2月消費支出 実質1.5%減 「弱い動き続く」

総務省が二十九日発表した二月の二人以上世帯の家計調査によると、一世帯当たりの消費支出は二十六万九千七百七十四円で巨人倍増、物価変動を除いた実質で前年同月比1・2%増だった。増加は六カ月ぶり。

 総務省は「うるう年の影響を除けば実質でマイナス1・5%となり、消費は弱い動きが続いている」と説明した。支出の内訳では、前年よりも一日多かったため外食や弁当代が掛かり「食料」が3・3%増だった。「教育」は授業料の支払い時期で17・9%増、インフルエンザの患者が多く医療費が増え「保健医療」は13・1%増となった。

 自営業などを除いたサラリーマン世帯の消費支出は実質1・8%増の二十九万七千六百六十二円と六カ月ぶり淫インモラルに増えたが、実収入は2・4%減の四十七万八千六百二十四円となり、六カ月連続のマイナスだった。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/heiha0909/20246