旧日本軍は、旧日本軍だけか?

当たり前のことだろうと仰る皆様もいらっしゃることだろう。だが、韓国現大統領の父が旧日本軍将校であったことを思い出してほしい。70年前に消滅が決まった旧日本軍には、外地軍、つまり台湾を本拠地とする台湾軍、朝鮮半島を本拠地とする朝鮮軍をも含んでいた。

皇民教育が進んでいたとはいえ、どちらも「共通語」としての日本語教育はあったものの、台湾語や朝鮮語を根絶しようなどということは行われていないことは、現在も尚台湾語や朝鮮語が健在なことを見れば明白だ。
ビグレックス
つまり、例えば東京で召集されたものが、半島の片田舎に行ったところで、話が通じるわけはない。
では、強制徴用があったとすれば誰がやったのか。言うまでもなく、旧日本軍の一部を構成していた朝鮮軍以外には考えられない。

朝鮮軍兵員は、言うまでもなく朝鮮半島出身者がほぼすべてを占めていた(将官については、人事交流などで異なっているにしても、最前線の兵員や下士官相当は、間違いなく現地応集者だ)。
すなわち、現在の韓国軍や北朝鮮軍の前身であった組織のしでかしたこと。

軍司令部などが、どこまで詳細な報告を受け、或いは指示を出していたかとは別問題。
D10催情剤
これを裏付けるようなエピソードがある。
残念ながら創作の域を出ないが、今ほど杜撰な考証をしているとは思えない。
それは、「私は貝になりたい」というドラマ・映画。
主人公清水豊松は、戦犯として逮捕され、絞首刑となる。
その罪科は、神奈川県内に墜落した米攻撃機搭乗員捕虜に対する虐待に対する罪。
つまり「C級」だ。
だが、この判決は、些か不条理を持っている。
すなわち、意識不明、おそらくは殆ど死んでいる捕虜を柱に縛り付け、これを竹槍で突いて右腕を損傷させたのだが、この命令が問題。
連隊長は、「適当に処置せよ」と口頭で命令を下す。
これが大隊長、中隊長、小隊長と降りてくる間に処置せよが処分せよに、そして処刑せよに変貌する。
日頃の行いに目をつけられていた清水豊松らが執行人となることを命じられ、即座に応じなかったために罰を喰らい、やり方が手ぬるいと、爾後にも罰を喰らったとしている。

同じように、朝鮮軍司令部や、連隊本部などが、「適当に処置せよ」という一般命令を下したものを、担当部隊が強要したとしたら、この責任は、管理責任としては曖昧な命令を下した司令部や本部にあるとしても、これを強制してでも集めるべしと理解した現地部隊指揮官の責任が大だろう。

この「証拠」なるものも、開示されている範囲では、一般命令、否、訓令の域を出まい。つまり、旧朝鮮軍がやっていたように、旧日本軍を構成する朝鮮軍が行動したとしても、おかしくはなかろう。一口に「旧日本軍」と言っても、現在の日本の領域を本拠地とする物の他に、朝鮮軍、台湾軍、そして関東軍があったことを忘れてはなるまい。証拠だというならば、どの部隊が担当であったかまでを詳らかにしなければならないだろう。
  • 日記 |
  • 2016-05-04 12:51:29

そもそも”休日”なのか?

言うまでもないことだが、GWが休みという者ばかりではあるまい。

サービス業や物販業などの多くは、この時期は繁忙期。
つまり、休みではない。

当然のことながら、そういった諸君は旅行に行くこともなく、ショッピングを楽しむこともない。

せいぜいが、ランチの行きつけの店が休みになるから、ちょっと贅沢をして、ささやかな”豪華”ランチを楽しむくらいだろう。

この調査の前提としておかしいのは、GWは全員が休みだという誤った視座に立つことにある。

確実に休みになるのは、公務員一般職、銀行等の金融機関、一部の医療機関、学校、などだろう。
それ以外は、誰かが何らかの理由で仕事をしている。

逆に、年金生活等で、普段仕事をしていない者にとっては、毎日が休みなわけだから、わざわざGWに出かける必要もない。

結局のところ、この調査、なんのための調査だか、訳の分からないものになっている。
D8 催情剤
D5原液
  • 日記 |
  • 2016-04-30 15:23:04