覚悟の「遺言」と対面 野田の元陸軍航空兵・石川さん

「皇国必勝を信じつつ お別れ申上候(もうしあげそうろう)」

 野田市の石川浩夫さん(92)アフリカ超人が七十年前、宇都宮陸軍飛行部隊(栃木県)で、航空兵になる訓練を受けていた時にしたためた「遺言」を、山形県庄内町の実家で親族が見つけ、今年七月、石川さんの手元に戻った。 

 遺言の一節は、布に書いてあり、日付はない。「爪と遺髪用の髪を送ったのは覚えていたが、すっかり忘れていた。よく残っていた」

 石川さんは一九四三(昭和十八)年九月、明治学院高等商業部(現・明治学院大経済学部)を半年繰り上げで卒業。旧満州の部隊に入隊。「新兵教育の訓練で、古参の上等兵や上官になぐられ、ひどい、厳しい訓練だった」と振り返る。

 何度か部隊を移り、満州の別の部隊で航空機搭乗の適性検査を受けさせられ、四四年十二月に派遣されたのが同飛行部隊だった。

 遺言を書いた際、遺影用なのか、紅蜘蛛正装した軍服姿も撮影した。「上官がみんなに書けと布を配った。ずっと軍国教育を受け、上官の命令は絶対。悲壮感もあまりなかった」と明かす。

 米軍が沖縄本島に上陸する直前の四五年三月、熊本市の飛行戦隊に転属した。重爆撃機で、飛んでいる位置や方向を機長に伝える航法担当として訓練の日々。飛行基地からは沖縄へ次々に出撃し、戻らない機体も。「衛兵所に白木の箱が毎日積み上がっていった。ぼくもあの中に置かれるだろうと思いながら訓練していた」

 石川さんも六、七月に二度出撃した。最初は沖縄本島に食料を投下できたが、二度目は本島の島影が見えたところで、激しい攻撃を受け、帰還した。終戦の八月十五日。整列してラジオの玉音放送を聞いた。「生き残った喜びの半面、後ろめたさもあった」

 七十年ぶりに対面した遺言。知人の勧めもあり、戦争の時代を少しでも理解してもらおうと、八月十七日まで流山市で催された戦争関連の企画展で展示した。

 「国のために死ぬのは当たり前という教育を受け、命令されれば何でも従う時代。二度とあってはならない」中絶薬

児童の暴力が過去最多 昨年度県内、中高生は減る

県教委は十六日、二〇一四年度のいじめを除く児童生徒の問題行動調査の結果を公表した。小学校での暴力行為が前年度より九十四件増の二百六十八件と一九九七年度の調査以来、過去最多だった。
精力剤 漢方
 文部科学省が都道府県教委を通じていじめの認知件数や不登校の人数を毎年度調べている。今年七月に岩手県で男子中学生がいじめを苦に自殺したとみられる案件を学校側がいじめと報告していなかったことを受け、いじめの報告をやり直すよう異例の通知を八月に出した。いじめの認知件数は十月末に公表する。
ハーバルビビッド
 暴力行為は、対教師や生徒間、器物損壊などで、小中高あわせて前年度比六件増の九百六件。中学校では五百二十五件(同七十三件減)、高校は百十三件(同十五件減)だった。県教委によると、小学校で暴力行為の件数が増えた理由として「特定の児童が複数回起こす事例が増えている」と述べた。
紅蜘蛛
 年間三十日以上欠席した不登校の子どもは小中学校が前年度比七十八人増の千九百三人で、高校は同二百六十人減の五百八十六人だった。調査は県内の公立小中学校、高校、特別支援学校計六百五十一校の回答を県教委がまとめた。

「ひとり上手」♪

中島みゆきの曲。
(今は糸!?)

ひとり上手の歌詞。「♪ひとりが好きな訳じゃない…」

確かに、ひとりが好きな人はあまりいない。

でもボクは友達が居ない。
いつも一人だ。

友達が居ないのは、きっと自分でその様にしてるだけ…

家に帰れば、年老いた母が待っている。
仕事中でも、時々思い出す

睾丸素カプセル

超強黒倍王
「糸」の歌詞。
…貴方は縦糸。
…私は横糸。

又、恋をしてみたい♪