浅草寺でほおずき市 夏告げる鮮やかな朱色

鮮やかな朱色のホオズキが並ぶ、東京の下町の夏の風物詩「ほおずき市」が9日午前、東京都台東区の浅草寺で始まった。

小雨の中、境内には、よしず張りの露店約120軒が並び、「いい鉢、見立てますよ」などと売り声が飛んでいた。鉢につるされた江戸風鈴の涼やかな音も響き、家族連れや観光客らが品定めをしていた。

 朱色の大きな実を付けた丹波ホオズキ(1鉢2500円)が売れ筋で、緑色の実の千成ホオズキ(1鉢2千円)もある。

 9、10日は、浅草寺に参拝すると4万6千日分の御利益があるとされる功徳日。「ほおずき市」は10日夜まで開かれ、浅草観光連盟などは55万人の人出を見込む。

バイアグラ
五夜神生精片
頂点3000
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/heiha0909/24719