《子宮頚部がん》

※主な検査★子宮がん検査


【知 識】子宮は西洋なしのような形をしており子宮の入り口に近い部位を頚部といいます。


子宮頚部がんは、頚部に出来るがんで、検診の普及などで死亡率は50代以降では減少して居ますが性活動の活発な20代で増加傾向が見られます。


頚部のがんは非常にゆっくり増殖しますが見られますが、がん細胞が子宮頚部に見つかる以前の初期に正常とは異なった細胞が見つかります。


この細胞を異型細胞と呼び、検診の階段から異常を発見する事が出来ます

【原 因】はっきりとした原因は判って居ませんが、性交渉で感染するヒトパピローマウイルスが関係している事が判っています。


また、妊娠経験者や喫煙者に多く発症している事も特徴です。


【症 状】初期には、目立った自覚症状はありません


ある程度、進行すると、不正性器出血や、普段と違うおりものの増加などがみられ、月経の量が増えたり長引いたりします

さらに進行すると、下腹部の痛みや、血便、血尿尿のにごり、便通異常、排尿障害などを伴うようになります。


【予防・改善】■定期的に検診を受ける…異常細胞の早期発見が可能なので、定期的に検診を受けましょう
D8催情剤
SPANISCHE FLIEGE D5
巨根カプセル