とある精神病患者の社会復帰

皆さんお元気ですか。
ボクハトテモゲンキデス。毎日薬をキメてるからね!
ヘブン状態!!!!
インド人を右に。

つーわけで精神科にブチ込まれてからはや3ヶ月が過ぎようとしているわけですが、
ようやく治療の目処が立ってきました。
この病気治るわけじゃないですが、(ていうか絶対治りません)
しかしこれに折り合いをつけて生活できる段階に持ち込むのが、目標なわけです。

普段の私を知ってる人ならわかると思いますが、まぁ、あの状態ですよ。
外側からは病気には見えない感じのアレです。

投薬をかかさず行い、(役に立たない)心理教育プログラムをこなし終えて、
そろそろソーシャルワーカーさんと相談する段階になりました。


■ソーシャルワーカーとは?
ソーシャルワーカー(英語:Social Worker)とは、生活する上で困っている人々や、生活に不安を抱えている人々、社会的に疎外されている人々に対して、総合的かつ包括的な援助を提供する専門職の総称であり、また、それらの背景にある、社会や生活環境等を改善する専門職の総称である。主に社会福祉事業等に従事威哥王し、社会福祉学を基に社会福祉援助技術を用いて社会的に支援を必要とする人々とその環境に働きかけを行うとともに必要な社会福祉のサービスを開発・運営する役割を持つ。
(Wikipediaより抜粋)

早い話が僕のような社会的弱者に対して、就職やら無料カウンセリラーやら何やらを援助してくれる人ですね。医者は物理レベルの治療は出来ますが、退院後の社会生活のことまでは責任を持てません。そこで出てくるのがソーシャルワーカーです。経済的な面での公的支援(社会資源と呼ぶ)を紹介してくれます。
詳しい話はまだですが、割と至れり尽くせりっぽいので利用しない手はないかな、と。
どうするかはちょっとまだ悩み中ですが、障害者手帳とかを多分取ることになると思います。
つーか、普通に復帰したら、またコケる自信があるので……。うん……。

心的障害というのは、外部から欠損部分が見えないため、他人に説明するのが非常に難しいです。
ただどの位重いかというのは、もう、腕か足が欠損しているものと思ってほしいかもねー……。
僕らは見えないだけで、心が欠損しているのです。
そして欠損した部分は生涯と埋まらないです。
義手や義足をつけて生活するように、僕らは薬を義手として生活しているわけで。
そしてその義手はつけたとしても、とても壊れやすい。難儀なものです……。

しかしまぁ、今回の長期入院は「壊れない義手」を作成するためのものと思って下さい。
おそらく今回の入院を最後に、今後普通の生活を送って行くことができるようになるはずです。
それが目標であり目的なので。
そしていい感じに事は進んでいるので、今後は皆さんを心配させるようなことは無いはずです。
たぶんね。

退院したら、生暖かく迎えてやってくれると助かります。
んでは、長文乱文は今回はこの辺で。
失礼します。

性教育と一緒

なんでも教えれば良いってもんじゃない

なんでもかんでも正解を与えるという事はやってはいけない事だと思うのです。
「サンタさんっているのかな~?いないのかな~?」
ってな疑問の中に、友達を話したり、寝たふりをしたり、頑張って起きていたけどやっぱり寝ちゃったり、親に「サンタさんてパパなの?」なんてかまかけたり
「ああ、いないんだ~。」なんて気がついても気がつかないふりをしたり
そういう事がとてもとても大切だと思うの。


話は飛んじゃうけど僕はね。
性教育ってのも行き過ぎてはいけないと思うのよ。
それも、興味が出てきた子どたちが自分達でなんだかんだしながら覚えていくのが正常だと思うの。
もちろん、大人が尻ごみしちゃダメだよ。
聞かれたらちゃんと答えてあげれば良いさ。
でも、大人から積極的に教えるってのも違う気がするの。
性教育ってさ、知識とかよりロマンっていうか冒険っていうか、そういうのが凄く大切な気がするの。
レビトラ:http://www.xn--o9jva1ej2150bft0egnwa.com/
男女の生殖器の図を見せられて、ここでこうなって、それがそうなってなんて、するとこうなるんです。なんて。ロマンのかけらもない。
そんなんじゃ心は育たないばかりかしぼんでしまう。
そんな教育をやってるから恋愛をできない時代になってんじゃないのかね~。


話を戻すとさ。
サンタなんていないと子供に教える大人なんて、サンタはいるのかな~って悩んでいる子供以下だよ。
だってサンタはいるもん。
サンタはいないんではなくて、その大人に見えないだけだよ。

それは、性教育ではなく、恋愛を重ねることでみえてくるんだと思うよ。

牛乳は部落の大事な利権

ご飯、味噌汁、ひじきの煮物、牛乳。

並べてみると明らかに牛乳だけ浮いているのに、給食のメニューだと言われると、そんなものだと思ってしまう。うどんとも蕎麦ともラーメンとも合わないのに、なぜか毎日出る。仕事柄、外食をする事も多いが、蕎麦屋やラーメン屋で、サイドメニューとして牛乳を頼む人を見たことがない。

それは食肉産業と部落に密接な関わりがあり、利権となっているからである。肉料理を毎日出すのは給食費の増額を招くから、彼らが利権として食い込むのは、牛乳しかなかったのだ。

利権という話が出てきたが、公立学校に通わせる上で、保護者にとって、最大の支出は給食費である。裏を返せば、教育関係では給食が最大の利権なのである。

アレルギー問題をきっかけに、食育という言葉も聞かれるようになったが、牛乳が毎日出ている時点で食育も何もない。ご飯、そば、うどん、ラーメンの出る日には出さない。結果として、パンと合わせて週に一度程度にするのが妥当ではないかと思う。