勃起薬は全面的に推奨される傾向にあるのか?

何故、このような危険なものが出回っていて、誰もそれを注意しようとしないのか?

何故、勃起薬は全面的に推奨される傾向にあるのか?

これには医学界、薬学界が仕掛けている大きな罠があるのですが、分かり易いように心臓病の例で説明しましょう。

心臓病は血管に何かが詰まって血圧が上がってしまう状態ですが、病院に行くと医者はその症状を消すために「βブロッカー」という薬を使う事があります。

これは、簡単に言うと心臓の動きを弱め、血液を打ちだす力を抑える事で血圧を下げるのですが、副作用として心不全が起こります。

心臓は右心室側巨人倍増の機能が低下すれば、血液が心臓に戻れなくなり、肺が鬱血を起こし、呼吸困難に陥ります。

左心室側の機能が低下すると、全身に血液が送れ無くなるため、肝臓の肥大、手足のむくみが起こります。

そして、今度は心不全を直すために別の薬を出されるのですが、そこにもまた副作用があって、また別の薬が出されます。

これは全ての薬に言える事なのですが、症状を抑える薬には必ず副作用があり、その副作用を抑えるために別の薬が必要になるのです。

つまり…


“医者は神様?”

儲かるのです。

アメリカの統計によると、60歳以上の老人が年間で摂取している処方薬の数は、2000年の段階では28.5種類です。

「多いな」と感じる方がほとんどだと思いますが、別に彼らは30近い病気に侵されているわけではありません。

28.5種類の内、最初の1つか2つが症状を抑える薬で、残りは全て副作用を抑える薬になっており、シアリス 通販医学界、薬学界はこのシステムでボロ儲けしているのです。

病院、大学、医療機関、全てがそのパイに入って、たくさんの利益を生んでいます。

症状を抑える事に特化して、ビジネスはどんどん拡大しているのです。

私達はそろそろ気付かないといけません。

医者も普通の人間なのです。

医者と言えば、信頼できて、頭が良くて、命を救ってくれる、大げさに言うと神様のような存在だと思っている人もいますが、実は普通の人間で、間違いも犯すし、欲望もあるし、汚い部分もあります。

彼らだってお金は欲しいのです。

それに、現代の医者は「内科」「泌尿器科」「脳外科」など専門的な分野を細分化して勉強しているため、人体の全てを知っているわけではありません。

ペニスと肺の関係、三便宝薬と副作用の関係など、長期的にどこがどこに影響しているのかを全て把握できているわけでは無いのです。

ですから、私達は医学界、薬学界を盲目的に信じる事無く、正しい治療の下、EDを改善しなければなりません。

そして今から、薬には一切頼らずに勃起力を改善する、即効性の高い2つの方法を紹介します。

まだ症状の軽い人は、これだけでもEDが治り、若かりし頃の勃起力に近づく事ができるはずです。

症状の重い人は少し時間がかかるかもしれませんが、後々更にレベルの高いテクニックも紹介していきますので、引き続きお読み頂ければと思います。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/hfaoeiusdofa/26017
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others