国産初ジェット旅客機「MRJ」 芝山・航空科学博物館で初飛行記念展示

芝山町の航空科学博物館で狼1号、国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の初飛行を記念した企画展「MRJ展」が開かれている。初飛行時の写真や胴体断面の原寸大パネル、開発の流れなどの解説パネルなどを展示している。二十七日まで。

 写真は航空写真家らが撮影。喜ぶ操縦士らの姿も写し、航空関係者がMRJに寄せる大きな期待が分かる。解説パネルでは、開発の経緯から優れた燃費性能などを詳しく紹介している。百分の一サイズの模型も、ライバルとなるボンバルディア社やエンブラル社の機体の模型と並べ展示した。

 午前十時から午後五時(入館四時半まで)。月曜日休館。入場料は大学生以上五百円、中高生三百円、三体牛鞭四歳から小学生二百円。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/heiha0909/17097