福井の酒、カタログに 産業支援センター

県内の酒類製造業者の販路拡大を支援しようと、ふくい産業支援センターは県内の酒類カタログを初めて発行した。掲載を希望した県内の蔵元など十八業者の逸品を紹介。全国の百貨店やスーパーマーケット、酒類専門店などのバイヤー向けに福井の自然の恵みを凝縮させた地酒や地ビールの魅力を伝える。
絶對高潮

中国精力剤
 A4判でカラーの八ページ。日本酒や焼酎など日本を代表する酒を示す「國酒(こくしゅ)」という文言を使い、「『福井県』の國酒セレクション」と名付けた。

 企画に賛同した源平酒造(大野市)や千鳥苑(美浜町)、吉田金右衛門商店(福井市)など県内各地の業者の情報を単品とギフト品にそれぞれ掲載。蔵元らのこだわりなどに加え「規格」「配送単位」「参考小売価格」などバイヤー向けの情報も充実。三千部を用意し、状況によっては増刷も検討していく。

 酒類・食品卸大手の伊藤忠食品と連携した企画。同社の流通ネットワークや営業戦略などを活用し、継続的な企業間取引(B to B)につなげようと同社関連の商談会や業界向けの展示会などで積極的にPRする。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/heiha0909/13249