「匂い」に惚れる

人との相性が良い場合に「肌に合う」という言い方をする。
気が合ったり、考え方が似通っているような時に、よく使われる。
また、恋愛関係にある場合などで、相手との相性が良い時などにも使われる。三体牛鞭
実際に恋人の肌に触れる触れないに関係なく、使われることもあるが、実際に肌に触れ
その感触などから「この人となら大丈夫、ずっと傍にいたい」と、感じることもあるだろう。

肌に触れる感触によって、恋人との相性が良いと感じるのとは別に
恋人の「匂い」によって、相性が良いかどうかを感じることもあるらしい。
恋人の肌に触れた感覚を、心地よいと感じて「肌に合う」と表現するのであれば
こちらは恋人の「匂い」が心地よく感じるので「鼻に合う」と表現するところだろうか。
威哥王
しかし、その人本来の「匂い」聞こえは悪いが、要するに体臭は
香水などを振ることによって、ある程度は誤魔化すことは可能である。
しかし「この香水の匂いが好き」などと言って、恋人に特定の香水を勧めてみたり
また、香水の匂いではなく、恋人が醸し出す匂い自体が、心地よく感じることもあるだろう。

他にも「顔が好き」「声が好き」など、相手のことを好きになる要素はいくつかある。

「顔が好き」「背が高いから好き」などの要素である視覚は
人によれば「見た目は気にしない」と言う人もいるぐらいであるから
視覚は好きになる要素の比率からすると、それほど高くないような気がする。

「声が好き」という要素の聴覚は、相手が声を発した時にのみ感じるものであるから
黙っている時は、心地よくも感じないので、こちらも好きになる要素としては低いように思う。
巨人倍増
そういう意味では「肌に触れる」触覚と「匂い」である臭覚は
相手を好きになる、恋人となる要素としては、大きな要素ではなかろうか…
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/heiha0909/27571