ありますよ

会社の登山サークルみたいなやつだったそうです。酔っ払った父上から聞きました。

ちょっと恥ずかしですけど、おいらの父上と母上はかなり仲が良く、母上は物凄く父上を尊敬していますし、父上は母上を尊重していると思います。母上は父上を悪く言われることが、他の家族の生命の危機を除くとほぼ唯一のお怒りポイントじゃないでしょうか。
蟻力神
母上は父上に尽くし、父上が仕事に集中できたのも母上のおかげだと思います。一方で父上は母上を尊重していて母上の兄弟とかともうまくやっています。

おいらは常々夫婦は「空気のような関係」が理想だと思っています。隣にいることが自然で当然で、いなくなったらすぐに死んじゃうような関係。そして、空気がきれいだと気持ちが良いから、相手をきれいにしようと思える関係です。でも、おいらの父上と母上は常に相手の存在を意識していて、それはそれでステキな関係だな、と思います。
三體牛鞭
おいらとお姫さまが将来どんな夫婦になるのか、今はどっからど~みても典型的なバカップルなんですけど、父上と母上みたいになるのか、空気のような夫婦になるのか、ちょっと楽しみです。

消えたパンの謎

本日はミステリー(そうでもない)。

昨日の夕方、事務所に来たお客様が、皆さんでどうぞとリング状になっている大きいチョコパンをくださった。アンティークとかいう店の結構有名なパンらしい。
で、切って分けてくれと渡されたのだが、ついさっきM先生からもらったチョコレートケーキを切り分けて配り、ナイフとかを洗ってしまったとこだったのに、何で今日に限ってこういう面倒なものがくるかなぁ…と思いつつ、給湯室に持って行って、2つあったパンをそれぞれ3等分し、1個ずつ小さいポリ袋に入れ、テープでふたをして、また大きい袋に入れて事務所に戻った。
RU486
で、机に置いとくと邪魔なので、水屋に袋を置き、そのまま仕事に戻り、お客様が帰られてから「さぁ皆さん、パンを分けますよー」と声をかけて、袋からパンを出すとあら不思議。
…6つあったはずのパンが5つしかない!!!
じゃじゃじゃじゃ じゃー じゃーん(火曜サスペンス劇場)

いやおかしいのよホント。
慌てて全員に、すでにパンをもらっちゃった人はいないか聞いて回ったが、もちろん誰も名乗り出ないし。
でも外部の人が入ってきたわけでもないんだしさー。
ま、しょーがない。
私が諦めるってことで、皆さんにパンをお配りする。皆さん「えー、足りないの?」とはおっしゃるが、誰も譲ってくれようと言う人はいない。
(M先生だけは、私はいいですよ、と言って下さったが、そうすると逆にもらっちゃいにくい)
壮根精華素
若事務も珍しく殊勝に「半分こしましょうよ」と言ってきたが、2度洗って片付けたナイフをまた出して使うめんどくささの方が勝ち、ご辞退。それに、私が内心疑ってたのは若事務だしな。

ま、そんなわけで私だけパンをもらえなかったが、ちょっと触っただけで手にべっとりパターの油がつき、中にチョコがこれでもかと詰め込まれているあんなパン、一切れでお弁当1つくらいのカロリーはありそうだし、それを食わずに済んでありがたい、と思うことにしよう。

若事務は昼前に大先生から、事件記録のつづり方が違うからやり直せと言われて「それは岩崎さんがやったんですけどね」と訴えてきたらしいが、それは私がつづったんじゃなくて、女の先生からすでにつづられた状態で渡されて、インデックスだけ私が貼ったんだけどね。
とにかく、「全部つづり直しです」とかいかにも腹立たしい感じで宣言したあと、例によってばったんばったん騒々しい音をわざわざたててつづり直していた(必要以上に音をたてるのは、機嫌が悪い時の若事務のデモンストレーションなんだな^^;)。
でもいいじゃん、仕事もらえて。…あ、勉強の邪魔になるから嫌なのか。
もう、授業中内職する高校生か、って風に、広げた問題集だか参考書だかに、先生の原稿をかぶせて隠してやってるもんねぇ。
そして骨身を惜しむことにかけては右に出るものなし(笑)。
ほねみおしみ、って名前を変えたらどうなんだ^^;;。
とにかく、少しでも無駄なことはしたくないらしい…