米軍、リビアのIS拠点を空爆 統一政府部隊を支援

米国防総省は1日、リビア中部シルトで過激派組織「イスラム国」(IS)の拠点を空爆したと発表した。リビアの統一政府の要請に基づくものだという。

 同省は空爆について、統一政府側の地上部隊への軍事支援と位置づけている。また米国や同盟国に対するISの攻撃拠点になり得る場所を排除することが目的だという。米国は、リビアがシリアやイラクに代わるISの拠点となることを強く懸念してきた。

 リビアは2011年のカダフィ政権崩壊後、各地で民兵組織やイスラム系武装組織が群雄割拠した。ISは14年ごろから伸長。当初は東部を拠点としていたが、昨年6月以降、シルトを中心に勢力を拡大した。

超級猛男健力カプセル販売
King Wolf狼王戦宝
徳国公牛
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/hey1234/26176