不妊になる前に・・・という教訓をえるための「捨石」

「不妊」と言ってもそれぞれ状況が違うでしょ?

妊娠にも適齢期があるでしょ?適齢期で、何らかのトラブルで「不妊」なら、
助成することも必要かもしれない。

でも、高齢になってしまったことが理由の「不妊」なら、
それは個人で負担すべきものじゃないかしら?

適齢期と言われる時代に、子供をつくるよりほかのことを優先してきたのだから・・・
それは、「作れなかった」のじゃなくて、「作らなかった」のでしょう。

本当に「作れなかった」人に失礼だと思いませんか?

社会が悪いとか?状況が許さなかったとか・・・言い訳でしかない。
家庭か仕事かの2択だとしても、選んだのは自分。
その間に、経験なり地位なり得たものもあったはず。
それなのに、助成してもらおうなんて、
虫が良すぎるのでは???

どんなに医療が進歩していても、
今の医療では子供を望めない人だっているんです。
そういう人のためにお金を使ってほしい。

少子化に歯止めをかけるのは、40代の不妊治療ではなく
妊娠適齢期の女性たちが、安心して子供を産める社会造りに
お金をかけた方が効果的だと思います。
蔵秘男宝:http://www.xn--pbtr90dtidpyo.net/
男宝:http://www.xn--pbtr90d.net/
ナンパオ:http://www.xn--pbtr90d.net/

妄想ついでに

乙女としては、永遠のテーマがある。一度は誰しも憧れたことがあるんじゃないかと思う。

それは、結婚式。
挙式と披露宴てことだよね。

わたしは人生で2回だけ、出席したことがある。親友と、妹の結婚式。
残りの人生で、あと出席する可能性があるとしたら、弟か、姪たちが結婚する時かな。それ以外には思いつかない。

でもね、乙女たちの憧れは友人や身内のお式に行くのではなくて、やっぱり自分が主役の結婚式だよね。
これを叶えた人は、本当に幸せだと思う。わたしみたいに叶えられない人も存在するわけだから。

だけど、「もし」問題が解決したとしたら、二人だけでささやかな挙式をして写真はとるつもりではいる。問題は解決しなくても、写真だけはとりたいと「わたしは」思ってる。問題は解決しないと思ってるから。

時々考えてみることがある。
「もしも」二人で挙式するとしたら、どこでどんなふうにする?

近所のチャペルで簡単にするつもりではいたけど。

ノーザンホースパークで挙式ができるんだよねぇ。二人共通の趣味が競馬だから、関連した場所でやるのもいいと思うんだ。

もしくは、沖縄とか海の美しい場所でのリゾートウェディング旅行もかねてね。

人を呼ぶのなら、旅費や宿泊費なんてとても出せないから絶対に無理だけど、二人だけならアリじゃないかと思う。

それとも、ディズニーランドのシンデレラ城で?

確かシェラトンにもチャペルがあって式ができるみたいだった。

二人であまり同じ所に何度もは行かないんだけど、ディズニーシーには何回も行ってる数少ない場所。そんな夢と思い出の所でやるのもロマンティックかも。

って、どうせ実現しないと思ってるから楽しく想像できるんであって、本当に実現させる場合の計画だったら、もっと現実的に考えちゃうもんね

叶わなければ永遠に夢をみることができるのだから、実現しないのはとてもありがたく幸せなことなんじゃないかと最近思う。

できてもできなくても、カナッテモ叶わなくても、どっちでも幸せなんて、人生って楽しい媚薬通販:http://www.akanpo.net/catalog/60.html
催淫カプセル:http://www.akanpo.net/product/339.html

「くん」が「さん」になったわけ

漫画「おそ松くん」の主人公は、私の認識している限りでは、おそ松くんら、六子ではない。最初のうちこそ主役だったようだが、巻を重ねるにつれて、イヤミやチビ太、ハタ坊らが主役をはるようになり、六つ子が全く出てこない回も多かったと記憶している。

そもそも「六つ子」は いわば「出オチ」であり、漫画では全く区別がつかない彼らを主役にする話を続けるのは難しかったのだろう。一人一人に個性が際立つように描かれていた覚えも無い。25年前のアニメでも、顔のパーツを入れ換えてもかわらないよ~ん、だよ~ん、だよ~ん、そんなもんだよ~ん♪ といったエンディングだった。

対して現在放送中の「おそ松さん」は、六つ子が主役である。アニメなら声で区別がつくから、というだけでなく、漫画ではハッキリしなかった彼らの個性を描こうという明確な意志の表れである。そして彼らが個性を持ったのは、子供から大人に成長し、おそ松くんから、おそ松さんになったからに他ならない。その点が、単なるリメイクとは異なるところだ。確か5話のエスパー猫の話も、原作にあったと思ったが、展開は異なっていたのではないか?

六つ子を主役にするという大胆な方針は、なかなか期待できるものである。

反面、イヤミがあまり活躍していないのはちょっと残念だが、いたしかたあるまい。
勃動力三體牛鞭:http://www.xn--ehq44ay28e5g5a.net/
五便宝:http://www.xn--dlq51ag0z.com/
VigRx:http://www.xn--pckb2a1b0esh.com/
Calendar
«  April 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

search this blog.
category
archives
links
others