暑く感じる理由については、ダントツで「湿度が高いため(80%)」が1位となった。2位以下は、「気温が高い(56%)」、「地面がアスファルトやコンクリートに覆われている(28%)」、「夜でも気温が下がらない(28%)」などが続いた。この理由はヒートアイランド現象の特徴と合致する。気温だけ見ると東京と同等の環境の外国都市はあるものの、湿度や夜間の気温など暑さを感じる要素が複合的に重なる東京の夏は、世界一過酷とも言えそうだ。

■「日傘をさす」のは外国人にとって驚き!?
東京の暑さ対策で、感心・驚いたことについては、「日傘をさす(46%)」が1位となり、半数近い外国人が日傘に驚いている結果となった。2位は「うちわや扇子を使う(37%)」、3位は「浴衣を着る(35%)」となった。また、「東京で印象的・驚いた光景」について聞くと、真夏の暑い中でもスーツの上下を着るサラリーマンや、日焼け対策の手袋・長袖の着用などの回答が挙げられた。

■外国人のエアコン設定温度は24℃
「出身国および日本で夏に自宅でエアコンを使いますか」との質問には、出身国で使う人が56%、日本で使う人が87%だった。特に比較的涼しい地域が多いヨーロッパ出身の人は日本に来て初めてエアコンを使うという人が多かった。また、24℃と低めの設定温度にし、夏を乗り切る様子がうかがえた。

欧米人は日本人みたいにガンガン冷房をかけない

・・・・とか言ってる人がいたけど、日本に来た外国人は24度まで下げないとやってられないそうで

冷房が苦手とか寒がりと言うのは理解できるけど、精神論だけで冷房イラネとか言ってる連中はまったくもってただでさえ暑いのに暑苦しい。その手のは中高年に多い気がする一方で、昔の方がどこ行っても冷房効いてた気がする。冷房嫌いでない昔の人は、冷房をつけるからには涼しくならなければ意味が無い!と単純明快にして至極真っ当な考えだったのに、最近は節電だとかエコだとか健康だとか・・・・痩せ我慢への同調圧力のせいで、乗り物でも建物でも期待したほど涼しくないことが多い気がする・・・・。

それと、日本における男性と女性の正装はいい加減根本から考え直すべきだと思う。真夏にスーツとか、外国人から見たら狂気の沙汰なんだろうけど、日本人が冷静に見たって狂気の沙汰だろが! 男性の方が暑さに弱い傾向があるだけでなく、暑苦しい恰好させられるから冷房温度を巡って確執が生じたりするんだと思う

思い出の木

私が子供の頃、、一緒に住んでいた父方の祖父母の家は
かなり山奥にあるのです。

空き家になっていたけど幸い、Iターンで来られた方が
住んでくれてます。

この前、法事でお墓参りに行った時、車でその家の前を通った時
少しだけ、車を止めてもらったのです。

せんだんの木を撮りたかったのです。
この木は私が小学校一年の時に植えたもの。

私が通っていた小学校にはせんだんの木があり
その下に、落ちた実から芽をだした小さなせんだんがありました。
10cmにも満たなかったですね。

それを抜いて家に持ち帰り、鉢に植えてしばらく育ててから
祖父母の家の前に植えたのでした。

親となるそのせんだんの木は、新しい校舎を作る時に
切られてしまいましたが、その子孫がこうして育っている。

ずっとこのダムの横でで育っていくんでしょうね。

結局、捨てる事になるのかしら・・・

母の日のプレゼントにって、息子がプリンを送ってくれたのです。
ガラス瓶に入ったプリンだったのです。

綺麗なガラス瓶なので、捨てるのももったいないので
洗って置いておこうと思いました。
全部で6個。

今のところ、特に使う予定はないので、
台所の上の戸棚に仕舞っておこうとしたら
以前、贈り物で頂いた、『つぼプリン』の容器もありましたよ。

これも容器が凝っていて綺麗なので、捨てるのがもったいなくて
取っておいたのでした・・・。

いつか何かに使うから、そう思って置いてしまうんですよねー。
だけど、結局、使うことなく最後には処分してしまう事になるんですよねー。

明日、整理をしてみます。
忘れていた物とか、結構あるんでしょうね

今から54年前のこと

日米安保協定が結ばれました。

安保闘争という共産主義に溺れた馬鹿な学生は共産圏の工作員に扇動され今で言う厨ニ病的に狂って暴れました。

彼らは口々に

またも軍国化するのか!!
戦争に巻き込まれていいのか!!
侵略戦争を行うのか!!
徴兵制度復活か!!

と、今の馬鹿な左翼(在日プロ市民に工作員、敵性外国人達)達と同じことを叫びました。
やがて彼らは内ゲバを初めハイジャックや爆弾テロで本章を表して地下に潜っていきました。

安保によって軍国化しましたか?
54年の間、世界でもっとも穏やかで経済発展を成し遂げた日本です。
時代と共に日本をとりまく環境が変わってくるから適した制度、条約が必要です。

徴兵で戦争だなんて今回の集団的自衛権には何の関係もなければ当然のごとく記されてすらいません。

思考停止と情弱化した者はもう一度自らの頭で考えるべきです。

7kg痩せました。

昨年同様、10月のサッカー大会に向けて、身体作りとダイエットを4月から始めて・・・とりあえず7kg痩せました

目標、今年は13kg減!
後、6kgです

仕事が忙しく、身体を動かして痩せているわけではないので、去年よりは身体作りは進んでいませんが、去年の食事制限を活かして、今月までの目標である7kg減できました。

ダイエット食というより、一人暮らしなのを良いことに???かなりカロリー制限をしているので、食事は美味しくないのが辛いところです

これからは代謝を増やすように、走りこみや筋トレもしないといけないかな?

一応、3日前にしたフットサル。
身体が軽くなった分、軽快に動けるようにはなったし、結果が出てきているのは、正直、嬉しい


そして、今年はサッカー大会で2勝できるように。。。
後3カ月、頑張ります!

こんな感じの女性が好きシリーズ

常識やマナー・モラル等、道徳性のある女性が好きです。
今日は海の日で親子で来店するお客様が多かった。
そこで感じた事は平気で店内で綿あめを食べてる子供。
しかも母親がいる。
恐らくその母親も道徳性が無いのだろう。
注意しない事態、フードコート以外の店内で食べさせている事態が常識・マナーが無い。
親が常識やマナーの道徳心を教えなければならない立場。
そんな社会人が結婚し子供を育てる義務があるのかどうか?
あ~情けない。
そこは怒ると言うよりも丁寧に子供に教えてあげるのが任務ではないだろうか。
男もそうですが子供に教育できる女性が社会人として好きです。

夏休みの風物詩・・・・・・

大人にはまだ先の話ですけど、子供達にとっては待ち遠しい夏休みが近づいております。
お子さんの居る方でしたら、その近況に触れ合う事ができますが、あいにく未婚で独身の僕にしてみれば、遠い記憶の様な気がします。
それでも、子供時代は毎年の事でしたから、色々な思い出が蘇ってきます。、
特に、今こうして書いてる日記・・・・・・小学生の時は絵日記でしたね。
まあ・・・僕の場合はこんな感じでした。

「暮れ~なずむ~町の~♪・・・・・・」

「先生~!絵日記を書いてきました!」

「コラッ!加藤~!・・・じゃなかった・・・どれ、先生に見せてみなさい」

『7月○日・・・・・・今日から夏休み。朝のラジオ体操に行きました!』

「ふむふむ・・・やはり子供は早起きが肝心。調子に乗って、第二までするなよ~」

『7月○日・・・・・・今日は暑いので、プールに行きました!』

「そっかそっか・・・先生は『オールスター水泳大会』で、水着ポロリを楽しんでたぞ~」

『7月○日・・・・・・今日も暑いので、プールに行きました!』

「ふふ・・・先生も録画したビデオで、何回もポロリのシーンを楽しんだぞ~」

『7月○日・・・・・・またまた今日も暑いので、プールに行きました!』

「またまた先生も、ポロリのシーンを楽しんだぞ~・・・って、何回も観ていたらテープが伸びちゃって、肝心のポロリのシーンにノイズが入っちゃったじゃないか~!」

『7月○日・・・・・・今日は友達と一緒にチャリンコに乗りながら、隣町まで遊びに行ってきました!』

「コラ~!・・・自転車で学区内を出ちゃ駄目~!」

『8月○日・・・・・・今日は子供会の掃除だったけど、面倒なんでサボりました!』

「黒板に注目!・・・いっか~・・・ヒトという字は互いに支えあって人となる・・・だから~・・・ブツブツ・・・・・・」

『8月○日・・・・・・今日は家族で、花火大会に行ってきました!』

「あれ?・・・今年は雨で中止じゃなかったっけ?」

『8月○日・・・・・・今日は疲れたんで、一日中寝てました』

「まあ・・・夏休みも終盤だから、一日くらい良いか」

『8月○日・・・・・・今日も疲れたんで、一日中寝てました』

「てめぇ・・・いい加減、宿題書けよ」

『8月○日・・・・・・またまた今日も疲れたんで、一日中寝てました!』

「お前は、腐ったミカンなんかじゃない!・・・だから、いい加減宿題書いて~!」

『8月○日・・・・・・そろそろ夏休みも終わるので、まとめて絵日記を書きました!』
花痴:http://www.xn--6qs44kv2wxulv8l.com/
「だからなのね~!・・・だから辻褄が合わないのね~!」

『最終日・・・・・・友達から宿題を借りて、丸写ししました!』

「僕は、死にましぇ~ん!」

「先生・・・僕の絵日記は、どうだった?」

「とりあえず君の場合は・・・腐る前に、冷凍ミカンからはじめた方が良いよ」

まあ・・・日記はネタですけど、こんな感じの夏休みでした。
他にも、自由研究の本を丸写ししたり、手先の器用な兄に工作も作らせました。
さらに、読書感想文を兄に書かせたら、入選までしちゃいました。
結局は、のんきな僕の性格から何でしょう。

今の現状をみたら似たような感じ・・・・・・。
若い時にのんきに過ごして、今になってまとめて宿題を書くようにパートナーを探すみたいな。
悔い改めよ・・・てな感じですね。

小学生じゃないんだから…

そりゃあ守るより攻める方が楽しいだろう。小学生が休み時間にやるサッカーはオフサイドもないから全員がゴール前に集中。ほんでボール取られたら、これまたオフサイドないから自陣で待ってる子に簡単に決められちゃう訳だ。

コートジボワールのラムシ監督には余裕があった。「何時」ドログバを出すかなと思っていたが(出すのは確定していたが)絶妙のタイミングだった。
日本は長友が上がった時の左サイドの不安がこの試合既に見えていたにもかかわらず長谷部を下げて、さらに守備のできない遠藤を投入した。この辺がやはりサッカーの世界的な常識では理解できない。
ラッキーにも本田がどフリーでもらって得点したのがいけなかったのかもしれない。あれで「イケるんじゃないか」と勘違いしたのが悪かったのかもしれない。
守備的になってライン上げれなかったと選手たちは言ってるが、前半得点してからも長友は守備しないで上がったりしてる。追加点狙ったんか知らんが、普通ここは先行、逃げ切りを狙うってのがセオリーだろう。グループ内での自分達の位置考えたらとにかく勝ち点1ぐらいでもよしなのに3が貰えるんだから。
何かで読んだが、逃げ切るって戦術が出来ないから攻めるしかなかったんじゃないかと書いていた。僕はその辺りが正論だと思います。

ライン高く上げて自分達の後ろとキーパーに距離を開けるって戦術には、もし突破されたら必ず追いかけて1対1で相手を潰すって選手が必要です。日本はFWよりも、この戦術ならばそういう選手を育てるべきだった。
ウルグアイやオランダとテストマッチやった頃には向こうのワールドトップクラスのFWには通用せんと既に兆しが見えてたのに修正しなかった。そこら辺りが残念です。
まあ、次の4年はまた、守備を固めて我慢しながらチャンスを狙うってサッカーをやって下さい。
ワールドカップ、ベスト4ぐらいまで行ってから攻撃考えてさらに上を目指して下さいなと。

七夕。星に願いを…

言う人がそれなりに…
つぶやき等で

いい相手にめぐり合うように?
どうもそんな気に成れない
自分の現実を無視して起きることは、
いずれ破綻するような気もする

それでこういう願いはする気には
何時も成れない

個人的に欲しいものが有っても、自らの能力・
現状の有り様で手に入る範囲以上は
望まない

それは自分の手に余るものに
成ってしまう気がしてしまう

星に願うとしても神に願うとしても
いつも決まっている
人以外の生命の過剰な負担が
激減しますように
自らは何も要らない
願いが叶うなら自分の人生
どれほど悲惨でもかまわないと…

大抵の人はのけ反ってしまう

時々あなたの悩み聞かせて下さい
なんてのも有る
是非教えて欲しいと言う
のもたまに見かける

マー聞きたいならと言うと
是非是非!!!と
でも聞いたら拒絶すると思うけど
いや、どんな悩みでも絶対大丈夫と

そして少し具体的に書くと
二度と連絡は来ない

教えてくれと言いつつも
何のひと言もなく…

マー人の悩みを聞こうと言うわりには
余りにも軽い感じがする人ばかり
必然の結果だろう

写真は急に元気になり出しているネギ
本格的に雨が降り出すと
急激に元気になり出す植物
枯れかけていた背高泡立草も
どうにか持ちこたえるかのような…

雨には、生命が生長するに適度な
不純物が混じっているのだろう
雨の後には、ミジンコも大発生する
ことも多い
逆だな雨に含まれる不純物に
生物が適応しているのだろう…
たぶん

威哥王
紅蜘蛛

「モーゼの十戒」かな?

今回も引き続き驚きの渦のお話しです。
このドデカイ渦、翼端渦がズーと連続してあたかも長い溝が・・・・。
旧約聖書の「モーゼの十戒」を想像出来ると言う方も多いのでわ??

前回、カメラマンのタイプを幾つか紹介しましたがこの人は超ラッキーですね♫♫
カナラマンとしての腕は勿論ですが運の良さが有ってこそなせる業!ナセルはアラブの大統領!!(金成古いダジャレですいません) m(_ _)m

・飛行機が広大な雲海の頂上付近スレスレを飛んでいた言う奇跡
・撮影機がたまたまそこを飛んでいたと言う奇跡
・そして皆さんが偶然私の日記を見たと言う奇跡

スゴイと想いませんか☆彡☆彡

トリプルミラクルですね。(トリプルアクセル?)またダジャレです m(_ _)m

次回も乞うご期待を~~~~映画の予告編?